タカちゃんの絵日記

何気ない日々の感動をスケッチに・・・

 ♪ 今日も明日も明後日も、日はまた昇る ♪

2016年10月14日 18時57分03秒 | 風景

私は、なが年夜型人間の最たるもので、午前零や1時の就寝は当たり前の生活をして来た。                                                    しかし、ここにきて付けが回ってきたのだろう、体が悲鳴を上げ出してきたようだ。 だから、今は努めて早く寝る様に心掛けている。                                   その反動でもあろうか。。。と言うより、早起きに拍車が掛かったと言うべきなのだろうか。                                                   最近は、朝も外は暗い内から目が覚めることが多くなってきた。一旦目が覚めてしまうと、  その後は寝付けない。                               そんな訳で、今朝はまだ薄暗い内に家を出て、久し振りに夜明けを見にやってきた。      中海の向こうに、まだ夜明け前の暑い雲が垂れ込めていて、その切れ間から光がこぼれ、ゆっくりとお日様が頭を出してきた。                                       やがて、地上は降り注ぐ光に包まれて、草も木も人も、そして鳥達も、生きとし生けるものすべては、この光の恩恵がなければ生きて行くことさえ出来ない。             われわれは、生命(いのち)と幸わせを享受しているのだ。

 


太陽       八木重吉詩集より

 

 

あなたは総てのものへいりこむ

 

 



炭にはいってゐて赤くあつくなる

 

 



草にはいってゐて白い花になる

 

 



恋人に入っていってゐて瞳のひかりとなる

 

 



あなたが神の重い使いであることは疑へない

 

 



あなたは人間の血にようなものである

 

 



地の中の水に似てゐる

 

 


不思議といへば不思議である

 

 



有難いといえばじつに有難い

 

 



あなたより力づよいものがあらうか





あなたが亡ぶる日があらうか

 

 



そして別のあたらしい太陽がかがやく日があらうか

 

 



あると基督はおしへられた

 

 



ゆえにその日はあると信ぜられる

 

 



しかしその日まであなたは此の世の光りである、

 

 



みゆる光はみえぬ光へ息吹を通わせてゐる、

 

 



あなたの高い気持ちにうたれた日は福な日である、

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  ♪大根島の廃船:廃れゆくも... | トップ | 「霧がふる きりがふる  あ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (kao)
2016-10-14 19:21:07
素敵な詩ですね。
聴いたことがない気がします・・。
いい詩だと思います。
日はまた昇る。・・。希望が持てます。
先ほどから体調が悪いのですが、
これを読んで少し良くなった気がします。
ありがとうございます^^
kaoさん、こんばんは~! (takaちゃん)
2016-10-14 20:51:09
八木重吉さんは、キリスト教の洗礼を受けた
熱心な信徒で短期間に多くの短い詩を残し、
若くして亡くなられていますが、詩集の中で
読者に向かって、「私の詩は必ず十字架を背
負っています」と、語られています。
「太陽」の詩一つをとっても、熱心な信徒であ
ることが窺えるのです。
こんばんは。 (ゴマメのばーば)
2016-10-14 21:07:42
こんばんは。
朝は、毎日やって来ますが、いつも新鮮な気がします。
私は、今も夜型で、なかなか夜明けを眺められません。
八木重吉の、この詩、私も大好きです。
お体、大切になさってくださいませ。
は~ばさん、こんばんは。 (takaちゃん)
2016-10-14 21:24:50
最近、目覚めはあまり気持ち良くとは
行きませんが、こうして朝日を眺めて
いると、そんな気分も消えて、晴れ晴
れとします。
この詩に、出会えたのもお陰様です。
いつもありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。