BAR Reload

大阪府門真市のBAR Reloadの新着ウイスキー情報を中心にマスターの休日の過ごし方などどうでもいい記事も多数ありです

やっと日本解禁です。

2016年10月19日 13時53分15秒 | ビール
はいこんにちは。
なんか暑いですね。
最高気温が25度を超えてきてるそうです。
先週は寒かったような気がするんですが・・・。
10月中頃なんで一年で一番過ごしやすい時期なはずなんですけどね。



さてさてこんな暑い日にはこんな飲み物はいかがでしょうか?
今回御紹介の商品はこちらです↓↓↓↓↓

SORRY UMAMI IPAです。
よなよなエールで有名なヤッホーブルーイングで作られたIPAです。
相変わらずの奇抜な名前とボトルデザインです。
しかしこのボトルデザインはほんと奇抜ですね(笑)
まずはスペックから。
SORRY UMAMI IPA
ビアスタイルはExperimental White IPA。
IBU(苦み)50
EBC(色見)10
カラーはストロー~ゴールデン
ミディアムハイな炭酸。
原料の紹介もあります。
麦はピルスナーモルト、ウィートモルト
ビタリングホップ(苦みホップ) Magnum、Columbus、HBC682
アロマホップ(香りホップ)Cascade、Glasier、Loral、Cashmere
酵母はベルジャン酵母。
副原料にオレンジピール、コリアンダーそして鰹節!
かつおぶし???
あくまでうまみのためらしいです。
ホップもいっぱいでよくわかりません・・・。
すいません。
こんな感じです。





気になるコピペです。
ベルジャン酵母由来のバナナ、アプリコット、熟ぶどうのエステル香が高いレベルで感じられます。
アメリカンホップ由来のシトラス、パッションフルーツ以外のホップ香が中レベルでエレガントに感じられる。
ホップ香のパターンは白い花、桃の花粉、若干スパイシー、レモニーなど複雑で上品な系統。
序盤から中盤にかけて低~中レベルの甘みがあり、終盤に向けて程よい苦みと酸味が盛り上がってくる。
ボディ(飲みごたえ)は中程度で抑揚があり、強めの炭酸で飲み疲れしないようにする。
とこんな感じです。
すいません飲んでおりません・・・。
このビール、もともとアメリカ市場限定で発売されました。
満を持して日本市場解禁です。
日本らしいと言えばやっぱりかつお節ですよね。
あくまで鰹節のうまみ成分が酵母の働きを活発にさせるためらしいです。
クラフトビール本場のアメリカに日本のクラフトビールの代表であるヤッホーさんが挑戦したのです。
アメリカではどうやったんでしょうね・・・。
近々飲んでみたいと思います。



ビールの紹介は相変わらずなれませんね。
少しづつうまくなっていきますので少し我慢して読んでください。
しかし今日みたいに少し蒸し暑い時はこんなビールじゃないでしょうか?
ということで本日も門真でお待ちしております!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グレンリベットさん | トップ | 京都発のジン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。