一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

冬の北海道旅行2017(4)

2017-08-13 00:26:58 | 旅行記
買物公園までぶらぶら歩く。昨年、一昨年は会期の序盤にお邪魔したので、氷彫は制作中だった。やはり芸術作品は「完成品」を鑑賞するに限る。
公園の氷彫刻大会は力作ぞろいだった。定番といったらそれまでだが、中にはキラッと光る新機軸の作品もあり、つい歩を止めて見入ってしまう。ただし空と同化しているので、やや見づらい。夜にもう1回鑑賞したい。
駅前まで戻る。駅前のシャトルバスは11時30分があり、再びこれに乗って、常盤会場に戻った。
12時からはステージでHBCラジオの公開録音。柳ジュンと浅井未歩の登場である。
浅井未歩は旭川生まれで、札幌市在住の歌手。昨年もここで彼女の歌を聴き、私はミニアルバムも買った。
彼女は現在、「自分を見つめ直している」ところらしい。私も近い将来自分を見つめ直すことになるから複雑な気分だ。
浅井未歩は変わらぬ美声で数曲を歌い上げた。
続く柳ジュンは、出身地は宮城県だが、1995年より旭川の観光大使を務めている。旭川冬まつりといえば柳ジュンで、彼女の歌を聴くのも私のルーティーンのひとつだ。
今日もハスキーボイスで、「グッバイ東京」など数曲を妖艶に歌い上げた。


▲浅井未歩

▲柳ジュン

さらに車いすテニスプレイヤー・二條実穂が登場した。彼女は大工さんだったが、仕事中に事故に遭い、以後車いす生活となった。彼女はそこから一念発起、テニスに活路を見出した。私が同じ立場だったら事故後は落ち込む一方だったろうから、彼女のポジティヴな姿勢には畏敬の念を覚えた。
傍らのスペースでは気球が上がっている。こちらは有料で、大人2,000円、子供は中学生まで1,000円。私には手が出ない額である。
ステージの上部は右脇のスロープから登れるのだが、今はパイロンで封鎖されている。
13時からの第2部・爆笑ステージは、永野とホリの登場。私の感覚がおかしいのか、永野がなぜおもしろいのか分からない。もとより私はお笑いに興味はないので、昼食を摂るべくここを離れた。
ただ、ホリのものまねは上手かった。声だけ聞こえたが、それだけで誰を演じているのか分かったから。
買物公園に戻って昼食である。廃業した蕎麦屋が健在ならそこに入ったのだが、いまさらながらに惜しい。私は蕎麦が好きだが、買物公園近辺の蕎麦屋だけでも、もう3軒は潰れている。
シャレた軽食喫茶「家族亭」があったので、入る。中はオバチャン方でいっぱいで、テーブル席がひとつだけ空いていた。けっこう人気の店のようだ。
店頭にメニューがあり、その時からオムライス(620円)を注文すると決めていた。出てきたそれは確実に、定番の美味さだった。
店を出てぶらぶら歩くと、「森のコーヒー」なる喫茶店があったので、入る。店名のコーヒーがあったので、それを頼む(350円)。気になる店にふらりと入る。何だか「ぶらり途中下車の旅」みたいだ。
ふつうのコーヒーとの違いが分からなかったが、森のコーヒーは旨かった。
また常盤会場に戻るが、その途中にある古書店に入る。ここで何らかのマンガを買うのも毎年の定番だが、今年はこれといったものがない。マンガは諦め、「ついていったらこうなった」が100円で売られていたので、買った。
常盤会場のステージでは、ちびっ子諸君のダンスや、アニソンライヴをやっていた。
ひとしきり見たあと、私は常盤公園内の「旭川美術館」に足を運ぶ。今年は「色と形みるあそぶ・色と形のシンフォニー平面の魅力」(510円)と、「木の造形セレクション」(210円)の2本立て。2つ見て620円だからそうしたが、前者の催しはちょっと割高だった。
こんな感じで何やかやと、旭川周辺だけでも時間を食ってしまうのである。
常盤会場に戻る。冬マルシェの手前のプレハブでは、旭山動物園グッズを販売していたが、とくに買うものはない。ちなみに昨年は、とにかく明るい安村のグッズを販売していて、大混雑だったことを思い出す。
ステージでは動物戦隊ジュウオウジャーショーをやっていた。戦隊は向かって左からグリーン、ブルー、レッド、ホワイト、イエロー。ピンクがなく、ホワイトが入っているのは珍しいと思う。
たぶん彼らは撮影禁止だろう。
16時30分からは、「ミュージカル・ゆっきりん雪のシンデレラ物語」。旭川市のゆるキャラ、あさっぴーとゆっきりんの主演という異色作だ。
冒頭は舞踏会の場面から入るのだが、招待客は外国人もいて、踊りが玄人はだしだ。「本職」を起用したのかもしれず、旭川市、妙なところにカネをかけていると思った。
話は予定調和で進む。ミュージカルだから歌あり踊りありで、楽しい。最後はホロッとさせて、大団円だった。ゆるキャラのミュージカルは史上初?だったかもしれないが、なかなかの力作だった。





辺りはすっかり暗くなった。プログラムはさらに「HIPHOPダンスステージ」「YOSAKOIソーランin旭川冬まつり」と続く。どちらも冬まつりの定番である。
よさこいではもろ肌脱ぎの女性が現れた。これだけ動けば氷点下でも寒くないのだろう。不思議なもので、演者が踊りまくっていると、こちらも体が熱くなるのだ。
18時30分からは「極寒チア&弾丸チアPR in旭川」。チアってチアリーダーのことだろうか。
たしかにそうで、健康そうな太もも丸出しのチアが、戦隊ヒーローをバックに快活に踊った。



旭川冬まつり、大雪像は毎年いま一つだが、出し物はかなり力が入っている。
そして19時からはお待ちかね、「FANTASY NIGHT 2017~Semifinal“未来”へ~」。この目玉は打ち上げ花火だ。
(16日につづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬の北海道旅行2017(3) | トップ | かりんの▲3九歩 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。