一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

かりんの▲3九歩

2017-08-14 01:57:10 | 愛棋家
NHK-Eテレで毎週日曜日に放送されている「将棋フォーカス」は、将棋講座の部が室谷由紀女流二段の進行なので、毎週録画保存している。
まあ由紀ファンなら当然の行為だが、そんなわけだから、いつでも観られる将棋フォーカスは、リアルタイムで観なくなってしまった。
しかし13日はビデオデッキのHDD容量がなくなって、録画できなかった。もっとも将棋フォーカスは木曜日に再放送があるから問題はないのだが、そんなこともあって今回は、途中からリアルタイムで観た。

船江恒平六段の詰将棋が終わると、乃木坂46・伊藤かりんちゃん進行の特集で、今回はかりんちゃんの「武者修行三番勝負」だった。
舞台はNHK文化センター青山校で、ここはたしか植山悦行七段が講師を務めているところだ。
果たしてそうで、VTRでは植山七段の姿が見えた。野月浩貴八段の姿も見え、現在は野月八段も講師に加わっているようだ。
今回は野月八段立ち合いのもと、かりんちゃんはここの生徒と三番勝負をするらしかった。
さて対局。1局目(対女性)はやや苦しめの将棋に見えたが、かりんちゃんの勝ち。
2局目(対女性)はさらに苦しく、これはかりんちゃんが負けたと思った。
が、△4九竜と迫られた手に対し▲3九歩と金底の歩で受けたのがかりんちゃんの好手。これが相手の動揺を誘い、相手の悪手に乗じて逆転、素早く寄せて、かりんちゃんの勝利となった。
3局目は実年の男性で、教室の最強者だという。これはかりんちゃんも厳しい手合いに思えたが、相中飛車から終始気持ちよく攻めたようで、殊勲の銀星となった。
終わってみれば3連勝で、これはかりんちゃん、お見事だった。
振り返って私が感心したのは、2局目の「▲3九歩」である。「金底の歩、岩より固し」と格言は教えているが、実際に指せる人は意外に少ないものだ。昭和54年5月24日に指された第18期十段戦リーグ・▲米長邦雄九段VS△大山康晴十五世名人戦で、米長九段が▲6一竜と入った手に大山十五世名人が△7一歩と打ち、先手の攻めをピタリと抑えて快勝したことがあったが、あの局面を想起した人も多かったと思う。
野月八段も述べていたが、プロが評価するのは、快勝した将棋より、苦戦を逆転勝ちした将棋だと思う。今回かりんちゃんは苦戦になっても粘り強く指し、実に強かった。
将棋というのはイヤイヤ勉強しても強くならないから、かりんちゃんはふだんから自発的に研鑽を積んでいるのだと思う。
野月八段は最後に「このぶんなら有段ももうすぐ」と述べていたが、まったく同感である。このままメキメキと実力を付けて、かりんちゃんには芸能界の女流名人になってもらいたい。応援しています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬の北海道旅行2017(4) | トップ | 第16回・私が勝手に選ぶ女流... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。