一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

今朝見た夢(旭川編)

2017-02-12 00:09:44 | 
11日の未明と朝方に見た夢を記しておく。
私は珍しく、多くの女性と話をしていた。ただ会話はどこかチグハグで、内心ムッとしたこともあったがそこはそれ、とても楽しかった。
場面は変わってどこかの会社。裏庭に建つ年季の入った倉庫の屋根裏部屋の階段付近に、何人かいた。W氏、Fuj氏らが同僚で、W氏がいた気配があった。
話題はFuj氏のことで、最近あいつは会社を休みがちだが、精神を病んでいるのだろうか、という話になった。
「でも心配なのはあなたのほうよ」
と言ったのはその会社の奥様らしき人で、それは私に向けられたものだった。「この前役所から連絡があったわよ。30年前のバイトの件がばれそうだから。でも私が誤魔化しておくから」
私が30年前失職していた時、失業手当を受給していたにもかかわらず、バイトをしていた。
それが役所にばれそうになったが、奥さんが何とか誤魔化してくれる、そんな意味だった。
30年前の悪事ならもう時効だろう。そんなことまで追及してくるのかと思った・

…というところで何となく目が覚めた。スマホを見ると7時前である。布団から出てグズグズしていたのだが、11日は行程に余裕があったので、二度寝することにした。

そこで見た夢が、以下のごとくである。
場所はどこかの小劇場で私は舞台裏の天井裏みたいなところにいた。
舞台では「『ミスDJリクエストパレード』の歌のベストテンのコーナーに5週連続でベストテン入りした人は誰でしょう」というクイズをやっていた。
私はその答えに心当たりがあったが、思い出せない。ただつい声を出したら、ステージから指名されてしまった。私は名前の一部を答えたが、間違えていた。
正解は陣内智則で、舞台裏から私の横を通って登場してきた。近くに元AKB48の梅田彩佳がいた。私と同僚のようだった。
また場面が変わって、私は何人かの女性と話をしていた。華原朋美がいたので、
「朋美さんもミスDJをやればいいじゃない。まだできるでしょ?」
と言った。
これには華原朋美も苦笑いをするばかり。というのは、「朋美さんは大学4年生だよね」という私のジョークを読み取ったからだ。

…というところで、8時40分、スマホのアラームに叩き起こされた。
あ~、結局そういうことになるのか。私の夢はいつもつまらないものばかりだが、今回は面白かった。それだけに、もっと続きが見たかった。
もう少し設定時間を遅らせればよかったが、そんなに朝寝坊はできない。
でそれはともかく、夢でも続きが見られるんだと思った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月4日の大野教室(前編) | トップ | 他人事のよう »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご心配をおかけしております (Fuj)
2017-02-15 21:46:58
夢の中でもご心配をおかけして申し訳ございません。
ただ、私は精神は病んでおりません。普通に生活をしております。ただ、自分の信念に殉じようと思っているそれだけです。どこかでお話しできればと思います。フォローありがとうございます。
ご心配をおかけしております (一公)
2017-02-16 00:14:54
>Fujさん
こちらこそ私のことでご迷惑をお掛けしており、申し訳ありません。
私はあまりFujさんのことを心配していないので、気にしないでください。
Fujさんの信念で行動すればよろしいかと思います。

コメントを投稿