一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

2月4日の大野教室(前編)

2017-02-11 00:24:16 | 新・大野教室
4日(土)は午後から「ミスDJリクエストパレード~8116サタデーアップ!」を聴くか迷ったが、結局「大野教室」に行った。ラジオには「Radiko」があるからで、このシステムがなければラジオを聴いていた。
川口の教室には1時25分ごろ入室する。大野八一雄七段は5面指しの真っ最中。その奥でも生徒が対局をしていた。
私はW氏に8,500円を払う。今回と次回の2回分で、月謝として前払いすれば、2回目の分は500円安くなるのだ。
和室に入ると、岡井奨励会三段が指導対局を行っていた。植山悦行七段が大野教室のレギュラーから離れ、現在は岡井奨励会三段がセミレギュラーとして指導にきている。会うのは久しぶりだ。
対局者がおらずしばらく待ったが、Hos氏が空き、私と指すことになった。
通常は私の駒落ちなのだが、「支部対抗戦が迫っているので、平手」で指すことになった。
これじゃあ勝負にならんだろうと思いきや、意外といい勝負になるのが将棋の不思議なところである。ちなみに今年の支部対抗戦埼玉県予選は、12日。私はその頃、さっぽろ雪まつりを満喫しているはずだ。
Hos氏は居飛車。▲2五歩を早く決めてきたので、私は向かい飛車に振った。
Hos氏は棒銀を取り、▲3七桂と跳ねる。しかしこれでは▲3五歩と突きにくくなった。
Hosは▲4五歩から攻める。だが△同歩▲3三角成に△同金と取ったのが私のミスだった。Hos氏は▲3一角から馬を作り、これが手厚い。
私は△6四角と角の活用を図ったが、数手後▲5五銀と角を殺されて、さすがにここでは不利を自覚した。
しかしよくなってから勝ち切れないのが下手の弱みでもある。私の頼みは下手のふるえと時間切迫で、まだ私は諦めていない。
粘っているうち形勢が接近し、加えてHos氏は秒読み。Hos氏が勝手に転ぶ感じで、最後は私が勝った。
すぐに対局…といきたいところだが、相手がいない。W氏もどこかへ出かけたみたいだ。
ほかに将棋を終えた人もいるが、私が勝手に手合いを付けるわけにはいかない。20分ほど待つとW氏が戻り、Taga氏との対局を付けてくれた。
Taga氏とも平手。Taga氏の先手で、▲7六歩△3四歩▲6八飛。ここで私は△4四歩。角交換はさせないのである。
私はもちろん居飛車を選択。このあたりで玉の囲いは決まってなかったのだが、今回は気分を変えて穴熊に潜ってみた。だが指し方がよく分からず、△4二銀型なのに△5一角と引いてしまった。
先手は仕掛けるならこの辺りだったが、見送ってくれたので私が十分の形勢になった。
数手進んで、▲6八飛、△6二飛・6六角の局面で、私の△6七歩に対し、Taga氏が▲同飛と取ったのが大悪手。私は△3九角成として、▲同金△6七飛成まで、一瞬で私の勝ちが決まった。
Taga氏は三段の免状を持っている猛者だが、このくらいの筋は読んでもらわないと困る。
私はといえば、松尾流四枚穴熊が手つかずのまま終わったが、何となくしっくりこない。雑な言い方をすれば、将棋を指した気がしなかった。やはり私は穴熊に向いていないと思う。
ここで3時休み。土曜日は級位者の日なので、ここで講座があるはずなのだが、とくになかった。もっとも土曜日も有段者ばかりである。
何となくみんなで雑談して、3時50分ごろ対局再開。3局目はSar君との対局となった。
Sar君は中飛車採用率100%で、で猛烈な攻め将棋を得意としている。縁台将棋の趣すらあるのだが、その将棋に私はてこずり、今まで1勝しか挙げていない。とにかく私にとって強敵である。
私の先手で、当然居飛車VS中飛車の戦いになった。私は鳥刺し戦法を採用する。Og氏から教わったもので、私の切り札だ。
果たしてそれが当たり、序中盤で私の大作戦勝ち。Sar君は指し手に窮し、△7一玉~△8二玉や、△5二飛~△5一飛の手待ちを繰り返す。不思議なのは△8四歩から△8三銀の構築をしないことで、Sar君は平美濃こそ最強の囲いと認識しているのだろう。
私は有利、優勢、そして勝勢にすらなったと思う。とにかくどう指しても私がよくなって、相手に申し訳ないくらいだった。

迎えた部分図。ここで▲6一飛成△同銀▲9三金を考えた。これで詰んでいそうだが、飛車を渡したので詰まし損ねると反動が恐い。それで▲9三金から入った。
ところがSar君は△7一玉。ここでは私は秒読みで、慌て気味に▲2二飛と打ったが、やや響きが薄い。
だが自陣に迫る敵駒は小駒が3枚。寄せ合いにもなっていないからこれでも私が大優勢で、さすがにこれは私のものだろう。
だがこの将棋を私は負けた。
(14日につづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第15回・私が勝手に選ぶ女流... | トップ | 今朝見た夢(旭川編) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これは。。 (通りすがり)
2017-02-11 01:09:15
この将棋を負けると勝てる将棋がないです。。
同意します (一公)
2017-02-11 22:59:43
>通りすがりさん
おっしゃるとおりです。
まったく、ひどい将棋にしてしまいました…。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。