一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

悪夢の社団戦2017(4)

2017-07-18 00:54:52 | 社団戦

第5図以下の指し手。▲7三玉△7二金▲7四玉△5五飛▲同銀△9八馬▲6五銀△9七馬▲5四桂△8六馬▲4二桂成△同金寄(投了図)
まで、八王子氏の勝ち。

第5図で投了しようとしたが、▲5五角には▲4六銀のヒモがついていた。慌てて次の手を探したが、▲8一玉は△8二金で詰まされると判断した私は▲7三玉と引いた。が、これが一局を棒に振った大悪手。△7二金から押し戻され、今度こそ負けにした。
数手後の△4二同金寄に▲8一飛と打つつもりだったが、△9二角がある。私はここで投げた。
感想戦。第5図で▲8一玉なら、角の利きがあって詰まない、と八王子氏に指摘された。
ああそうか! 私の角は左辺に利かせる意味もあったんじゃないか!!
幻の王手角取りに時間を割いてしまい、従来の読み筋を失念してしまった。
あうぁーっ!! 3勝4敗で負けか!! これは痛い! あまりにも痛い!!
社団戦は3―3の最終局での負けが最も罪が重い。私は激しくうなだれた。

引き続き4回戦が始まったが、私はこれにてアガリ。夢遊病者のように、4階へ降りた。物販コーナーの近くにTag氏がいたので、軽くおしゃべりする。
そこに浦野真彦八段が顔を見せた。浦野八段は関西在住の詰将棋の名手。話を聞くと、今日はこの社団戦に参加するためだけに、上京したという。
ワイドショーの出演は、TBS系の「ひるおび!」だったらしい。最近は「藤井効果」で、棋士が何人もテレビに出演している。浦野八段もその恩恵に与かったわけだ。
「澤田クンも『藤井被害者の会』に入っちゃったからねえ」
同会は、藤井聡太四段に2回負けると、「入会」できるらしい。澤田真吾六段は先日の王将戦で藤井四段に2敗目を喫し、28連勝を許してしまったのだ。
「私も入ってますからねぇ」
と浦野八段。
…ということは、浦野八段は藤井四段と2局対戦しているということか。勝敗云々より、そちらのほうがスゴイ。
浦野八段の話は氏の体重のように軽快で、とてもおもしろかった。
ブースを見れば浦野八段の詰将棋が並んでいたのだが、買うまでには至らなかった。でも、7手詰集を買うのだった。
LPSAのブースに行くと、島井咲緒里女流二段に声を掛けられた。
「今日はLPSA(星組2008)で出てるんですか?」
「いえいえ大野教室で…」
私は恐縮するのみである。島井女流二段はムッとしたはずだが表には出さず、気さくに接してくれる。島井スマイルも健在で、瞳がキラキラしている。「そうだ横山先生は順位戦昇級おめでとうございます!! 先生にはこのところよくお会いしていたのに、つい言うのを忘れてました」
「いえいえ、でも今期の順位戦は負けちゃいましたから」
「棋士同士の結婚で、旦那さんが昇級するじゃないですか。あれ、手柄は奥さん側にあるんです。だから島井先生は素晴らしい。あげまんですわ」
島井女流二段は笑って否定するが、実際奥さんのチカラは大きいと思う。
ところで私はさっきの激戦で口の中がカラカラ。一部歯槽膿漏もあるので、口臭がするのではと気が気でない。
「9月は10日にイベントがあるんですよ。だからぜひ参加してください、フフッ」
「あ、ああ…そうですか」
私は徐々に島井女流二段から離れるのだが、島井女流二段はそのたびに空間を詰めてくる。何だか恐縮してしまって、私はLPSATシャツ(3,000円)を買うことにした。渡部愛女流初段デザインの「将棋愛」だ。
奥から渡部女流初段を呼び、いっしょにサイズ選び。そしてシャツにサインをしてくれた。しかし紺地に黒じゃ目立たないと思う。
「…ただの汚れじゃねぇか?」
「えー」
というバカバカしい会話を楽しんだ。
仕上げに島井女流二段、渡部女流初段、堀彩乃女流3級の写真を撮らせてもらった。
そのお礼というわけではないが、渡部女流初段の扇子(1,940円)も購入させてもらう。
バッサバッサと散財していくこの感覚、久しぶりだ。
廊下に出ると、元奨励会三段のChi氏とバッタリ遭ったので、さっきの将棋の顛末を嘆いた。といっても、Chi氏には興味のない話だろう。
5階に戻ると、みなは激闘中だった。Yaさんもまだ観戦している。
Hon監督が
「さっき大沢さんが対局中、後ろから愛ちゃんが見てたんだよ」
と言う。
「ええっ!? …いつ!?」
終盤、私の玉が中段に逃げ出したあたりで、渡部女流初段が私の背後から戦況を見守っていたという。
その将棋を私は負けたのか!!
キツイ。あまりにもキツイ。せっかく愛ちゃんにいいところを見せるチャンスだったのに、それを活かせなかった…。頭頂部を見られたことも含め、ダブルのショックだった。

