【タイ山岳民族の村に暮らす】

チェンマイ南西200キロ。オムコイの地でカレン族の嫁と綴る“泣き笑い異文化体験記”

【気にしない、気にしない】

2016年02月15日 | オムコイ便り

 2日目は、古い竹橋渡りのアトラクションへ。

 川沿いの棚田を突っ切り、途中で川原に降りて、大岩のテーブルでひと休み。

 この4月からは、農園を借りて野菜作りを始めるという土橋さん。

 さすがアウトドア派だけあって、水辺に憩う姿が様になっている。

     *

 収穫期の重たい米を担いだ村人の往来で、古い竹橋は中央部がすっかりよじれてしまった。





 しかし、土橋さんは軽々と渡り終えて、こんな感想を。

「橋を支えているこの古タイヤ、そのうちにぶつんと切れてしまうかも知れませんね。なにせ、タイヤは傷むのが早いから」

 つい最近まで、設備関係の仕事をしていたというだけに鋭い指摘である。

「私だったら、川向こうからワイヤーを渡し、滑車でスーッと渡せるようにしますよ」

 確かに、その方がずっと楽だろう。

 長期滞在できるのなら、村長に話して、技術指導をしたもらいたいところだ。

     *

 村の麺屋が閉まっていたので、昼食を兼ねて町まで同行した。

 あいにく、人気のカオソイ屋も閉まっており、やむなく大樹の下のクイティアオ(タイラーメン)屋へ。

 食後、フリーwifiのあるオープンカフェ「Omkoi beans」でアメリカンを頼んだところ、これが煮詰まったようなとんでもない味。

 そういえば、このスタッフ、初めて見る顔である。

 おそらく、まだコーヒーの淹れ方に習熟していないのだろう。

 なんだかなあ。

 だが、ここで腹を立てては、タイでは小物とみなされてしまう。

 ゲストと2人、苦笑しながら苦くてまずいコーヒーを飲み干した。

     *
 
 それにしてもなあ。

 こんだけオムコイコーヒーの宣伝をしているんだから、もっとしっかりして欲しいもんである。

 だけどねえ、これもタイランド、そしてオムコイなのでありますよお。

 マイペンライ、マイペンライ(気にしない、気にしない)。

☆今日も、応援クリックをよろしく!
タイ・ブログランキング
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【懐かしい昔の日本を求めて】  | トップ | 【爺さまケータイ騒動顛末記... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。