【タイ山岳民族の村に暮らす】

チェンマイ南西200キロ。オムコイの地でカレン族の嫁と綴る“泣き笑い異文化体験記”

【ミラーボール、それとも星?】

2017年05月12日 | オムコイ便り

 先日紹介した「雹の嵐」が襲って以来。

 空も出すべきものを出してすっきりしたのか、穏やかな青空が続いている。

 だが、季節は確実に巡る。

 今年も、ミラーボール・フラワーの季節がやってきた。

    *

 もっとも、無粋で無精な番頭さんが勝手にそう名付けているだけで、本当の名前はいまだに分からないのだけれど。

 最初にこの花を見た瞬間に「あっ、ミラーボール!」と小さく声をあげて以来。

 タイでの呼び名や学術名などを調べる気にもなれず、そのまま時を過ごして幾星霜。

 ともかく、番頭さんの頭の中では、青春時代に某所できらめいていたあのミラーボール以外には、どんな名前も思い浮かばないのであった。

    *

 ところが、この記事を書く為に撮った花の写真を見て、女将のラーがタイ語で声をあげた。

「あ、ドーク・ドゥアン(グ)ダーオ!」

 つまり、「星花」だというのである。

 何故にと訊けば、「星がキラキラしているように見えるから」

 そう言えば、前にもそんな名前を聞いて、ブログにも書いたかも知れんなあ。

 でも、女将もいい加減だからなあ。

 まあ、どっちでもいいや。

 脳細胞が衰えてくると、世界は常に新鮮なのであります、エヘン。

    *

 ともあれ、「うーむ、星花かあ」の心境なのである。

 そこで、現物を上から横からつくづくと眺めてみたのだけれど。





 番頭さんには、どうしても星のイメージとは結びつかないのだった。

 やっぱり、どう見ても、ミラーボールだわなあ・・・。

☆今日も、応援クリックをよろしく!
タイ・ブログランキング
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【カヌンのねっとり和え】 | トップ | 【踊り子蘭、咲きました!】 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ishi)
2017-05-21 13:16:10
大輪の花火にも見える気がします
花が枯れると。 (クンター)
2017-05-21 15:14:55
ishiさん

 ああ、そう言われてみれば・・・。花が枯れかかったときには、花芯が浮き上がって無数の星がつながっているようにも見えました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オムコイ便り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。