いくやの斬鉄日記

オープンソースからハイスクールフリート、The Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

ユーザーインターフェースの翻訳の勘所

2014年11月01日 21時19分23秒 | OpenSource Software
最近、でもないか、ちょっと前にMATEの翻訳者になりまして、気に入らないところとか直してました。
その一環としてEngrampa(file-rollerのフォーク)の翻訳を見てると、こんなのがありました。

"作成・アーカイブ展開有効"
お、おう……。
英語をひらがな・カタカナ・漢字混じりの文にすることを翻訳というわけではないのですが、どうしてこうなった……。

というわけで、これを例にどのように翻訳したらいいのかを考えてみましょう。まずは原文です。
"Allows to create and extract archives"
私の場合は最初に単語に分割するのですが(たいていそうだと思いますけど)、どう訳すかは他でどのように訳されているかを参考にします。すると、
create…作成
extract…展開
archives…書庫
となります。これは翻訳ファイル(poファイル)を上から下までひととおり読むと掴めますし、もし揺れがあったらついでに修正しましょう。同じ語で別の語に翻訳しなければいけないケースというのは、ユーザーインターフェースの翻訳に限るとさほど多くありません。単純なミスか、前後を読んでいないかを疑いましょう。

あとは"Allows"をどう訳すかですが、辞書を引いてみます。「有効」という訳はありません。
どの訳にするか迷うところですが、その場合はpoファイルを見ます。
#: ../caja/libcaja-engrampa.caja-extension.in.h:2
msgid "Allows to create and extract archives"
なるほど、Caja(ファイルマネージャー)の拡張機能で使われそうな文に見えます。ロードマップにも
caja: Extension management system (GSOC 2014)
とあるので、拡張機能の管理であれば普通に「許可」でよさそうです。

そこで修正したのがこちら。

"書庫の作成と展開を許可する"

誰が翻訳したのか名指しで批判するようなことはしませんし、誤訳をするなというのも無理ですが(私もいっぱいしますし、誤訳を恐れないのも時には必要です)、それにしてもこれはひどすぎるので(せめて日本語と呼べるものにして欲しい……)、猛省していただきたいところです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Complete Albums Box 1970-19... | トップ | Ubuntu Weekly Recipe 第348... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
その文、常体でOKですか? (通りすがり)
2014-11-02 15:02:51
この msgid が記述されているソースはこちら

https://github.com/mate-desktop/engrampa/blob/master/caja/libcaja-engrampa.caja-extension.in

おそらく、about dialog で、拡張機能の説明文として出てくると推測されます。その局面で文体が敬体ではなく常体で良いのか、一考の余地があるかと存じます。

# と申すものの、このようなことは、FLOSS翻訳界においては重要視されないことも承知しておりますが…
そうですね。 (いくや)
2014-11-02 15:32:02
あとはリリースされて、他ではどう訳しているのかを見てから調整することになるかなと思います。
あるいは、今回のように気づいた人が直すということももちろんありです。
そういう意味では、リリースされた段階で完璧なものにするのはいろいろな条件から難しいです。
私もMATEの翻訳ばっかりやっているわけには行きませんし。
Unknown (通りすがり)
2014-11-12 22:01:21
この場合、原文の allow の使い方が厳密には間違っていて、"enable to" に書き換えることが可能なので、「有効」としたほうがむしろ自然かと思われますが。プラグインの機能を誰に「許可」してもらう必要があるのでしょうか?

参考: https://article.gmane.org/gmane.emacs.devel/71907
うーん、 (いくや)
2014-11-12 22:24:24
原文の間違いであれば原文を修正するべきですよね。そこまではちょっと付き合いきれないです。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL