一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

今朝見た夢(2017.01.25)

2017-01-25 20:54:08 | プライベート
今朝見た夢を記しておく。
私は福岡県の古本屋にいた。古本屋といっても店内はなかなかに豪華で、絨毯張りに重厚な木目の書棚が設えてあった。
陳列されている古本はどれも古かったが、その中の1冊をW氏―だったと思うのだが―が取り出し、これがいいよと勧めてくれた。
藁半紙でできた粗末な冊子で、裏表紙に鉛筆で大きく「14,000」と書いてあった。これが値段なのか、もとの所有者の落書きなのかは分からなかった。
このあたりで私はウトウトと目が覚めた。でも夢のつづきを見た。
別の書棚では、Shin氏と佐藤氏―だったと思う―が、週刊少年サンデーの切り抜きの一部を見ていた。私も覗き込むと、それは水島新司「一球さん」の新連載で、佐藤氏は「読んだ記憶がある」と興味深そうだったが、私もコミックスを持っていたのでよく知っている。この値段は分からなかった。
表に出ると真夜中で、そこは福岡県のはずなのに、沖縄県石垣島のバスターミナル付近の一角だった。そこに何かの民族衣装を着た中国人の団体が、ぞろぞろ歩いていた。目を他に転じると、そこにも中国人がぞろぞろ歩いていた。
…というところで、もう眠れなくなった。

なぜ豪華な古本屋が出てきたか。古本屋はともかく、書棚は残像があった。
先日雑誌を整理したのだが、その中に2年前の「FLASH」があって、中を見るとミスDJの千倉真理が、書棚の前でにっこりほほ笑んでいた。彼女は2015年現在「千倉書房」の役員をやっていて、写真はその役員室?で撮られたものと思われる。その絵がそのまま、夢に出てきたのだ。
最近は物損事故に加えて会社廃業がほぼ決まり、私は精神的にいっぱいいっぱいなのだが、夢の中でも陰鬱な雰囲気がある。
あぁ、キツイ…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝見た夢(2017.01.22) | トップ | 中倉宏美女流二段は、女優の... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。