一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

4月16日の大野教室(3)「Og氏の教え」

2017-04-21 00:05:50 | 新・大野教室

第2図以下の指し手。△2五同歩▲同桂△5五歩▲5四歩△同金▲4三銀△4四金▲3二銀成△2三飛▲3三成銀△同桂▲5三角△5四金(途中図)

▲2六角成△2五桂▲同馬(第3図)

第2図の▲2五歩では▲2三歩もあるが、△5二飛でスカになると思った。
Og氏△2五同歩に私は▲同桂。「飛車で取らなかったのか」と大野八一雄七段がつぶやく。▲2五同飛は△2四歩▲2八飛で何をやっているか分からなかったからだが、大野七段の次の言葉を聞いて唸った。「△2四歩に▲○○○」。……この手が成立していたのか? 本譜は△5五歩と角道を止められてはおもしろくなかった。
私は攻めねばならないが、▲5四歩をひねり出す。以下▲3二銀成までと進み、△同飛▲3三桂成△同桂▲2一飛成は、二枚換えでも竜を作って下手が指せるだろう。「おもしろい攻め方だねえ」と大野八一雄七段が感心した。
しかしOg氏は平然と△2三飛。対三間飛車急戦定跡でもこの手が出てくるが、さすがに指しなれている感じだ。
△5四金(途中図)に▲4二角成は△2五飛があり、指し切れなかった。

第3図以下の指し手。△6五銀▲2六馬△3五歩▲同歩△7六銀▲2五歩△7五桂▲7九桂△8七桂成▲同桂△8六銀▲7九桂△8七銀右成▲同桂△8六桂▲6八玉△8七銀不成(第4図)
以下、Og氏の勝ち。

△6五銀がOg氏の反撃。そういえば以前もこの手から手を作られたことがある。私は▲2六馬で飛車の素抜きを狙うが、△3五歩と突かれ不発だ。
以下は上手からの玉頭攻めが厳しく、私も粘ったものの、じわじわと寄せの網を絞られ、たまらず投げた。

感想戦。Homma戦は終わっていたので、「定跡の勉強をしましょう」と大野七段がHomma君を誘った。
まず第2図の▲2五歩で▲2三歩△5二飛には、▲2二銀があり下手有利。よって△2三同飛▲3二銀となる。以下△2二飛▲2一銀成。これを△同飛は▲4五桂がピッタリなので、△2三飛に▲1五桂と打たせて△2一飛。そこで▲4五桂(参考1図)△5一角▲4四角△4一飛が進行の一例、とのことだった。

▲2一銀成△2三飛▲1五桂あたりの変化は「所司本」で読んだことがあるが、まさか実戦で使えるとは思わなかった。これだから定跡はしっかり憶えておかねばならないのだ。
本譜に戻って▲2五同歩では▲2五同飛があった。以下△2四歩に▲4五桂(参考2図)がピッタリ。これは先の変化の姉妹編だ。以下△4五同金▲同飛は下手十分である。

となれば当然の△2四同歩が疑問手で、△5五歩▲2四歩△同角と進めるべきだった、とOg氏。
数手後の▲5三角△5四金に私は▲2六角成としたが、「▲4二角成でしょう」と大野七段。
△2五飛は▲同飛△同桂▲4三馬(参考3図)。以下△6三銀打には▲2一飛△7一金▲2五飛成で、次に▲7五桂を見てどうか。

私は▲4二角成に△2五飛と桂を取られてダメ、とそこで読みを打ち切っていた。大野七段はその先を読む。ここがプロとアマの違いと痛感した。
U君は、この仕掛けは玉が薄くて指さないらしい。ただ、居飛車党である以上、横歩取りのような将棋は指すことになる。その時、玉が薄いからと避けることはできない。
大野七段はむかしの将棋を楽しんだ感じ。私も、これぞ将棋、を指した気分だった。
(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月16日の大野教室(2)「... | トップ | 4月16日の大野教室(4)「... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
定跡書を読むこと (Og)
2017-04-21 08:32:56
第2図の私の25同歩は大悪手でしたね。

23歩の一手だと思ってたので、
「この手は何だと」と思い、
つい取ってしまいました。

同飛なら不利でした。

私も定跡はうろ覚えなので、
どういう展開になるか判りませんでしたが、
端歩の突き合いがないので、

それがネックで最後は寄せ合いで
一手負けになるだろうと
思いながら指してました。

また、参考1図からの展開ですが、
51角と引きます。

そこで44角と金を取るのは、
41飛で後手も指せると思います。

44角でなく、53桂不成が好手で、
44の金取りを防げば、61桂成で金を取り、
同銀に32銀から飛を詰ませて先手優勢です。

従って53桂不成には52金、44角となりますが、
そこで後手74歩が落ち着いた好手で、
難しい形勢のようです。(ここで32金の飛取りは43銀)

これは私の考えた手ではなく、すべて
定跡書に書かれていることですから、

この仕掛けをするのなら、それくらいは
勉強しておくべきでしょう。
感謝 (一公)
2017-04-21 12:31:41
>Ogさん
詳しい解説をありがとうございます。
参考1図以下は△5一角▲4四角△4一飛の進行でしたか。うっかり失念していました。失礼しました。
急戦はうろ覚えで指していたところがあるので、いま一度整理したいと思います。
将棋はむずかしいです。
懐かしい定跡 (佐藤啓)
2017-04-21 21:24:17
懐かしい定跡ですね。
Ogさんのおっしゃるように参考1図から△5一角▲4四角
△4一飛は振り飛車が良さそう。
▲4四角に代えて先に▲5三桂不成としても、何だか居飛車が自信ないですね。
あと参考3図以下の手順で▲7五桂は打てないので▲2五飛成とするんでしょうが、△7四歩と辛抱されるとまだまだ先は長そうです。
最近教室に行っていないので、5月はなるべく顔を出したいと思います。
失礼しました。 (一公)
2017-04-23 23:52:28
>佐藤啓さん
参考1図以下△4一飛で振り飛車がいいのでは、居飛車は相当工夫しなければなりませんね。玉は薄いし…。
参考3図以下、桂はまだ入手していませんでした。これはたいへん失礼しました。ご指摘ありがとうございました。
私は5月は、大野教室に顔を出せそうにありません。
…出すかも。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。