ど貧脚 ひつぢ

MTBと自分の脚で、山を楽しんでます
活動をぼちぼち再開、そしてどこへ向かうのか?

長野トレイルに思ふ

2016年08月27日 | MTB

ネタはあるけど、平日が忙しすぎます...

先週の日曜日は職場のMTB仲間に新しいトレイルを教えてもらえた
ほとんど舗装路で登ってMTB専用としか思えないコースを下る 
しかも登った先の涼しい事。これ大きい!(笑)




すごく楽しい。でも「ちょっと違う」と思う自分もいる
個人的には登りも楽しめるトレイル希望...

ちなみにこの辺りのショップに行ってもそっち系のマシンやパーツがずらり。そうなのね

てな事を感じながらも動画撮ったり、編集したり(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土曜はOTAKI

2016年08月22日 | HIKE (普通のハイク)

王滝じゃないんです。大滝

土曜の山は朝のうちだけいい天気! の予報 
じゃあ暗いうちから登って稜線から朝日を見ようと画策



でも遅かった(^^;
二度寝してこのザマ

水沢から目指したのは鍋冠山を経由して大滝山
蝶ヶ岳の南部に位置するが、マイナーな部類かな?

マイナーながらもコースはしっかり整備されている。この辺りはさすが



山頂はやっぱりガス、いや雨だった
蝶ヶ岳も行ってみたかったがやめた。いつでも来れるし(笑)



マイナーながらも山荘がある
実は穴場らしくて蝶ヶ岳ヒュッテが一畳二人の時でもここでは一畳一人だそうな





 

 退屈なコースとも評価されているが、確かにバリエーションに乏しくちょっと飽きてきた
いや飽きたの単調なせいではない。 往復20Km、このうち駐車場と登山口間のダブルトラック(往復6Km)が長い

寝不足もあって、帰りは歩きながら寝そうになった(^^;

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

目を覚ませ

2016年08月17日 | HIKE+ (なんちゃってトレラン)

山用品のショップは多い
松本市内に登山用品店4件、安曇野市に2件
見て回ると目の毒、でもちょいちょい寄ってしまう(笑)

 

稜線に張ったテントで星空見て、日の出を見て、コーヒー飲んで...

そんな世界を夢見ながらふと「いくらかかるねん?」


靴にテント、ザック、雨具、シュラフ、ライトetc...

ん?合計で15万は要るな ムリ orz...

小屋泊ならどうだ?必要な道具がだいぶ減らせる
ザックとテントが要らなくなるが、結局9万は要るのか

加えて毎回の宿泊代

あかんあかん、頭冷やせ。今の我が家は教育出費がMax。
道楽してたら父親失格

そんなわけで、まずはコツコツお金を貯めます

あ、名案思いついた!
そっか、寝なきゃいい。装備が最小限で済む(爆)

 

 
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

GAKUTO

2016年08月15日 | そのほか いろいろ...


この町は岳都とも名乗るらしい。なんかカッコええな



一方で世界のマエストロ、小沢征爾が毎年音楽イベントを開催することでも知られている。
楽都ともいうべきかも

 

そんな街に居て、まぁ皆さんのご想像の通り、山に魅力を感じているのは事実(笑)
日帰り軽量ハイクもいいけど、登山口で前泊した時の素晴らしい星空を見たり、小屋帰りの人から日の出の素晴らしさを聞くと山の上で一晩くらいは過ごせるようになりたいところ

また日帰りで登れる山も限られることがわかってきた
行動範囲を広げるにはどうしても一泊は必要になるのかも 

テン泊か、小屋泊か
思いつきで行動するならテン泊なのかも。でも重いザックを担いで登れるのか?
料理はどうする?水が上でも買えることはわかったが、山の上でできる一人分の料理の要領がよくわからん
ゴミをあまり出さず、排水に困らず、食材を腐らさずに持ち歩くにはどうすればいい?
フリーズドライも便利そうだが、カロリー表示を見るとこれでお腹いっぱいになるのか?

