小夏日記

ねこと人が仲良く暮らせる街をつくりたい!

二本木、野田、グリーンヒル

2017年03月15日 | 猫活動

1件目、二本木、相談現場に行ってみたら
今にも生まれそうなお腹の猫がいっぱい

市役所からの連絡は遅いしぃ、
自治会の人には、TNRと地域猫の説明をしても
お金がかからないならやってください・・・・の一点張り。
地域の人が困っている問題を解決するには
お金はかかるものなのです。
 

 

2件目、チラシに自治会を明記させてほしくて
野田の自治会長さんと連絡を取ろうとしたのですが
プライバシーの関係とやらで電話番号は教えてもらえず。
代わりに、明日の2時半に西武公民館で話を聞くとの
伝言が来て、
明日の2時半は私、用事が入っているちゅうに
電話番号を教えてもらえないので断りの連絡を入れることもできない

だいたい、相手の都合も効かずに時間を決めるっていう
非常識はなんだ!!!
頭から煙が出そう。 

3件目、グリーンヒルから、「団地の階段で動かない猫がいたので
段ボールに入れてある、どうしたらいいのか」と

1時間ほどのすったもんだの末、夕方飼い主さんが判明して、解決。
保護をして、新しい飼い主さん探しをすることになった場合の
かかる費用も納得してくれて
グリーンヒルの自治会関係者が一番ちゃんとしてました。
 

どんな現場でも、どんな結末でも
関わった人がちゃんとした人だったら、
救われます。

 

こんな感じで、毎日忙しさが続く・・・・




 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心配を乗り越えないと | トップ | 3月定例会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

猫活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。