海辺の家から、幸せさがし

海辺の家が建つ様子と、これからの自分らしい生き方・・・幸せさがし

2月のラインアップ

2017-03-07 06:38:29 | 
久々の登場になった。
東京旅行の2日間は何事もなかった父だが、帰ってすぐに夜中に転倒してけがをし
救急病院で手当をしてもらうというハプニングがあった。
真夜中にもかかわらず、訪問看護師さんが来て下さり、一緒に病院に同行してもらい
本当に助かった。感謝です。

幸い骨折してなくて、皮膚のけがだったので、医者の処置の後は家で訪問看護師さんが完治するまで
お医者さんと連絡を取りながら手当てしてくれて、すっかりよくなった。

その後も色々悪かったが、お医者さんの往診や訪問リハビリ、訪問看護さんたちのおかげで少しずつ
元気を取り戻している。

一番大変なのは母でだけど感心するほどよく介護している。
でも母も腰が痛くなったり、歯が痛くなったり、心身ともに疲れが出てきて
母のためにも実家通いが多くなった。

まあ家族と外部の支援で、できるだけ長く家で過ごさせてやりたいという気持ちが、
頑張れる元なのだろう。


そんな中、遠出はできないけれど、やっと初登りは地元、日の山へ。
山友さんちのリリーちゃんも、山デビュー。
ルーちゃんもみじかい足で大きな岩を興奮して登ってました。

千畳敷ではお抹茶席ができた。







こんな時間が一番の気分転換だ。

それからテレビで観た編み物の番組に影響を受け、少ない自分の時間に編んだ、編んだ、しばらくハマッていた。



母や孫や自分のマフラー、帽子...

写真の他にも、数点編んだ。

でももう季節は春になるから春らしいパッチワークに今は取り組んでいる。





それから誕生日と市役所時代の同期会

この歳でも祝ってもらえる幸せをかみしめて。

同期会は皆退職しても「元気かい?元気会」ってことで。
去年の最後の定年のお祝い会で、永久幹事に任命され、おしりをたたかれて実現の運びになった。
一年に一回と思っていたら、次回は夏のビールでって話になって
もう日取りまで約束して別れた。
みんなお堅い仕事から解放されて(まだ残って頑張ってる人もいるけど)いいおっちゃん、おばちゃんの笑顔です。

私は永久名誉幹事と乗せられて、元気な限りはお役に立ちたいと(ただ好きなだけ)思っています。







実家の河津桜、我が家のクリスマスローズ

父もベッドの部屋から歩行器を使って河津桜の見える居間に出て来れるようになって
花とメジロ、ヒヨドリを見ることができた。







ざっと2月はこんな感じで逃げていった。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第16回東京国際キルトフェ... | トップ | 蕎麦ヶ岳山開き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む