[IKOI農園」活動日記

伊豆東海岸大室高原にある「IKOI農園」を中心に集まったリタイア仲間の園芸及びウオーキングなどの「遊び」の足跡

天城山ワラビ採り

2017年04月20日 | ウオーク

4月20日(木)D-ikoI

・雨で順延になっていたワラビ採りを絶好のチャンスで8名にて実施した。

 Dr-O/Mrs-Dr-o・D-ikoI/Mrs-D-ikoI・Mrs-D-Ikoi・Mrs-K・Mr-h/Mrs-h

・9:00IKOI農園駐車場集合し一路天城山中へと出発。

 稲取のコンビニにて昼食を調達しワラビ採取場へと向かうも、D-ikoIのカーナビ設定ミスにて迷子に。

 こんな時は蕨採取場所を熟知しているMrs-Kさんにナビを依頼。難なく正規のルートにふっかつ復活し目的地に到着。

 *ここが「蕨採取場所」です。

・車を降りるやすぐさま「蕨採り」が始まった。蕨を踏まないように気を付けることの方が重要かな?(^_-)-☆

・でも少し待ってください?。昨年はこのような湖?沼?あったかしら。

 確か昨年はここから下に向かって蕨採りをした記憶があります。

・そうか!、4/17-18にかけての天城山集中豪雨(286mm/1D)で突如出現した幻の沼に間違いありませんね!

 集中豪雨はこんなところにも影響を与え環境を変えているのかと今更ながら自然の驚異に驚嘆!

 と言うことで、沼の周囲&山の斜面での蕨採りを本格的に開始しました。

・・・山の斜面での採った蕨です(^_-)-☆

*太いねー(^_-)-☆・大きいねー(^_-)-☆⇒大満足!そして昼食

*蕨採りで疲れた笑顔が並びました。(敷物は蕨を傷めないように敷きましたよ(^_-)-☆)

・空に少し雲が見えるようになりましたので蕨採りでかいた汗で風をひかないように昼食後の「コーヒー」を頂き帰途へと。

・家路を急ぐばかりが?とのことで今井浜「舟戸の番屋」に寄り道。

 今まで知りませんでしたが、今井浜は「竜宮伝説」の地とのモニュメントを発見(^_-)-☆

*ここが舟戸の番屋です。右の先端に見えるセメントの人工物が「展望風呂」です。

 お風呂には入りませんでしたが、どなたも入浴されていませんでしたので今後の事を考え厚かましくも中に入ってみました。

*遠景で見えていた人工物がこの湯船でした。断崖の上にあり眺望抜群。近々に入浴しなければ(^_-)-☆。右側「女風呂」。

・そして楽しい一日が終了しやっとこさで家に付きました。

 当然のことながら「後始末」が待っていました。

・「見つけると採る」の繰り返しでいまさらながら、こんなにも採ったのかと・・・・・⇒ご近所様におすそ分けを!!

・今年は寒いせいか蕨採取場所が山の中腹より下側に集中しました。と言うことは、まだまだ採取のチャンスあり!(^_-)-☆

・・昨年も書きましたがこの場所に入るにはまさしく「深山幽谷」の気分で途中で引き返したくなりますが頭の中の「蕨」が

 そんな思いを跳ねのけて車は採取場所へと。・・・同乗者は恐怖???(崖淵にもガードレールは有りませんね(^_-)-☆)

・・・D-ikoiとは:何処にでも行こう会を改めて実感!!・・・・・

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 那賀川の花筏 | トップ | 緑の中でのIKOI農園作業 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お見事 ❗️ (hiro)
2017-04-21 09:36:57
おはようございます。
今朝は良い天気と すごい収穫でのスタートですね
太い蕨なのでびっくりです。
それにしても蕨採取場所が平らで広々としているので
もう一度びっくりで 羨ましい限りです
これでは山菜ではなく平菜では・・・

私たちは70歳を超えると体力的に
参加しない方が出ていますので 私も限界近しです
やはり 後処理と昔の美男美女への配達も大変。
でも待っている人もいるのでやめ時が苦悩

此方では 昨日も今朝も+1℃と寒い朝で
山の会の4/20集まりで 積雪と熊出没で
入山禁止だから 入山予定は不明との発表でした
でも準備だけはと思い
今から・長靴・山用服(一年持ちません)・ロープ
・大ラジオ・大きい鈴・笛・手袋・長めの鉈・帽子
・ゴーグル・お金(参加費、朝昼食代)・70Kg袋
これを入れるリュックと着替え 要点検です

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。