BAR Reload

大阪府門真市のBAR Reloadの新着ウイスキー情報を中心にマスターの休日の過ごし方などどうでもいい記事も多数ありです

すんばらしい

2017年05月18日 13時34分22秒 | アイリッシュ
はいこんにちは。
この時間暑いくらいでしょ?
昨日の帰りめちゃんこ寒かったんですよ。
薄い上着を着ていかなあかんようです。
寒いと急いで帰るからあっという間に家に着くという利点もあります。
急いで帰らなあかん理由がないのに理由ができました。





さてさて性懲りもなくウイスキーの話をしようと思います。
ほんとウイスキーの話しかできてません。
来週北海道に行きますのでその時はウイスキー以外の話もできるのではないかと思ってます。
ということで本日ご紹介のウイスキーはこちらです↓↓↓↓↓↓↓

少し久々な気がします。
アイリッシュウイスキーからティーリングシングルモルト24年です。
まずはスペックから。
ティーリングシングルモルト24年ビンテージリザーブ
蒸留所は非公開ですがきっとあそこです。
バーボンカスクで熟成後ソーテルヌワインの樽でフィニッシュ。
バーボン樽熟成して数年間ソーテルヌ樽、数年が何年かは気になりますがバーボン樽の方が長いみたいです。
46%の加水タイプです。
アウトターンは5000本ですが、日本割り当ては180本。
こんな感じです。




気になるコピペです。
香り:白ブドウ、切りたての草、アプリコットにホワイトチョコレート
味:シルキー&スムースで、イチジクのジャム、ハニー、アプリコット、ホワイトチョコレート、最後に爽やかな塩が甘さとのバランスを作る
フィニッシュ:長くて柔らかい
こちらが瓶詰業者コメント。
続いて輸入元コピペ。
香り:ピーチ、パッションフルーツ、マスカット、杏仁、ライチ
味:パッションフルーツ、バニリン&マスカット、ライチ&紅茶
フィニッシュ:甘みが残り徐々にスパイシーで最後に僅かなピートで、長く静かに続く
二つもあると比べ安いですね。
かぶってるのは白ブドウ(マスカット)・・・そんだけかーい!
きっと感じてるところは同じなんでしょうが表現の仕方が違うだけだと思いますよ。
僕も飲んできました。
開けたてなので拾えるテイストが少ないですが・・・。
はっきりとした桃、甘酸っぱいフルーツ香
トロピーなフルーツ、バニラ、スパイス
甘さからスパイスが続きます。
こんな感じ。
今見ますと輸入元のコピペに近いと思います。
幸せになれる一杯です。
昨日の営業終わりに僕も幸せになりました!
少しいいお値段しますがここぞという時にぜひ飲んでみてください。
すんばらしい一日の終わりが訪れます。
明るい未来が見えるかはわかりませんが・・・。





何回かしてますがティーリング蒸留所の説明でもしましょうか。
去年行きました素敵な蒸留所です。
アイルランドダブリン市内にありましてセントパトリック大聖堂、ギネスストアからも歩いて行ける場所にあります。
実際ここの後ギネスストアへ歩いて行きました。
去年行った時が創業1周年でしたのでもうすぐ2周年ですね。
ということはどこからか原酒提供を受けてるわけです。
きっとジョンティーリングさんが1987年に創業しました現在ビームサントリーが経営してる蒸留所です。
今回紹介の商品は間違いなくここでしょう。
ピート焚いてる蒸留所はアイルランドでここだけなんですから!
ブッシュミルズもミドルトンもピート焚いたことないのですか?の質問に「ネバー」って言うてはりました。
ということはカネマラとかピートモルト作ってるクーリー蒸留所の原酒だと思います。
まぁなんかあって公表できないんでしょうね。
またアイルランド行きたいなー。
ということで少し難しいかったですかね?
もっと知りたい方はカウンターで聞いてください。
面白い話を織り交ぜてお話しますよ!
ジョンティーリングさんの話もしますよ、元気なおっさんでした。
ということでこのあたりで。
来週5月22日(月)23日(火)は臨時休業させていただきます。
北海道、道東に行ってまいります。
余市じゃないよ!
その模様も近い未来に。
本日も門真でお待ちしております!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1番でも2番でもいいです | トップ | ショートエイジのアイラの女王 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。