一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

中倉女流二段、マイナビ本戦に登場

2016-10-19 20:54:10 | 女流棋士
2014年に中倉宏美女流二段がLPSAの代表理事に就いた時、私の周りでは「彼女で大丈夫かいな。蛸島先生や外部理事に任したほうがいいんじゃないか?」の意見が大勢を占めた。
しかし宏美女流二段は女子アマ棋戦を滞ることなく継続させ、もちろん女流棋戦にも引き続き参加し、LPSAの信用を地道に回復させた。ここで私たちははじめて、宏美女流二段の手腕に感嘆したのである。
宏美女流二段は俗に「平安顔」といわれる。宏美女流二段の柔和な顔が、交渉事を有利に運ぶのだろう。
その宏美女流二段が、マイナビ女子オープンの本戦トーナメントに進出した。現在のLPSAで、勝ち星が計算できるのは渡部愛女流初段だけ。ほかの所属女流棋士は、言っちゃあなんだが指し分けが精一杯で、本戦進出など夢のまた夢だ。そこに宏美女流二段が「私を忘れてもらっては困ります」と名乗りを上げたのである。
宏美女流二段は第4期に大庭美樹女流初段を破って本戦入りしたが、本戦1回戦で石橋幸緒女流四段に敗れた。その後も同棋戦ではパッとせず、詰みがある場面で詰まし損ねたりして、まあその悔しそうな表情がマニアにはたまらないのだが、とにかく宏美ファンは大いに悶絶したのである。今回は久々のチャンスなのだ。
18日対局・1回戦の相手は頼本奈菜アマ。この頼本アマがまた強くて、LPSA主催のアマ大会ではたびたび入賞している。もちろんプロも何人か撃破していて、今どきの女子アマはその辺の女流棋士よりよほど強いが、それを肌で感じているのは誰あろう、女子アマ将棋を最も間近で見ている宏美女流二段であろう。この対局だって、宏美女流二段に胸を貸すという思いは微塵もなく、対等な相手として対峙したはずである。

将棋は先番頼本アマの石田流に、宏美女流二段は左美濃の作戦を採った。宏美女流二段は一時期穴熊にこっていたが、その後作戦の幅を拡げ、同時に勝率もアップした。
頼本アマ、▲2五歩△同歩▲1七桂と意表の仕掛け。現在ままある指し方だが、いざ指すとなると度胸が要る。
頼本アマの銀は2五まで進出した。▲3三角成△同桂で銀当たり。そこで頼本アマが▲3四銀とタダ捨てに進出したのがすごい。オンナは駒を引くことなんてしないのである。
が、△3四同玉▲2二角となると、後手銀得でも気持ちの悪い形だ。
私たちは宏美女流二段の逆転負けを何度も見ている。宏美女流二段の優勢は疑いないが、相手が投了するまで安心できない。宏美女流二段にはわるいが、世間一般の宏美観はこんな感じだと思う。
そこで宏美女流二段△5四角。これが、素人目には名角に見えた。これは宏美女流二段がイケるんじゃないかと思ったが、宏美将棋はこれからなのだ。
頼本アマ、67手目▲5六歩。しかし△3六角と換わっては、あまり得になってないのではないか。
そこで頼本アマは▲2九銀とアタリの銀を躱したが、△2五角とボロッと桂を取られては、いきなり大勢が決してしまった。
頼本アマとしては、この桂が生きているうちに一仕事したかった。中継のコメント欄にもある通り、どこかで▲2七銀△同歩成▲3三銀とか、いやらしく攻める手があったと思う。
△5七桂成まで頼本アマ投了。頼本アマは中盤でおもしろい戦いを見せてくれたが、急所で読みを欠いたようだ。まあ、頼本アマはまだ若い。これからいくらでもチャンスはある。

勝った宏美女流二段は、次局で西山朋佳奨励会三段と対戦する。あまりにも強すぎる相手だが、勝負事は何が起こるか分からない。宏美女流二段の健闘を祈ります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女流棋士の名字に使われてい... | トップ | ミスDJリクエストパレード復活 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
絶世の横顔美人‼ (瀬戸のひしお。)
2016-10-21 22:13:08
言われますようにLPSAと連盟の関係が著しく良化した現状は宏美先生のお力が大きいですね。
あの政変の前に決意を語る宏美先生には心打たれましたし、代表就任後の連盟との融和行動も大変だったと思います。
当然マイナビの次戦も期待したいですが、それ以上に堀、渡部両先生の女流王位戦に期待したいと思います。特に堀先生には一気に見習いを卒業して欲しいですね!。
Hiromi (一公)
2016-10-21 23:24:37
>瀬戸のひしお。さん
宏美先生は本当によくやっていると思います。毎日が充実しているのではないでしょうか。
堀先生がリーグ入りしたら大したものですが、どうなりますか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。