一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

第29回将棋ペンクラブ大賞・最終候補作、決まる

2017-06-20 00:04:39 | 将棋ペンクラブ
LPSA麹町将棋サロンin DISの22日の第2部は、中倉宏美女流二段の担当。
先日まで1席残っていたのでよほど申し込もうと思ったのだが、グズグズしていたら埋まってしまった。
私は今精神的に最悪で、こういう時こそ宏美女流二段の平安顔に癒されたかったのだが、叶わず。
いつの時も私は決断が遅く、それで損ばかりしている。

   ◇

第29回将棋ペンクラブ大賞・最終候補作が当局から発表されたので、お知らせする。


【観戦記部門】

大川慎太郎 第30期竜王ランキング戦1組1回戦 糸谷哲郎―藤井猛 読売新聞

先崎学 第65期王座戦2次予選 三浦弘行―先崎学 日本経済新聞

内田晶 第41期棋王戦五番勝負第4局 渡辺明―佐藤天彦 共同通信

田中幸道 第88期棋聖戦1次予選 中田功―都成竜馬 産経新聞

北野新太 第66回NHK杯将棋トーナメント2回戦 行方尚史―永瀬拓矢 NHK将棋講座


【文芸部門】

後藤元気・編「将棋観戦記コレクション」(筑摩書房)

安次嶺隆幸「将棋に学ぶ」(東洋館出版社)

中原誠「私の履歴書」(日本経済新聞)


【技術部門】

及川拓馬「全戦型対応!絶対に覚えたい 将棋・囲いの守り方110」(マイナビ出版)

石川陽生「三間飛車名局集」(マイナビ出版)

神谷広志「禁断のオッサン流振り飛車破り』(マイナビ出版)

戸辺誠「石田流を指しこなす本【持久戦と新しい動き】」(浅川書房)


以上である。観戦記部門では、今年はこれがいちばんかなあ…と思った作品が最終選考に残った。また、私が応援しているにもかかわらず「良」とつけた観戦記者の作品も、最終選考に残った。
文芸部門では、読んだ瞬間に「優」をつけたのに、いろいろ考え過ぎて、投函当日に「良」に変えた作品が、最終選考に残った。
なんだかんだ言っても、気になった作品が残ればホッとするものである。
最終選考会は7月15日(土)に行われるとのこと。観戦記、文芸とも、どれが大賞になってもおかしくない。発表を楽しみに待ちたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月3日の大野教室(後編) | トップ | 6月4日の4時から男(前編) »

コメントを投稿