一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

三浦九段の竜王戦不出場に思うこと

2016-10-14 22:31:51 | 将棋雑考
将棋ブロガーとして、このことを避けて通るわけにはいかない。
三浦弘行九段が将棋ソフトカンニング疑惑により年末まで出場停止になり、15日からの竜王戦七番勝負が自動的に不出場になった。
先日たまたま片上大輔六段のブログを読んだのだが、奥歯にモノの挟まった物言いが気になった。それはこのことを言っていたようだ。タイトル戦第1局の3日前に挑戦者が代わるなど前代未聞。棋士の不正、という意味でも最大級の不祥事といえよう。
そこで改めて思い返すと、竜王戦の準決勝・久保利明九段戦、決勝三番勝負第3局・丸山忠久九段戦は、三浦九段の神懸かり的な勝ち方だった。
対久保九段戦では、苦戦と思われた将棋を△6七歩成と踏み込んで、驚異の一手勝ちを収めた。
また丸山九段戦では△8六歩の突き捨てを放置して▲5四歩と踏み込み、これも鮮やかな勝利。まさに鬼神のような強さで、これがプロの将棋か、と私は唸ったものである。
ところがどっこい、これらがソフトの推奨手だった可能性がでてきたわけだ。
ちなみに先日のA級順位戦・渡辺明竜王との一戦も、三浦九段の快勝だったという。これもソフト使用が疑われている。
三浦疑惑の柱の一つに、対局中の頻繁な離席、があったらしい。終盤の難しい局面でも、盤の前に20~30分いなかったという。
指し手の確認はスマホで行ったとされるが、そもそもスマホに将棋ソフトがインストールできることを私は知らなかったし、それが棋士並みの強さであることも私には驚異だった。
話を戻すが、私は盤の前から人がいなくなるのを好まない。かつてLPSA芝浦サロンで石橋幸緒女流四段(当時)に指導対局を受けた時、石橋女流四段があまりにも頻繁に席を外すので、気分を害したことがあった。
また数か月前の大野教室でも、やる気が感じられない小学生に気分を害したことがあった。私はけっこう短気である。
やっぱり将棋を指す時は、それなりの態度で臨まなければいけないと思うのだ。1手ごとに席を離れるなんて、ましてや終盤の緊迫した局面で席を離れるなんて、将棋を指す健全な姿勢ではないと思う。
ちなみに石橋女流四段との将棋は、終盤で石橋女流四段に妙手を指され、私は痛い負け。相手は全然盤の前におらず、私はその間ウンウン考えていたのに、軽くひねられたわけだ。二重の意味でカリカリきた。
私のとはレヴェルが違うが、渡辺竜王や久保九段も、似たような心境だったのではなかろうか。相手が目の前にいないのに、戻ってきたら妙手を指される。これで負かされたら憤懣やるかたない。
もう一つ驚くべきは、将棋ソフトの信頼性である。仮に三浦九段がカンニングをしたとしても、その手が正着でなければ、指す意味がない。しかしソフトの推奨手は、ことごとく正着だったようである。
もはや将棋ソフトは、ここまで強くなっているのだ。ひょっとしたら渡辺竜王らは、図らずもソフト相手に対戦したことになるのかもしれない。
それにしても分からないのは三浦九段だ。三浦九段は20年前、羽生善治七冠の一角を崩し棋聖を獲得、一躍時の人となった。そして現在も順位戦A級と竜王戦1組に所属する一流棋士である。ソフトに頼らなくたって、読みの入った手は指せるだろう。
これが私の手だ、と天下に知らしめるのが醍醐味なのに、それを放棄したら棋士が指す意味がない。第一、カンニングして指していても、おもしろくないだろう。
三浦九段が「クロ」と確定したわけではないが、連盟だって何の証拠もなく三浦九段を追及したりしないだろう。三浦九段には悪いが、やっぱりカンニングはあったんじゃないか、と疑わざるを得ない。
規定通りなら、三浦九段は来年から復帰する。三浦九段が疑惑を払拭したいなら、三浦九段らしい将棋で白星を重ねていくしかない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過去記事を推敲する | トップ | 竜王戦第1局(1日目)、その他 »

