一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

第28回将棋ペンクラブ大賞贈呈式(1)

2016-09-18 23:30:41 | 将棋ペンクラブ
16日(金)は「第28回将棋ペンクラブ大賞贈呈式」。私もそんなにヒマではないのだが、ここで顔を売っておくことが後のためになると考え、出席することにした。
場所は東京・四ツ谷。もう何度も書いているが、ここは私がサラリーマンだったころの勤務地だった。ちょうど20代後半から30代前半にあたり、6年半務めた。
ここの会社がいまでいうブラック企業で、それは以前もブログに書いたから重複を避けるが、呆れるのは、未だに「残業は月10時間」とか書いて職安に掲示しているらしいことだ。実際は月に何十時間もあり、それでいて残業代は1円も出さなかった会社がよく言うよと思う。つぶれろよ。

四ツ谷の駅に降りたのが午後6時少し前。開場は6時だがすぐに行っても部屋には誰もいないのだ。それで「小諸そば」をたぐっていくことにした。少しでも近い出口をと赤坂口に出たのだが、改札口も出口付近も、見たことのない景色で、動揺した。
あれほど四ツ谷を利用しておきながら、こちらの出口を利用したのは初めてだった。なんだか異次元の世界に迷い込んだようである。しかもいつもの四ツ谷口と比べて、「小諸そば」はより遠くなっていた。
小諸そばに入り、二枚もりを選択。コシがあって相変わらず美味かった。この味と量で320円はおトクである。
会場のスクワール麹町に着くと、自動ドアの前に上野裕和五段がいた。上野五段はかつて将棋ペンクラブ大賞を獲ったことがあり、会員仲間ではヒーローである。私も「魚百」や大野教室などで面識があり、挨拶をしていっしょに中に入った。
上野五段「(会場は)何階ですか?」
私「はぁ…私も知らないんです」
4階か5階だと思うのだが、私はいつも忘れる。と、ロビーにいたTod氏が「5階です」と言った。彼は贈呈式初参加ではあるまいか。この参加費は8,000円だが、大丈夫か?
3人でハコに乗る。
私「先生、今は何か著書を書いていらっっしゃるんですか?」
上野五段「今は相振り飛車の本を書いています」
出版が楽しみである。
5階で降りて、私は受付を済ます。もう6時20分ごろだろうか。でもこの時間でも、どうせ会場には誰もいないのだ。
私はドアを開ける。と、すでに参加者であふれていて、ビックリした。奥を見ると、今回の受賞者もすでに待機していた。開演時間を過ぎてからゆるゆると入場するイメージがあったので、これも意外だった。
知った会員に一通り挨拶。これは「最低限」で、お互い名前は知っているが話をしたことがない人は無視している。私は極度の人見知りなのだ。ヒトと話さずに済むならそれに越したことはない。
渡部愛女流初段の顔が見える。本日の指導棋士だが、今年は彼女のみ。スタッフは2人目も探したのだろうが、適わなかったのだろう。
司会の長田氏が25分ごろに一言述べ、30分になるとすぐに会が始まった。今年はなんだかスピーディーだ。
まずは最終選考委員・所司和晴七段の講評。
これはスタッフの妙手だった。ここ、以前は文芸評論家の西上心太氏がやっていて、所司七段は乾杯の挨拶だった。
だが、表彰式で木村晋介会長の短評が挟まれ、乾杯の際に所司七段も長々と講評をやってしまうので、ダブリ感がハンパなかったのだ。贈呈式は2時間しかないから、無駄は省かねばならぬ。今回はそれが改善されたということである。
もっともそれは、恐らく乾杯に回るであろう西上氏が、サッと乾杯を済ましてくれれば、という条件付きではあるが。
では所司七段による短評を簡単に記す。
観戦記大賞・佐藤圭司氏「観戦記の王道をいく、とてもマジメな文章です」
同優秀賞・先崎学九段「これはインターネットで発表されました。時代の流れで読む媒体も変わってきています」
文芸大賞・佐藤康光九段「将棋の世界が奥深く書かれています。将棋ファン以外の人にも読み応えのある、素晴らしい観戦記でした」
同優秀賞・白鳥士郎氏「棋士がハチャメチャに描かれていますが、骨組のストーリーが素晴らしいです」
技術大賞・鈴木大介八段「鈴木大介八段の開設がとてもおもしろい。それを引き出した編集者もよかったということでしょう」
同優秀賞・大平武洋六段「内容がユニークで、棋力向上においても素晴らしい著書です。後半がとくにおもしろいと感じました」
「…ですぅうー」と語尾を伸ばす所司七段独特の語りで、以上6作品の講評が終わった。
(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 16日に見た夢 | トップ | 第28回将棋ペンクラブ大賞贈... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。