などと基本的なことが全然わかっていないことに気づく(^^;

あと気になったこととして、登山口までのアプローチに車が使えるところは限られること
タクシーやリフト、う~ん大人な遊びなのね

結局大人な遊びをするには先立つものが必要
あと正しいスキルを身につけていないのと、道具への投資から岩と雪の世界には線を引いておく
これは自分の環境、立場に対する戒め 

まぁ靴とシュラフぐらいは買っておこうかな?

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

TAKE OFF!

2016年08月13日 | MTB



仕事の都合もあり、今年の連休は短い
まぁ盆休みが潰れるのはよくあること。仕方ない

自宅への帰省と実家への帰省だけでスケジュールが埋まっているので、せめて帰省前にと近場を走っておいた



近場で白樺の木があるのがいい感じ



登った先にはこんな台が..
グライダーのスタートポイント(なんて呼べばいい?)で、空を楽しむ年配の方々がいた









次々のTAKE OFF、いや最初は落ちてますけど(^^;
そのあと上昇気流を捕まえて旋回しながら登っていく
重量は40〜50キロもあるそうな。飛び立つ前はフウフウ言っておられた

あとダウンを着てる方に注目。飛んでる間は涼しいを通り越して、寒いらしい
上昇気流を捕まえたら、3時間も4時間も飛び続けられるってことも教えてもらえた

松本市側を向いているが、この山の裏には北アルプス。どんな景色が見えるんかな?

 

70歳まで楽しめますよ。一緒にどうですか?
なんて誘われたが、最初のTAKE OFF ができる気がしない(^^;

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ラストコンクール

2016年08月09日 | そのほか いろいろ...


今日は娘の応援で仕事を休んで県大会の会場へ
これが中学最後の大会となる
去年は先生もメンバーも最強で関西大会に出場
でもその先生が異動され、正直厳しい状態であった

中学、高校の吹奏楽は指導者がメンバーの成長にものすごく影響するのが事実

今年は県大会で銀賞
何人かが泣いていた
この熱さは甲子園にも負けてない



聴くたびに良くなってきてたけど、残念ながら金賞や県代表には届かなかった
いろいろあったけど、ギリギリまでよく頑張って演奏を育ててきたと思う

高校以降もこの調子で楽しんで欲しい
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

常念岳

2016年08月06日 | HIKE+ (なんちゃってトレラン)

ベランダからも通勤途中の橋の上でも見える常念岳
遠い昔、私の北アルプスデビューの地でもある
その頃、登山の知識、体力、何もなく、ついていくのがやっとだった(^^;
正直とんだ足手まといになったと反省...

ここんとこ、何かと余裕のない生活であったが、何とか週末は確保したので日帰り登山
 一ノ沢からの完全なピストン。人気のコースらしくこの日も金曜日の深夜から車中泊して駐車場を確保した
 


きつかったのはココ
綺麗に整備された階段だが傾斜がきつい。
ただここで高度感は一気に増す


常念乗り越えと常念小屋
やはり穂高連峰が見えると、気分が高揚する





瓦礫の急斜面を登って常念山頂へ
改めて見ると、常念岳の山頂付近って、瓦礫を寄せ集めだだけのようにも見える
どうしたらそうなる?なんだか謎 




山頂写真もそこそこに昼食を食す 
燕岳でもそうだが、山頂付近の写真撮影合戦がどうも好きになれない。
最近山頂はちょっと立ち寄って離れたところから眺めるのが好き



今日一番の出費。コーラ400円ナリ(笑)
でも生き返る

驚いたのは常念小屋の盛況ぶり。私が下山する間も小屋泊まりっぽいパッキングの方々が登ってきた
どんだけすし詰めなん?
意外とテン泊エリアはまだまだ空きがあった



帰って洗濯物を干しながら再度常念を眺める
山の上ではどんな景色が見えたんやろ 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

クサイメシ

2016年07月27日 | そのほか いろいろ...

こちらの仕事はいきなり佳境を迎えている
まぁ大変だから呼ばれたのもある。任せとけい!

