いくべぇの活動日記

ひと旅、ふた旅、めぐる旅。青森⇔函館

アスパムのバス研修で八戸に行ってきたよぉ(*´∨`*)

2016-10-16 | 

10月6日

いくべぇはアスパムで働くみなさんと一緒に、

八戸市にある観光施設を見学する研修に行ってきたべぇ 

朝、アスパムを出発する頃は、小雨が降っていて、

肌寒かったけれど、

バスに揺られること約1時間。。。

七戸十和田駅に隣接する『道の駅しちのへ』に到着

ここには七戸町出身の洋画家・鷹山宇一の油彩画を展示する

『鷹山宇一記念美術館』もあるんだぁ

鷹山宇一の絵画の題材としてよく登場する、

お馬さん

昔から七戸町は名馬の産地として知られているんだよぉ

だから、『鷹山宇一記念美術館』や道の駅の周囲には、

お馬さんのオブジェがいっぱいあるんだよぉ


そしてまたバスに揺られ、目指すは八戸市

八戸市の入った頃には、雲の合間から太陽が顔を出し、

上々の空模様だべぇ


まずは『八戸ポータルサイトミュージアム』を

見学だべぇ

ポータルとは入り口のこと

八戸の入り口である『は、

八戸の魅力がぎゅっと恐縮されているんだよぉ 

これはウミネコさんの繁殖地として知られている蕪島にある、

『蕪嶋神社』を紹介するコーナーだよぉ

蕪島の神社は昨年の11月に火災で焼失したんだけど、

今は再建に向けて地元はもちろん、

全国から支援が寄せられているんだてぇ

みんなに親しまれている神社なんだねぇ

ウミネコさんに連れ去られる、いくべぇ。。。

 

港町八戸はなんといっても新鮮な海の幸が並ぶ活気ある市場

八戸ならではの「朝市」は一度は訪れる価値があるべぇ

イサバのカッチャ(市場のおかあさん)が

元気良くみんなを迎えてくれるんだよぉ

はっちの広場にあるからくり獅子舞仕掛け時計は

八戸の伝統の神楽がモチーフ

八戸はなんといってもイカがおいしいべぇ 

水揚げ量は日本一

あとは、いくべぇも大好きな「八戸前沖さば」だべぇ

勇壮な舞、春を告げる「八戸えんぶり」のジオラマだべぇ

豪華絢爛「八戸三社大祭」の山車の展示もあるべぇ

『はっち』はこのほかにもお食事ができたり、お土産が買えたり、

楽しいワークショップやアート展示、キッズルームなどがあって、

一日中楽しめちゃうべぇ


さて、お腹も空いてきたべぇ

八戸の味力がなんでも揃う巨大市場『八食センター』で

腹ごしらえ


その後は『八戸火力発電所』見学へ

北東北最大の工業地帯でもある八戸には、

大きな工場がたくさんあるんだよぉ

『八戸火力発電所』は青森県の多くの電力を担っているんだべぇ


そして最後は。。。

『八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館』だべぇ 

全国的にも有名な是川遺跡や風張1遺跡のすぐそばにあって、

遺跡から発見された貴重な縄文文化の紹介をしているんだよぉ

両手を合わせてお祈りしているみたいなポーズの

国宝『合掌土偶』だよぉ

なんと履歴書もあるんだよぉ

ふむふむ、紀元前1600年生まれの満3600歳。。。

気が遠くなるほどの歳月だべぇ。。。

『八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館』には、

ミュージアムショップや、喫茶コーナー、図書閲覧コーナーなどがあって、

ゆっくり、じっくり縄文文化を学ぶことができるんだよぉ 


『合掌土偶』をモチーフにしたキャラクター『いのるん』の

顔出しパネルで記念の1枚

駆け足で巡った八戸バス研修だったけど、

今度はもっと時間を掛けて八戸を楽しんでみたいべぇ

ディープな魅力いっぱいの八戸市

みんなも、ぜひ訪れてみてだべぇ




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日韓交流おまつりに行ってき... | トップ | 北海道おもてなしステーショ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む