一人が、つまらないなら…ここまで、おいで?
Love me.



コテージでカノと再会。
手伝いを申し出る。

砂浜でパストゥと会う。
飴で若返る約束。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




スロより。

お題「目を細める」だそうだ。
俺様カッコいい。
(こればっか言ってンな…)

さんきゅね、スロ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




海でカインズに会う。
それだけ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




酒場で酔っ払っているプロントを見つける。
ジュリエット、ショコラと初遭遇。
久々のスロとも会う。

…もしかして、表で怒ってるとか言ったの初めてじゃね…?
(と、どっかを見ながら聞いてみる)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




カインズの誕生日を、祝う。
(別に日付を忘れてるわけではないらしい…)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




チシカより。



サイズを元のサイズに出来るように弄ってみた。
(教えてくれたやつ、さんきゅ。)
彼女の家で、彼女におねだりをして描いて貰った。
顔が。
表情が。
超俺様、俺様かっこいい。
さんきゅね、チシカ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今まで貰った俺の宝物たちなんだが。
此処に飾ってある絵は全てサイズが貰ったサイズよりも小さい。
貰ったサイズで飾らせてもらうンが礼儀だとは思うのだが…
このブログ、使い方がよくわからん。
(長いこと使ってるくせにな…俺の怠惰な性格がよく現れている)
前のHPにあったぎゃらり。を此処からリンクすりゃいいのか?
ログもUPできねぇしなー…近く他所へ引っ越すか?
いや、しかし、それも面倒だ…やっぱ放置。

俺様の手元には、きちんとしたサイズで保管してあるから!
皆、いつもさんきゅなーっ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




森の中の水車小屋、パストゥとチシカと。

チシカがまた怪我を負っていた。
巻き込まれ体質というものなンだろうな…。

ツンデレをやってみる、軽く後悔をする。
正直俺がツンデレなのは気持ち悪い…、つぅか、俺はデレ。


誰にどのような印象を持たれていようとも、俺は気にも留めない。
何を思われても俺自身の仕事に差し支えなければ、どうでもいいことだ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




依頼のために遺跡へ戻る。
チシカと一緒に本のある部屋を見つけた。
黒い表紙の本を開くと、目が。
アイボンという名の目薬の本で、目に愛を持って接した俺は24時間限定で左目からビームが出るようになった。

本を持ったばかものが通りかかったり、司書らしき声が聞こえたりした訳だが。
ちょうど良いんで、視力の回復について書かれている本がないか聞いてみる。

緑は目に優しいという事だけが解った。

色々あって、本を読みたがって渋るチシカを抱き上げて一旦帰る。


夜になって、港町でカノと出会う。
ビームが出るようになった俺の左目をとても興味深そうに見ていた。
触って確かめて、何かがわかったようだ。

根っからの学者肌のカノ…彼女の手を引き送って帰る。
良い夜だった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ちと仕事で聖堂に世話になった。
そこで海から戻ったらしいパストゥと少年(ユアル)に会う。

なんにしても、ヤツとは常にお互い様だ。

目つきは悪いし、口調も荒い。
少年に警戒されるンもわからんでもないがな。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