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
竜王戦・挑戦者交代!! (ちょっこし正義の味方)
2016-10-14 22:37:27
これは激震ですよぉ・・・対局中に度々離席でスマホ操作って・・・本人は『ぬれぎぬ』と言ってますが・・・A級棋士が本当にこんな事するんでしょうか・・・連盟も疑いだけで処分とは早過ぎませんか・・・竜王戦が始まるこのタイミングで、タイトルマッチで相手が代わるなんて・・・竜王にも失礼な気がしますが・・・それとも疑いが濃厚って事なんでしょうか・・・。。。
残念 (一公)
2016-10-14 22:43:10
>ちょっこし正義の味方さん
これは史上最大の事件になりましたね。
棋士の存在意義の根幹にかかわることです。
私は「クロ」と疑っています。もしシロだったら、いくらでも謝ります。むしろ、謝りたいです。
Unknown (どうなんでしょうね)
2016-10-15 12:03:26
はじめまして。
出回ってる情報だけだとクロかどうかは微妙な線じゃないかなぁと…。
ソフトと指し手の一致率も、実際スマホに搭載可能という理由で有力と言われてる「技巧」あたりで検証してみると言うほど高くないんですよね。もともと技巧のようなプロ棋士の棋譜から学習したタイプのソフトだと勝った側の一致率は7~8割位あるのが普通ですし、問題とされている手も幾つかを除いて特に一致してるってわけでもないです。むしろ長考後に指された手は-300とか-400とかの悪手評価だったり(手元検証)
一致した手でも、△6七歩成は劣勢を覆した逆転手と見るか、元々目標手であって指し手が優勢であると考えてたかで評価も変わってくると思います。(ちなみにソフト評価だとこの局面になる以前から+1000ほど三浦さん側優勢との評価)

連盟はこういうことに関しては結構チョンボするので、連盟の言うとこの確信っていうのが世間一般に通用するソレかどうかは正直どうだろうなあ…と。以前からいざこざも多かったけど、特に電王戦追いかけてるとプエラの伊藤さんとの裁判ややねさんとのいざこざなど、ちと常識を疑うケースも散見されますし、クロ認定してる棋士っていうのも以前から個人的に三浦九段と仲が悪いという噂のあった人が多いので…うーん。もちろんクロの可能性もありますけど、個人的には連盟大チョンボじゃないかなと思ってます。
不出場とソフト指し問題との微妙なずれ (T)
2016-10-15 16:42:59
マスコミの報道の仕方が悪いのか
今の事態を微妙に事実と異なる解釈をしている方が
多いと感じます。

不出場を含めた休場はあくまで元挑戦者が決めた事で
連盟の処分は休場届を提出しなかったことによるペナルティである
というのが現時点での解釈として正しいのではないかと思います。

「実質的には不出場の流れを作ったのは連盟じゃないか」と
ツッコミたくなる気持ちもわかりますが、
例え建前であっても、細かい部分を正確に理解しておかないと
今後、新たな展開が起きたときに状況を正確に捉えられなくなると
個人的には思っています。

ソフト指し疑惑については、あくまで不出場と区別して捉える必要があると思います。

実は、疑惑の対象となったと推測される10/3のA級順位戦の渡辺対三浦戦の棋譜を
問題が報道される前に見ていました。

今までの定跡と異なり、序盤からかなり思い切った仕掛けでした。
見終わった後に少し違和感があったのは覚えています。
今まで知っていた三浦九段の棋風とは少し違うような気がしたので。
その後、まさかこんな展開になろうとは想像できるはずもありません。

確かに序盤の仕掛けといい、ソフトっぽいと言えばそんな気もします。
しかし、最近は研究段階でコンピュータの指し手を取り入れる棋士も増えています。
序盤についてはソフトを使用した研究とも言えるので
人間の手かソフトの手かの境界線は微妙です。
ソフトの指し手と一致しているからといって、
それだけでは証拠にはなりませんから。
しかし、あくまで個人的な心象としては、グレー~黒の間といったところです。

今、行われている竜王戦第1局で丸山九段がその将棋と全く同じ仕掛けをしたのは
かなり興味深く、何らかのメッセージを感じます。
それが何なのかは計り知れませんが。

結果論ですが、コンピュータが人間と対等以上に戦えることがわかった時点で
将棋連盟はもっと厳格な対応をするべきだったと今は思います。
でも、将棋の世界は性善説で成り立ってきた歴史からすれば難しい判断です。

今は将棋プロ関係者以外の第三者が何を考え、何を言い、何を思っても
状況は何も変わりません。
全てが憶測に過ぎないのですから。

今後、どれだけ正確な情報が明らかにされるか解りませんが
現時点では疑惑があるとしか言えません。

様々な情報に流されることだけは避けたいですね。
相変わらず閉鎖社会体質 (田楽)
2016-10-15 18:51:48
 最初は、この件について何か書く気力が湧きませんでしたが、第1局も始まり、今後沈静化していく段階になって、多少、書く気になりました。
 徒然なるままに、散漫な印象を。

