ハニカム薔薇ノ神殿

ドラマ、ゲーム、映画、美術史、歴史、書評。いろんな「文化」を広く考察。

アラフィフとデジタルディバイド

2017年07月13日 | 奥様のデジタル機器
家入一真さんの「さよならインターネット」という本を買いまして。

20代の新入りが、ツイッターやフェイスブックはいらない、ラインだけでいいと言ったのに
驚いたとかで。

ええと、20代新人というとうちの息子の世代ですね。
かくいう私はあちこちにアカウントを作りまくったくせに
息子には、SNSをやることを高校生まで禁止してました。
アカウント作れば親が検索するのも知っていたようで…
でもそれだと連絡できんだろうからLINEはOKにし、
大学からは解禁。現在はインスタグラムをやってるようです。

さて、デジタルディバイド。
情報格差と言われますが。
「インターネットを駆使するのは情報最強、ネットできないやつは取り残されてる気の毒な弱者」
ってことですが
これちょっと横暴?て気もしませんか。

アラフィフ世代は、家入さんらより上。
「引き込もりでいじめられていた学生時代、救ってくれたのはネットだった」
っていう彼らより前から生きてまして、ネットが登場した時、
今から15年前…ていうともうすっかり大人でした。
この著者が「学校も行かずブラブラしていたので、暇だけはたっぷりあった」
時、私はちょうど小さい子供を抱えて、カットの仕事と同人もやりながら
「ネットもあんのか!よっしゃやったるわい、こんなことで負けられるか!根性だ」と無い暇絞り出しで泣いていたんですよね…
グググ、ホント世の中全くうまくいかんわ。
そんで学生時代は携帯電話も無いですよ。


最近ボランティアに参加して、後期高齢者と話す機会があったのですが

こないだ行った東京都心、20~30代のサラリーマンの会話は
「今やってるスマホのゲーム」の話題。
が、一方で地方都市の高齢者は
「ガラケーの使いかたすらよくわからない。着信拒否ができないのでソフトバンクに持って行ってる」
「スマホなんてとんでもない。あんなものわけがわからないですよ」
でした。

すごいよもう。これが同じ日本にある溝だよ溝。



アラフィフ、多分こうかなと思います。

「ガラケーすら使えない、メールもできないほどではない」
「LINEくらいは使っている」
「しかしアカウントをジャンルごと使い分け駆使してやりまくるほどではない」
「どっちも」を知ってるんでないですかね。ネットの便利さも、無かった時代も。


現在の30代半ばくらいは、ネット黎明期とSNSで花開く自分を生きてるんでしょうが
私は「投稿」といえばネットでなく雑誌、またはラジオDJでした。
それこそハガキが読まれる、雑誌に掲載されるというのは
「ひきこもり」という言葉もコミュ障という言葉も一般化してはいなかった頃の
「ちょっとヘンなやつ」にとっては救われるほど嬉しいことで、
しかもSNSと違って「数」がわからない。
どのくらいの人が見てくれて、どの位人気あるの?てのは不明でした。
でも、これ気持ちよかったです。今みたいに可視化され、なんでも点数つけられるみたいなのではなかったし。
先日、室生犀星の小説読んでたら、投稿が認められてドキドキした話がありました。

まあ要するに、それはネットがあってもなくても
どこかでそういうものは叶ったりしていたのでは。


20代は「ネットで大勢」でなく「小さな聖地」の関係を望む
これは分かります。

時々思うんです。
なんでそんなに、自分を着飾って盛って、嘘までついて、飯も食わずにまず写真撮影して
アップしなきゃ、アップしなきゃになんのかなと。
「より多くの人に認められたい〜、でも批判しないで〜!我こそがカリスマ、愚民フォロワーどもよ我にひれ伏せ」てなるの?って。


ただ、当たり前にSNSがあり、ネットがメインになった後に
それを失っては「生きていけない」のなら
一つの麻薬みたいなものではないか?とも思います。

その時代に育ってもいないし、確かに仕事にはなったけど
そんな泣いて喜ぶほどの恩恵に預かってはいないような。

青春時代はリアル付き合いと長電話w
「コミュ障だったけどネットで多量の友人ができた」世界にはイマイチ住んでおらず。
だから、すんなりとどっぷりと、SNSを肯定できないんでしょうね。
と言って、ネット上でやりとりができるのは嬉しいこともありますけど。

そんな自分は、やってはみるものの、いつまでたっても
やっぱりどこかSNSは苦手で
「置いていかれてるよなあ」「難しいなあ…」「やらなきゃダメなのかね?」
という、違和感やうすら寂しさも感じたりします。

う〜ん、結局私も「情報弱者」なんでしょうね。
アラフィフなりに、そこそこの使用頻度で行きたいんですけど…。
悩ましいツールであります。

要するにバーチャルな人間関係でも、表示された数字(偏差値のようなものかも)
数字を関係性だとして喜ぶ人にはネットは向いてて
数字なんて見たってウンザリするだけって人には不向きなのかもね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 新企画お知らせ。サイト更新... | トップ | 「個人サイト」に戻るために »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

奥様のデジタル機器」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。