4回戦は、みんなバタバタ負けた。唯一、大将のShin氏が気を吐き、対穴熊の将棋を快勝した。しかし1勝6敗でチームは敗れ、トータルで1勝3敗となった。まさかこのメンバーで負け越すとは…。せめて私が3回戦で勝っていれば2勝2敗で、これはまだ昇級を狙える位置となり、だいぶ景色が違っていた。
さて、打ち上げである。参加者はHon監督、Shin氏、Tod氏、Hos氏、私。佐藤氏も加わって、最終的には7人となった。
場所は浅草寺から少し歩いたところにある「土間土間」で、昨年と同じだ。3時間飲み放題コースを注文した。
みなが生ビールを頼み、まずは乾杯。私は喉が渇いていたので、旨かった。
今日はアマ竜王戦の決勝トーナメントがあり、佐藤氏も観戦してきたらしい。「みんな将棋を見たいだろ」と、古作登―中川慧梧戦を並べる。「ここでどう指したか」「ここで次の手がいい手だった」と解説付きで並べてくれるのだが、私は3回戦の負け将棋が脳裏に渦巻いていて、心ここにあらずだ。
やがて、みなが今日指した将棋を佐藤氏が添削してくれることになり、私も見せた。
まず八王子戦は、終盤△5四銀の局面で、▲6五歩(参考1図)があったという。そこで△7四金なら▲5六玉で先手よし。
この組み合わせは見えなかった。

さらに白門戦は、終盤▲4五飛に△同銀と取るべき、とのことだった。以下▲同馬△3四歩▲4四歩なら、△3三金(参考2図)と耐える。

そうか…。私は△3三金が読めなかった。以下▲4三銀なら△2一玉。先手の追撃が一手すけば、後手は△4九角成▲同銀△同竜があり、こうなれば後手勝ち。▲4三銀を打っていなければこの時▲6五角の王手竜があるが、その時は竜を先に切ればよい、とのこと。
なるほど確かにそうで、まあ▲4四歩では▲4四銀もあるから私が明快に勝ちではないが、それでも▲4五飛には断乎△同歩と取らねばならなかった。
この後は、Hos氏の王手放置の将棋も見せてもらう。相手の△3七竜を△4六竜とした手が▲4九玉への王手で、これを見落として負けたという。
Hos氏は残念だったが、真剣勝負だからポカが出る、ということもある。この次頑張ればいいのだ。
最後はTod氏の将棋をつつき、終盤の寄せ合いを勉強した。
というところで、長かった1日が終わった。皆さまお疲れさまでした。
私の次回参加は難しい。とにかく将棋がダレていて、話にならん。このままフェードアウトしそうな気がする。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪夢の社団戦2017(3) | トップ | 第29回将棋ペンクラブ大賞発表 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (佐藤啓)
2017-07-18 04:18:20
(誤)古作登-稲葉聡
(正)古作登-中川慧梧
たいへん失礼しました (一公)
2017-07-18 08:43:05
>佐藤啓さん
たいへん失礼しました。
今後気をつけます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。