一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

悪夢の社団戦2017(3)

2017-07-17 00:13:26 | 社団戦

第3図以下の指し手。△4一金▲6三馬△8九竜▲2六香△3一金▲3六桂△7六角▲4四桂△同銀▲6二桂成△1六歩▲4五飛(第4図)

左のKun戦は、チェスクロックの相手の数字板に「End」の文字が出ていた。何と、相手の時間切れ負けである。局面はKun氏が劣勢だったから、この勝利は大きかった。
私は△4一金と引いたが、大錯覚。すかさず▲6三馬と引かれて形勢を損ねた。△4一金では当然△5二金で、これなら後手が優位を保てていた。△5二金には▲6二桂成が利くと勘違いしていたのだからひどい。
私は△8九竜としたが、これは▲6八金取りが解消されるからどうだったか。△1六桂を防ぎつつ▲2六香としたのが白門氏の好手で、これで形勢が入れ替わった。
次に▲2三香成△同玉▲4一馬があるから私は△3一金と寄るが、これではおかしい。
とはいえ△1六歩としてまだまだと思ったら、▲4五飛(第4図)の大技が出た。

第4図以下の指し手。△1七歩成▲同玉△4九角成▲同銀△1六歩▲同玉△2四桂▲同香△同歩▲同銀△1四香▲1五歩△2三歩▲同銀成△同玉▲3五桂△2二玉▲2三銀△2一玉▲1二角△1一玉▲4三桂成(投了図)
まで、白門氏の勝ち。

▲4五飛に△同銀は▲同馬△3四歩▲4四歩で負けと即断。私は△1七歩成としたが、白門氏が▲同桂と取るわけがなく、▲同玉。以下△4九角成▲同銀△1六歩と進んだが、これは私の指し手がメチャクチャだ。以下▲4三桂成まで、無念の投了となった。

一応感想戦を行い、居飛車側が模様がいいものの、決めるとなると大変、という感じだった。私はどこかで勝ちがあったと思うが、感想戦で勝っても意味はない。とにかく▲4五飛には、負けても△同銀と取るべきだった。
「(大沢さんの)金銀が盛り上がって、大沢さんらしい将棋になったと思ったけどねぇ…」
とKun氏。まったく、大きな星を落としてしまった。
全7局が終わり、チームは2勝5敗で負け。私の勝敗は関係なくなったが、ショックに変わりはない。早くも優勝に黄信号が灯った。
しばし休憩。Yaさんが遊びに来ていた。Yaさんは将棋初心者だが勉強熱心で、いまや大野教室のマドンナになりつつある。今回はアマチュアなりの真剣勝負を体感してくれたらうれしい。
3回戦は八王子将棋クラブと。同クラブは羽生善治三冠の出身ではないか? 相手メンバーは若手が多く、侮れない。こちらはHomma、Kun、私、Ok、Kur、Takai、Todのメンバーで迎え撃った。
私は先手で、対局開始。▲7六歩△7四歩。本流の手ではないが、いまの将棋は何でもアリだ。
私は迷って居飛車にした。八王子氏は飛車先の歩を突かず、飛車銀を進出させてくる。玉は△4一玉形に留め、低く構える。相当指しなれていると見た。
対して私は雁木に組んだのが失敗で、守勢一方になり良くなかった。ここは同じ居飛車でも、軽い形で攻め合ったほうがよかったと思う。
しかもその後私は、いったん引いた飛車を▲2五飛と浮いたリ、▲6九玉を▲6八玉と上げたりと、手損の連発。若干自己嫌悪に陥っていた。
そんなわけだから中盤は明らかに押されたが、その後盛り返して優劣不明となった。先手▲5五歩、後手△5四歩・△7四飛の局面で、私が▲6三銀と打つ手があったのだが、以下△6四飛▲5四銀成△同飛▲同歩△8八角成▲同金△6六歩、のような反撃を気にしてしまい、自重。
その後5筋の歩を取り込まれ▲5八歩と謝るハメになって、またつまらぬ展開になってしまった。

第1図以下の指し手。▲2五歩△8四飛▲8六歩△5四銀▲6六銀△6五銀▲同銀△8八角成▲同金△6五桂▲同金△7六銀▲6六金△8六飛(第2図)

▲5五銀打と飛車を追い、△2四飛までの局面。▲2五歩△8四飛に▲6六銀の予定だったが、さしたる読みの裏付けがないまま、▲8六歩とした。
しかし八王子氏の△5四銀~△6五銀が力強い手で、金銀バラバラの私はいまにも潰されそうだ。

第2図以下の指し手。▲9七銀△4八角▲7六金△同飛▲7七銀△7五飛▲8六銀左△7六歩▲7五銀△7七歩成▲同金△7五角成▲7六歩(第3図)

周りの戦況はどうなのか。後ろにいたHon監督に聞くと、3勝しているという。なら、まだ何局か残っているので、4勝は固いのではないか?
私の▲9七銀が根性の一手。形はわるいが、これで凌げると思った。八王子氏は△4八角。私は▲7六金と取るよりないが、△同飛▲7七銀△7五飛に、▲7六歩は△6五飛の王手で困る。そこで▲8六銀左と頑張ったのだが、△7六歩が痛打でシビれた。
以下二枚換えとなっては、再び先手敗勢である。

第3図以下の指し手。△4八馬▲5五角△6七歩▲同金△5九銀▲7七玉△6六歩▲同角△同馬▲同金△7九角▲6七金△6六歩▲同玉△8八角成▲7七桂(第4図)

▲7六歩に寄せがあったら仕方ないと観念したが、なかったようだ。私は▲5五角と据える。どこかで▲2四歩と突き捨てたかったが、△2五歩~△4七馬が生じるので指せなかった。
八王子氏の△5九銀がどうだったのだろう。私は▲7七玉と上がり、わずかに光明が見えた。
ほかの戦況を見てみるが、なんだかウチがボロボロ投了している。
△6六歩には▲同金もあるが、△4四銀とされた時の指し手が分からないので、▲6六同角と取った。この辺はまだまだ苦戦を自認していた。
しかし数手後の△8八角成に味良く▲7七桂と跳ね、この展開は先手が勝ちになったのでは、と思った。

第4図以下の指し手。△5四銀▲7五玉△9九馬▲7一飛△8九馬▲6六金△6一香▲7四玉△6三銀▲8三玉△7二金▲同飛成△同銀▲同玉△6六香▲5五角△5二飛(第5図)

周りをみると、この一局しか残っていない。まさか3勝3敗でラストなのか!?
第4図は△6四銀の一手で、それなら▲6五歩で勝ちと読んだ。だが八王子氏は△5四銀。ここで▲6五歩は△7四金で負けと即断した私は、▲7五玉と早逃げした。
△6一香に▲7四玉と入るが、△6三銀と引かれて飛び上がった。いまさら玉は引けないので▲8三玉と突っ込むが、△7二金で飛車を取られたのは痛い。
私はもはや戦意喪失状態だが、本局はチームが勝つか負けるかの大一番である。途中で投げることは許されないのだ。
△6六香に、再び▲5五角。
ところが八王子氏に△5二飛と打たれ、再び飛び上がった。
お、王手角取りじゃねぇか!!
私は投了を考えた。

(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪夢の社団戦2017(2) | トップ | 悪夢の社団戦2017(4) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。