いくやの斬鉄日記

オープンソースからハイスクールフリート、The Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

Ubuntu 14.04/16.04 LTS用の新しめのMozcをPPAにアップロード

2016年08月31日 19時00分00秒 | Ubuntu
先日Debian sidにMozc 2.18.2595.102が入ったので、これをUbuntu 14.04/16.04 LTS用にビルドしたパッケージを用意しました。

このバージョンはprotobufのバージョンも最新の3が必要で、16.10の開発版も含めて現在のUbuntuにはパッケージがないため(おそらく16.10にも入らない)、内部のprotobufを使用するように変更しています。
16.04のバージョンよりも辞書が新しくなっており、変換効率も上がっているのではないかと思います。使える絵文字も増えているはずです。ちゃんと確認していませんが。
ついでにこのバージョンではQt5でのビルドもできるようになっていますが、14.04と16.04でソースパッケージを同じにするためにQt4でビルドしています。14.04のQt5のバージョンは古すぎるので。

インストール方法はCMのあとで!


== ここでCM ==

『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ~ん♪ Vol.5』発売開始!
寄付だと思って買ってね!

== CMここまで ==

インストール方法というか、すでに皆さんMozcをお使いだと思うので、次のコマンドを実行してください。

$ sudo add-apt-repository ppa:japanese-testers/mozc
$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

Mozcをお使いでない場合は、自分でインストール方法がわからない方は使わないほうがいいかもです。PPAってそういうもんです。

なお、注意点としては、14.04用のパッケージのビルドにgypも上げています。gypを使ってビルドするようなことがある場合は、使用しないほうがいいかも知れませんし、ビルドできるものが増えて嬉しいかも知れません。

ちなみに自分用にはMozc NEologd UT Dictionaryを追加していたりします。こっちのバージョンを公開することはないでしょう。
また、16.10用のパッケージを用意する予定もありません。

追記(9/2):
予想に反してprotobuf 3.0が来ちゃいました。いずれにせよMozcは手を入れないとアップデートされませんが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Apache OpenOffice 4.1.2以前... | トップ | Apache OpenOffice、プロジェ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL