一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

羽生王位の指し手に唸る

2016-09-14 21:27:58 | 将棋雑記
12、13日は、第57期王位戦七番勝負第6局。ここまで羽生善治王位2勝、挑戦者の木村一基八段が3勝である。木村八段には失礼ながら、まさか挑戦者が王位をカド番に追い込むとは思わなかった。
だが1つの勝ち越しなどアドバンテージにはならない。木村八段には同棋戦で3連勝4連敗の忌まわしい過去があり、本当の勝負はこれからと思っているに違いなかった。
むろん羽生王位もそれは同じで、そういえば王位もまた、過去に3連勝4連敗をやらかしているひとりであった。

第6局は角換わりになったが、後手の羽生王位が途中で右玉にスイッチし、おもしろい戦いになった。
羽生王位は4筋の歩を換え、左銀を5三につける。この構え、羽生王位が例の3連勝4連敗をやらかした第21期竜王戦の第1局に現れたもので、その将棋は羽生挑戦者の名局といわれている。
2日目、木村八段は▲2四歩△同歩▲同角。ここで羽生王位は△2七歩と叩いたが、これが素人目にもよさげに映る好手だった。
私の実戦で、ゴキゲン中飛車相手に角交換後▲2四歩△同歩▲同飛とやったことがある。
その直後に△2七歩が見えて青ざめた。これを▲同飛は△3八角。捨て置いても△2八角で桂香取りが受からない。実戦は後手が緩んだので私が幸いしたが、ともかく私クラスでも、2筋の歩を交換したときは、返し技を警戒する。
むろん木村八段だって、この筋は百も承知だったと思える。だって終盤の20手先の変化ならともかく、まだ中盤の入口である。▲2四歩△同歩▲同角はワンセットだから、実質次の一手みたいなものだ。この手を見落とすはずがない。もし指導対局などで後手番を持っていたらノータイムで△2七歩と打ち、「その歩交換は危険なんです」の一言でも付け加えそうではないか。
だが正副立会人の屋敷伸之九段、佐藤紳哉七段にはこの筋に触れず、ツイッター解説の畠山成幸はちらっと触れたものの、切り捨てていた。そして対局者の木村八段といえば「怪訝そうに眉根を寄せ」たというから、やはり軽視していたのだ。
してみると、私が「△2七歩を警戒する」と考えたのは譜の進行を見たからで、たとえば△6五歩とでも進行していたら、△2七歩には思い至らなかったかもしれない。
▲2九飛に△4八角。控室の予想は△4八歩だった。このあたりから控室の予想と王位の指し手が違ってくる。
数手進んで△5七桂成が鮮烈だった。たとえばここに▲5七歩があれば、歩を食いちぎって桂成、は思いつきそうである。だが空成は気付きにくい。
さらに△5六金予想で△3七金。これもソッポに行くだけに気が付かない一手だ。
このあたりの羽生王位の指し手には本当に唸らされる。私レベルの棋力だと、奨励会6級もタイトルホルダーでも、その強さの差異は分からない。だが羽生王位の指し手は、並み居る棋士が当たらない。もちろん羽生王位の指し手のほうに感心するわけで、こうした手が積み重なれば、やがてそれが勝敗に直結するだろう。表現がアレだが、ここが史上最強の棋士と並の棋士との違いといえようか。
もし将棋が強くなりたかったら――。羽生三冠の将棋を並べるのがいい。一局のうちに、自分の思いもしない手が必ず現れる。今回の王位戦は本当に勉強になった。

というわけで私は、最終第7局を楽しみにしている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 連盟HPリニューアル | トップ | 今日15日は、室谷女流二段VS... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実現するでしょうか? (ちょっこし正義の味方)
2016-09-15 13:49:52
史上最強の棋士と史上最年少棋士とのタイトル戦が早くみたいっす
逆ですね。 (三公)
2016-09-15 13:51:53
>ここまで羽生善治王位3勝、挑戦者の木村一基八段が2勝である。

羽生三冠と、木村八段の対戦成績が逆になっています。
返信 (一公)
2016-09-15 20:07:11
>ちょっこし正義の味方さん
以前、C級2組の棋士が羽生三冠に当たる可能性を検討したことがありましたが、相当むずかしかったです。
相当先の話ではないでしょうか。

>三公さん
ああっ!! ごちゃごちゃ書き直していて、間違えてしまいました!!
大変失礼しました。
両対局者はじめ、皆様ににお詫びします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。