仕事が大変なのは慣れっこだが、以前の北陸と違って社食に夕食がない
仕方がないので、今回は夕食も自炊。
これはこれで楽しいものだが、遅くに帰ってから自炊するのは正直辛い...

昔産業医の先生に叱られた言葉が印象に残っている
「あんたはその時間で仕事が終わりかもしれんけど、胃袋はそれから2時間、3時間、残業やで!」

 少しでも体のことを考えてと朝晩は麦ごはんを食べることにした。
かつては刑務所で「クサイ飯」と言われたそうだが、なかなか優良な食物繊維食材

自炊はボリュームが増えがちなんで、その点も注意しなきゃ



こないだの日曜は餃子を作って冷凍しておいた
惜しくも1個分だけ餡が余る。これは味噌汁に落としていただいた
でも正直、スーパーの冷凍餃子の方が安かったかも(汗)

ただ餃子って自分で作った方が美味しい気がする。好みの問題か? 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

長野トレイルデビュー

2016年07月24日 | MTB

平日は大変です...
でもこの週末、ようやく長野のトレイルへデビューすることができた



でも写真はこれだけ(笑)
久しぶりに動画も撮影したけど、新しいマウント位置は大失敗
路面が見えないと何にも面白くない

舗装路で登ってトレイルを下る
自転車用によく整備されていて案内人はスルスルとバンクも活かしてすぐに見えなくなる
太いタイヤ、幅広いハンドルバー、ストロークの長いサスペンション
だいぶスタイルが違うみたい(^^;

この地ではハイカー、トレラン、MTBの住み分けがうまくできているとか
もっとこれからも様々なトレイルに行ってみよう (^^)
 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

チュウチュウされても...

2016年07月20日 | HIKE+ (なんちゃってトレラン)

「長野県には海の日はイラン!」と誰かが言ったのか、言わなかったのかは知らないが、私の職場は普通の週末に過ぎなかった。
大阪へ往復したけどダメージがデカイ。いやここんとこ夕食がかなり遅いのがマズイか...

そんなわけで、以前の山ネタ


沢伝いに降りた時、石灰岩で磨かれた綺麗な水で顔を洗う。コレマタ気持ちがいい
その後、不思議なことに蝶々に好かれてしまった 




汗?水?どっちが欲しい?
追っ払っても離れない。ハエやアブならともかく、ちょっと珍しい
正直、ちょっと気味が悪いくらい付きまとわれた(^^;

この川沿いにはこの種類の蝶がたくさん
そして、落ちて腐りかけた木の実にもたかっていた
って、おい!その足と口で吸いついたんかい(><)

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

時間感覚

2016年07月13日 | そのほか いろいろ...



傾いてるし、ピントが中途半端な位置に合ってるし...

活動時期が限られる高山植物
ここに住む生き物を含め、なんだか限られた時間を必死に生きようとしているように感じる

季節の移り変わりは人々の生活にもメリハリを与えるような
逆に季節感のない南国では時間に対する感覚がどうしてもルーズに成ってしまうらしい

仕事も遊びも時間を大切にしなきゃ
 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

TSUBAKURO

2016年07月10日 | HIKE+ (なんちゃってトレラン)

もはや「なんちゃって」でもない、ただのHIKE(^^;

毎朝カッコウの唄声で目覚め、目の前にはデデーンと構える北アルプス
やっぱりこの地に住めば一つ二つは登っておきたいところ

いかんせん、私は持ってる装備が貧弱
日帰り前提で比較的初心者向け?とされる燕岳に登ってみることにした

駐車場が混むとのことで、土曜の深夜から現地入り
道中、車が近づいても全く道を譲る気のないカモシカに感服しながらも駐車場へ向かうと既にほぼ満車
危なかった...