 対局中のソフト利用については、何年も前から渡辺竜王は、何らかの規制ルールが必要と書いていましたね。
 おそらく、ソフト利用が勝敗を分けるポイントになりうるだろうと看取していたのでしょう。
 私も同感でした。

 最近になって、12月から、規制ルールが適用されると発表があり、これは何らかの事態が進行しているなと感じました。

 竜王戦直前になって、さらなる進展があったわけです。前哨戦となった、直前の順位戦がきっかけだったと想像します。

 報道されている、昨今の数度の終盤での席外し、個室篭りは事実なのでしょう。

 ソフト利用が事実だとしても、ソフト推奨の手を採用するかは、必然ではなく、あくまで参考に留まると考えるのが、常識的と考えます。
 それでもソフト利用ではあるわけですが。

 世間の耳目を集めると容易に予想される今回の件について、連盟の発表内容は、将棋界の外にいる私にとっては、はなはだ拙劣に見えました。

 2時間かけたと発表されている聴取のやり取りを公表すればよいのです。

 終盤に個室にこもる理由が体を休める為というなら、それほどまで体調が悪いのか(升田が寝転がりながらタイトル戦を戦った時ほど、体がつらいのか)、あるいは、以前はそうではなかったのだろうから(7冠から棋聖を奪取した時を思い起こすと、・・・)、いつからそれほど体調が悪くなったのか、尋ねたのでしょうか?

 あの極めて不充分なマスコミ発表と、1月からの復帰に期待するなどというコメントは、いかにも閉鎖社会での模範解答のような気がします。

 外に対して、不信感が積み上げられていっただろうことは、眼中にない、あるいは軽視するという、閉鎖社会性を感じました。

 蛇足ですが、石橋事件の時の、対応当事者の悪辣さとは、次元が違うと思いますけど。
一言だけ云わせてください (ちょっこし正義の味方)
2016-10-15 23:10:14
自分が不思議に思っているのは、三浦九段は『ぬれぎぬ』とおっしゃってるんでしたら
堂々と竜王戦に出て自分の手法で渡辺竜王を負かして実力を示せばよかったんですよ!あとは並行して本人がスマホのアクセス履歴を通信社から取り寄せて開示するとか、一目瞭然で解決すると思われますが・・・
『潔白』に自信があれば竜王戦を放棄する理由はないと思います。
正々堂々とタイトル戦に臨んでほしかったです!
難しい問題 (一公)
2016-10-16 14:14:35
>どうなんでしょうね さん
はじめまして。どうなんでしょうねさんの考え方ももちろんあります。実際、連盟のやり方も慎重さを欠いた感があります。
大山先生や米長先生が存命だったら、もう少しうまく対処したんじゃないでしょうか。

>Tさん
不出場の経緯については、Tさんのおっしゃるとおりですね。ここは正確に把握したいと思います。
私たちが知りたい情報は不足していますが、今後は新たな情報は出ない気がします。
このまま何となく収束してしまうんでしょうか。

>田楽さん
12月から規制ルールの適用とのことですが、いますぐできないんでしょうかね。何の障害もないと思うんですけど。
三浦先生は病弱な感じはしませんが、どうなんでしょうか。

>ちょっこし正義の味方さん
おっしゃるとおりです。本当にシロだったら、聞き取りのとき一笑に付して、そのまま竜王戦に出場すればよかったと思います。
よいことだ (田楽)
2016-10-18 20:13:23
 三浦の反論が出ましたね。

 私は、このままウヤムヤでおわるのではないか、連盟の体質変わらず、という趣旨で前レスを書きましたが、この予想ははずれたようです。

 三浦が、無実なら、あるいは、連盟判断が拙劣過ぎるなら、それは白日の下にさらけ出されるべきだと思います。
 そのくらい将棋連盟というのは、公の団体であるべきと考えるからです。

 三浦が無実なら、是非無実を勝ち取って欲しい。

 伊藤さんの将世記事裁判では、連盟実質敗訴。
 武者野ソフト裁判でも。

 連盟は、もっと開かれるべきだと思います。
追記 (田楽)
2016-10-18 23:53:59
 NHKが震源なのですかね。日曜に三浦・橋本の放映があるので、疑惑棋士のままではまずいという事ですかね。
想像ですが。

 NHKのインタビューというのは、あったのかどうかは知りませんが、取り上げたのはかなり早かったですね。

 三浦弁明文書は、弁護士が関わっているのでしょう。当然といえば当然だと思いますが。
反撃 (一公)
2016-10-19 00:59:23
>田楽さん
三浦先生が反撃に出ましたか。いいことです。
ただ欲を言えば、最初の事情聴取の時に弁明してほしかったですね。
もし三浦先生がシロなら、理事会は総辞職でしょうね。そして私もブログを休止する、と。

