一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

鈴木大介九段は、バイオリニストの葉加瀬太郎に似ている

2017-07-11 00:24:05 | 似ている
10日の昼食に魚を食べたら、味がしない。同じ魚を食べていたオヤジは「味がする」というので、怪訝に思った。
そういえば前日9日、棋友有志とカレーを食べた時、私はほとんど味を感じなかったのに、向かいのHon氏はふつうに美味しい、と言っていた。
私の場合、精神的に参っていると、味覚が麻痺する癖がある。
今回もその病気が発症したのだろうか。

   ◇

日付変わって今日7月11日は、鈴木大介九段の誕生日。おめでとうございます!!
その鈴木九段は、バイオリニストの葉加瀬太郎に似ていると思う。

葉加瀬太郎は1968年1月23日、大阪府生まれの49歳。
4歳からバイオリンを始め、中学2年の時バイオリンコンクールで入賞した。
東京藝術大学に入学後、竹下欣伸、斉藤恒芳らとミュージックバンド「クライズラー&カンパニー」を設立、1996年まで活動した。
以後、葉加瀬太郎は独特の風貌と才気あふれる音楽でファンを魅了する。代表作はTBS系で放送されている「情熱大陸」のテーマで、1999年の第39回目から採用され、現在に至っている。
なおYouTubeには「業務用」と称して30分間の情熱大陸のテーマがあるが、これを聴きながら残業をすると、仕事がはかどったものだった。
奥様は東大OGの高田万由子。「美女と野獣」の典型的なカップルである。
鈴木九段と葉加瀬太郎、パッと見は似てないようだが、葉加瀬太郎のもじゃもじゃ頭をストレートにし、ヒゲを剃れば鈴木九段にかなり似てくる。私たちは今まで、あの髪型とヒゲに騙されていたのだ。2人の声もよく似ているので、ぜひ確かめられたい。

鈴木九段は昨年の将棋ペンクラブ大賞技術部門で大賞を獲得し、その縁もあってか、今年の関東交流会にも参加してくれた。
将棋は師匠譲りで気風がよく、性格もサバサバしていそうだ。棋界内外に多くのファンがいそうで、私もあやかりたいものである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大内延介九段、逝去 | トップ | ▲7七角の乱戦を指してみた »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。