6:30に登り始めて9:00に山荘到着
身軽な装備の割に一般的なコースタイムとそんなに変わらんような(^^;

ここで迎えてくれるのは





雨の翌日の晴れとあって、雲海も景色の見通しもいい感じ

さて、こんなものを山荘で買って着用してみる


ミーハーです(汗)





花崗岩の天然オブジェ(目にも見えるこの穴、ホンマに天然?)と北アの共演を楽しみつつ歩き進める
花崗岩が白く、眩しい




燕の山頂を目指すが、写真撮影で人がごった返していたので、早々に北燕を目指す
こっちはゆっくり過ごせたかも

 

この先はオブジェはなくなるが、崩れた花崗岩による不思議な砂地が続く
石が並べられた外には高山植物の試験的な育成がされているそうな



 

東沢乗り越えから劇坂を下りて沢伝いに進んでループを描く
正直、これ失敗
劇坂は路面が荒れまくって膝に来るし、沢伝いも崩落によるエスケープルートがあるのだが、とにかく進みづらかった。
素直にピストンすればよかったなぁ 

山用品も欲しくなるけど、当面はムリ
コツコツ貯金しなきゃ 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

美ヶ原

2016年07月02日 | MTB

この週末は赴任先で滞在
毎週活動できるわけではなくなるので、やれるときにガッツリと(^^;


まずは松本城に立ち寄る
石垣を見ると安土桃山後期ってところか?
後で調べると、解体の危機、修復を経て今の姿があるそうな
松本市のシンボル的な存在。地元の人たちにも愛されているんだろう



そのまま山に登って美鈴湖へ
さらに登って美ヶ原を目指す

多くのローディさんに抜かれ、ブランクを痛感しながら登り続ける
途中で脚は攣るし、痛みはひかへんし、もう大変(汗)

それでもせっかく来たからと、ゆるゆると登り続けて稜線へ到着



一気に眺望が開ける
北アルプスが一望!これは感動モンです



槍とその手前は常念か?



美ヶ原の高原地帯
こちらも気持ちのいい眺め 



お腹が減ったので、その先を目指す



途中で乳牛が放牧されていたのを見てレストハウスで牛乳も注文
私的にはGood! すっきりしていて甘みもある
乳牛って思っている以上に暑がりで、普段から寒いくらいでないと美味しい乳が出ないそうな

本当はビーナスライン経由で帰りたかったが、徒歩4kmマシンを押して歩く体力と気力がなかったので諦める。MTBなら走れないこともないが、押すことがルールなの?2輪乗車はNGだそうな



途中で少しだけ林道散策もしてみる
ただ明らかにクマのそれとわかるものを見つけてしまったので、大声をあげながら下ってきた(^^;
 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ジビエとB級

2016年06月26日 | そのほか いろいろ...

職場の異動は少し先だが、諸般の事情でこの週末に荷物を赴任先へ送り出した


家の中から自分の荷物が減ったのが寂しい...





荷受に備えて私も赴任先へ移動
馬肉、鹿肉、猪にウズラ。この日は馬肉ユッケが一番美味しかった

赴任先の掃除と荷受を済ませて、自宅へトンボ帰り
天気もイマイチでお山も望めず



そういえば、駒ケ岳で初ローメンを食べた
関西人の感覚には残念ながら「・・・」。
羊肉を使っていることといい、なんだか中国で食べた料理に近い風味を感じる

さて、しばらくムダに行ったり来たりが続きます(^^;


 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

二年目育成中

2016年06月16日 | 土いじり
お別れが近づく一坪農園
毎朝庭で涙してます(ウソ)


初心者向けの定番、プチトマト
今年は苗も実も成長が早い
脇芽を摘みながら、鈴なりの実に毎朝癒される



歩留まりが悪いけど、大玉トマトも育成中
ただ、葉がくるりと巻き込む様になってしまう。
肥料過多?そんなに与えたつもりはないけど



キュウリはまだまだこれから
でも去年の様に白点病に悩むこともなく順調な仕上がり



今年は水ナスでなく千両ナス


枝豆も思ったより実が多くて楽しみ
収穫のタイミングがよくわからん
しかも私がいなくて大丈夫か?



そしてスナップえんどう
最初は調子がよかったのに急遽病気になって枯れてしまった(ー ー;)
何が悪かった?
悪い虫のせい?

とまぁ年に一度のちょっとした楽しみ
私が家を出た後どうなることやら^^;
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加