一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

7月13日のLPSA麹町サロンin DIS(中編)

2017-07-31 00:18:46 | LPSA麹町サロンin DIS

第3図以下の指し手。▲6五銀△同桂▲同飛△6三歩▲4六桂△8六角▲5四歩△5二金▲8五歩△7七角成▲同桂(第4図)

繰り返しになるが、今日も渡部女流初段の装いが素敵で、私は将棋半分、鑑賞半分だ。プロを相手にこの「ハンデ」はきつい。
第3図で▲8八飛は△8五歩▲同歩に△同飛でも△同桂でも、下手が芳しくないと思った。
そこで▲6五銀と歩を食いちぎったが、やや乱暴だったかもしれない。以下△同桂▲同飛と進んで桂歩と銀の交換だから悪くはないが、上手の桂を捌かせたのが大きい。
この「銀:桂歩」の交換は4日前の宮宗紫野女流初段との一局でもやったが、私は銀より桂のほうが好きなのだ、たぶん。だから歩のおまけが付いてきたら、よろこんで銀桂交換してしまうのだ。
本譜に戻り、△6三歩では△8六角もあるかと思ったが、やはり▲6一飛成は甘受できなかったようだ。
私は▲4六桂と据える。ここは▲8五歩もあったが、△8六歩を気にした。▲4六桂にこれといった狙いはなく、たとえば次に▲3五歩は△同歩で、毛を吹いてキズを求む結果となる。
本譜△8六角には▲5四歩△5二金を利かし、ここで▲8五歩。以下手順に桂を跳ねて悪くないと思ったのだが…。

第4図以下の指し手。△8六角▲6七飛△6六銀▲同飛△7七角成▲5六飛△5五桂▲4八金引△8五飛▲4一銀(第5図)

第4図で渡部愛女流初段は△8六角と放った。「ちょっとヒネってみました」
ここは△8八角がふつうだが、▲8六角の打ち返しを嫌ったらしい。
私は▲6七飛と引いたが、渡部女流初段は「笑われちゃうかな」と△6六銀!
一瞬ありがたい気がしたが、▲同飛△7七角成の結果は、駒の損得なしで馬を作られている。
▲5六飛に△5五桂も感心したところで、ただ受けるのではなく、金取りも兼ねている強い手だ。むかし芹沢博文九段が、「将棋は○○しながら○○という、一石二鳥の手を指すのがよい」と言ったが、△5五桂はその典型的な例である。
渡部女流初段は△8五飛と飛び出し、私は▲4一銀。あまりカナ気は渡したくないのだが、1枚でも駒を剥がしておかないと、勝負にならないと思った。
対して渡部女流初段が最強!?!?の応手できた。

第5図以下の指し手。△8八飛成(途中1図)

▲5二銀不成△5一歩▲4一銀成△9九竜▲5三歩成△4七香▲5四桂(途中2図)

△4八香成▲同金(第6図)

渡部女流初段は△8八飛成!! 金を見捨てて攻め合いにきたのだ!
まあ私は▲5二銀不成と金を取るしかない。ところが渡部女流初段は駒台に手を泳がせると、
「あーーーっ!!」
と叫んだ。
何事かと思った。「勘違いしました!」
何と、持駒に銀があると勘違いしたらしいのだ。つまりここで、△4七銀の攻め合い勝ちと読んだのだ。が、銀はさっき使ってしまっている。
「…待ちましょうか?」
「イエ、いいです」
私がニヤけながら申し出ると、渡部女流初段はキッパリと断った。まあそうであろう。どっちが指導しているか分からないじゃない、と周りが混ぜっ返した。
渡部女流初段は気を取り直して、△5一歩。動揺している中、よく咄嗟にこういう手が浮かぶものだ。私は▲4一銀成。この位置が冴えないが、上手も5筋に歩は打てなくなった。
渡部女流初段△9九竜。こうして香を補充されてみると、やはり難しい形勢だ。序盤は作戦勝ちだと思ったのに、私はどれだけ形勢を悪くしていたのだろう。
しかし私も▲5三歩成から▲5四桂(途中2図)と跳んで、この桂が使えたのは大きいと思った。
△4八香成▲同金の次、私にはイヤな手が見えたのだが…。

(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月13日のLPSA麹町サロンin ... | トップ | 7月13日のLPSA麹町サロンin ... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。