NHKのインタビューとのことですが、田楽さんの読みはいいところを衝いているんじゃないでしょうか。
とりあえず来週のNHK杯は必見ですね。
事情聴取 (田楽)
2016-10-19 12:42:17
 最初の事情聴取のときに、2時間とか報道されていましたか、三浦は証拠写真を提出して、無実を主張したと、そして執行部は殆ど無視したと、そのように三浦反論文書に書いてあったということですね。

 席を外して、棋士控え室、桂の間でしたか、そこで横になっていたと。他にはトイレに云っていたと。具体性が出てきました。

 対局日に体調が悪い日もあったという目撃情報は別途あるようです。全対局日かどうかは不明ですが。

 釈明文書としては、よく出来ていると思いました。おそらくは、弁護士経由ですから当然だと思いますけど。

 次の一手は、執行部が指さねばなりませんね。
あの文春が (田楽)
2016-10-19 19:36:57
 明日発売の文春に渡辺発の記事が掲載されるようですね。一部公開のネットで見ました。

 このような事実提示は、連盟執行部が発するべきことであり、当事者の一人と見られる棋士が週刊誌で発表せざるを得ない事態に追い込まれ(私の想像)公表されるのは、連盟のある種無能さが示され、よろしくないと思います。

 とはいっても、執行部としてはこれまでの慣習というか慣例というか、ある種伝統、それにそって解決したつもりでしょうから、一概に責められるものではないとも思いますが。

 しかし、ダメでしょう。猛省していただきたいですね。
藪の中 (一公)
2016-10-20 23:50:28
>田楽さん
三浦先生の証拠写真提出ですか? 写真にどれほどの効力があるんでしょう。
文春の記事はわたしは読んでいないんですが、どのくらい信憑性があるのでしょう。
芥川龍之介の「藪の中」を想起しました。
湯川御大 (田楽)
2016-10-21 03:17:04
 文春と新潮、何十年ぶりかで2冊買いました。

 文春は、一応読むに足る事実が書いてありました。.
ただ、告発側の立場で、書かれており、事実誤認もしくは、都合の悪い事実を伏せるなどがありそうにも感じました。。
 羽生の言については、羽生本人がツイッターで、趣旨を修正していましたね。

 新潮は、文春に比べ、事実の厚みが少ないように感じました。

 湯川御大の出演は、たまたま目にしました。
御茶ノ水にいいようにいじられていて、気の毒にも見えましたが、所詮バラエティーですから。
 良識的なことを話していたように思います。
 
文春と新潮 (一公)
2016-10-21 21:20:30
>田楽さん
文春も新潮も、ほかに読みたい記事があれば買うんですがねー。
羽生発言もそうですが、内容は書き手によって変わりますからね。どこまで真相が示されているか…。
湯川先生は、お疲れさまでした。
スマホ調査容認 (田楽)
2016-10-21 23:19:22
 三浦がスマホも信頼できる機関へ、なら提出する用意があると、公表したようですね。
 どいうことになるのでしょうか。

 私としては、ここまで問題が大きくなると、徹底的に検証して白黒決着をつけなければ、納得がいかない気がします。最終的には、それが両者の名誉を守る事になると思います。

 検証できればよいと思いますが。
 
新事実 (一公)
2016-10-21 23:34:21
>田楽さん
スマホのほかにも、いろいろ新事実が出てきましたね。
もう、竜王戦七番勝負どころではない感じです。
推定無罪 (ブルーベリー)
2016-10-25 18:57:12
三浦九段だけが真実を知っています。
「私は不正をしていません」という言葉を信じたい。
渡辺氏は自分の意見が通らなければ、竜王戦を不出場すると口にしたそうです。
連盟はこの脅しに屈して三浦九段の不出場を決めました。
現時点では不正は確定してません。
思い込みだけで三浦九段の名誉を傷つけた行為は許されません。
竜王戦終了後、渡辺氏にも同等のペナルティを与えなければ公平さに欠けます。
不正疑惑の決着が付いたら、敗者は将棋界を去ることを望みます。
「Mの悲劇」の次は「Wの悲劇」が起こるかも知れません。
うまい (一公)
2016-10-25 22:10:51
>ブルーベリーさん
これねぇ…。渡辺先生から仕掛けたらしいですねぇ。
不可解なのが読売新聞の対応なんですよ。挑戦者が代わるという一大事を、読売が容認したということですよね。
ということは、渡辺先生の主張に納得したということではないですか?
とにかく分かりません。真相は藪の中。

「Wの悲劇」とは、うまいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。