【タイ山岳民族の村に暮らす】

チェンマイ南西200キロ。オムコイの地でカレン族の嫁と綴る“泣き笑い異文化体験記”

【カヌンのねっとり和え】

2017年05月11日 | オムコイ便り

 先月の半ば過ぎ、ソンクラーン(タイ正月)料理としてゲーン・カヌンを紹介したことがある。

 いわゆるジャックフルーツの煮込みスープなのだが。

 同じ素材を使って、女将のラーが別の料理を作った。

     *

 まずは、イボイボのついたジャックフルーツの皮をむき、中味を断ち割って七輪にかけた鍋の熱湯でぐつぐつ茹で始めた。

 おいおい、またスープかい?

 そう思いきや、茹で上がった果肉をクロック(小臼)に放り込んで、すりこぎに似た形の搗き棒でひたすら搗きまくる。

 できあがったのは、ねっとりした果肉のペーストである。

 次に唐辛子、ニンニク、赤皮のミニ玉ねぎ、香草、薬草などをクロックに放り込み、順次軽く搗いてゆく。

 そして、これらを果肉ペーストに混ぜ込み、各種調味料を加えて味付けをした。

    *

 こう書けば至極簡単に思えそうだが、なにせ仕事は庭の木からでっかいジャックフルーツをもぐことから始めるのだから、時間は相当にかかる。

 さて、味の方は?

 うーむ。

 実はこれ、番頭さんも初めて食す北タイ料理なのだが。

 ちょっと青臭さの残ったサラダ感覚の和え物、という感じ。

 そのねっとりした食感に比して、意外なほどにさっぱりしている。

 女性ゲストが喜んでくれたのも、分かるなあ。

☆今日も、応援クリックをよろしく!
タイ・ブログランキング
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ハードボイルドな誕生日】 | トップ | 【ミラーボール、それとも星?】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。