一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

第29期竜王戦第6局(1日目)

2016-12-07 23:17:50 | 男性棋戦
今日から竜王戦第6局。ここまで渡辺明竜王の3勝2敗で、星の並びはともかく、大方の予想通りになっているのではなかろうか。
戦型予想だが、これはもう角換わり腰掛銀100%である。対局者だって、この戦法で竜王を獲らねば意味がない、と見ているに違いない。問題はその作戦だが、私は「銀損定跡」をもう一度見たいので、希望も込めて出現率50%とした。
後は第4局で見せた「△6二飛~△7二金」戦法。後手番ながら積極的に攻める丸山忠久九段の棋風にも合っていて、しかも第4局は丸山九段にも勝機はあった。当人も消化不良を起こしているはずで、この出現率は30%というところ。
今日、私はもちろん仕事だったが、今日は機械仕事だったので、なかなか中継が見られなかった。
落ち着いたところで棋譜を再生してみた。

将棋はやはり、丸山九段の一手損角換わりになった。このシリーズは不思議で、後手番の攻め方にフォーカスが当たる。
30手目△5二金で、「銀損定跡」と「△6二飛~△7二金」がほぼ消えた。
34手目△6二飛。第4局に続いて飛車を振った。やはり右金は玉に近い方がいいわけで、第4局の改良版といえようか。
37手目▲4七金が驚愕の一手。というのも丸山九段がその一手前に△7三桂として△6五歩と攻める気満々だからで、守りが薄くなって相当指しづらい。ふつうなら▲6七金右とか▲6八金右とか、6筋を厚くしそうなものだ。
△6五歩で攻撃開始。第4局もそうだったが、後手が先攻するのはどうなのだろう。後手の指し方が優秀なのか、先手の指し方がマズイのか。
以下ほぼ必然の手順を経て、△5七桂成。後の展開がどうあれ、私が先手なら全然自信がない。
▲5七同金に△6五歩。私なら何はともあれ▲7七銀と引く。が、竜王はここで考える。さすがである。
長考のすえ指された手は▲2四桂!! ここで歩頭の桂!

これが竜王10期の手か!!
私はぐうぅと唸ったのであった。
丸山九段△6六歩。渡辺竜王▲3二桂成。猛烈な攻め合いだ。
△同玉▲2四歩にも丸山九段は△同銀。封じ手にはしなかったから、自信があるのだろう。
午後6時、渡辺竜王もすぐ封じたというから、こちらも指せると思っているはずだ。

明日は新橋駅前で大内延介九段の解説会がある。私はちょっと厳しいが、なるたけ時間を作って、お邪魔したいと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第28期女流王位戦挑戦者決定... | トップ | 山下カズ子女流五段は、女優... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最終戦決着へ (T)
2016-12-09 10:25:57
解説会行けなくて残念でした。

2日目早い終了でしたが、封じ手以降の流れ的には
竜王戦最速の午前中に終わりそうで、
少しヒヤヒヤしながら見守っていました。

終盤の76手目に△7九馬と角を渡す寄せ方に出たのが意外でした。
何故△7八銀成(△7九馬同様詰めろ)を選ばなかったのか私には読み切れません。

角を先手に渡した結果、後手玉に詰み筋が生じました。

最終盤は逆転したかと思いましたが
実際そこまでではなかったようで。

投了図は先手玉即詰みですが、私が実戦で詰ませと言われれば
詰ます自信はありません(笑)。

午前中の時点では1手違いにもならないと思っていたので
最後は午前中と別の意味でヒヤヒヤの勝利でした。

いずれにしても勝負の鍵は、この一日目にあったようです。

△6五歩には普通▲7七銀ですよね。

桂得の流れからすればそれが自然ですが、▲2四桂はいわば勝負手です。
▲7七銀では△3九角~△4八銀で攻められる筋が厳しいとの判断で
勝負手を指さざる得ない苦しい状況だったと考えます。

△6六歩で駒損が解消されると同時に、この歩の存在が絶大です。
△6七銀と△3九角の攻め筋が同時に受かりません。

封じ手の▲5五角の攻め筋よりも厳しいので
1日目の最後の時点で実質的な勝負は終わっていたのかもしれません。

では、先手は何が悪かったのか?

私の力で考えるに、敗着は▲4七金で、
△5七桂成以降の攻め筋を軽視した可能性があると思いました。

但し、▲4七金に代わる手が難しい。
6筋に5八の金を持ってくると
3、4筋に角打ちの傷が残り、右辺から攻めづらくなります。
丸山九段の△6二飛が、作戦として成功したと言える1局だったかもしれません。

これで勝負はフルセット。

始まる前に色々あったので、結果的に7戦までタイトル戦が見れて良かったと思います。
ただ、竜王は本局を見ても感じるのですが不調でしょうか。
最終局へ (一公)
2016-12-10 10:36:19
>Tさん
丸山先生の攻めは見事でした。
▲4七金に代えて▲6八金右でも難しいとなれば、角換わりの定跡が変わってしまいそうです。
最終局はどちらも力一杯戦ってもらいたいと思います。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。