一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

中野隆義さん、逝去

2017-05-31 12:00:12 | 愛棋家
昨夜、将棋ペンクラブ幹事・M氏のブログを見たら、「中野隆義さん逝去」のタイトルがあったのでびっくりした。
見ると、29日に旅先の鬼怒川温泉で、心疾患により亡くなったという。享年65。
あまりのことに、私は言葉も出なかった。だって、つい先日の将棋ペンクラブ関東交流会で、私は中野さんと将棋を指したばかりなのだ。
中野さんは相変わらず酔っぱらっているような、飄々とした感じで捉えどころがなかったが、もちろん将棋は強く、その時も私は早々に敗勢になったものだ。体調不良など微塵も感じさせず、いつもの中野さんだった。それだけに今回の報は衝撃だった。まったく、訳が分からない。ヒトの命は、こうも簡単に潰えてしまうものなのだろうか。
中野さんは1990年代後半から「近代将棋」の編集長を務められた。しかしその頃は近代将棋の売り上げも右肩下がりで、相当なご苦労があったようである。
2008年、近代将棋休刊。老舗雑誌の休刊により、ひとつの時代が終わった。
それから中野さんとは、将棋ペンクラブの関東交流会や大賞贈呈式で顔を合わせることとなった。
傍らにはいつも団鬼六氏がいて、氏のお伴のような雰囲気があった。また、二上達也将棋ペンクラブ名誉会長にも寄り添い、そっと手を貸していたイメージもある。
そんな中野さんには「将棋を指しても勝ちに行かない」という都市伝説があった。
すなわち勝勢になっても相手に勝ちを譲るというのである。実際私も必敗の将棋を何度か拾い、先日の将棋も私が逆転勝ちしていた。これを好意的に解釈すると、近代将棋の読者に勝ってはいけない、というポリシーがあったことになるが、そこはやはり都市伝説で、実際は終盤のポカが多かったということだろう。今回中野さんは、おのが人生でそれをやってしまった。
でも天国には、永井英明・近代将棋初代編集長、団鬼六氏、二上名誉会長、大山康晴十五世名人ほか昵懇の棋士が数十人もいて、あちらの方が楽しそうではある。
それにしたって中野さん、ちょっとおっちょこちょいだよ。逝き急ぎすぎる。もうちょっとこの世で生きていたって、何の不都合もなかったんじゃないですか?
まったく、中野さんが亡くなった実感がまるでない。今年のペンクラブ大賞贈呈式には、中野さんが「どうも」とフラリと帰ってきそうな気がするのだが、こう思っているのは私だけだろうか。嗚呼…!
飄々人生の達人に、合掌。

お通夜は6月1日(木)午後6時から、葬儀は2日(金)午前9時から、「千代田赤羽駅南口ホール」(東京都北区赤羽南2-9-78、JR赤羽駅南口より、線路沿いに徒歩8分)で執り行われるようです。私も中野さんの旅立ちを見送ってくるつもりです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月12日の大野金曜教室(後編) | トップ | 将棋ペンクラブ関東交流会201... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中野編集長。 (ブルーベリー)
2017-05-31 21:02:19
突然の訃報に大変驚いています。
交流会で対局したのが良い思い出になりました。
温和な笑顔が目に浮かびます。
ご冥福をお祈りいたします。
無念です。 (一公)
2017-06-01 01:11:21
>ブルーベリーさん
おっしゃるとおりです。
中野さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。