一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

第10回世田谷花みず木女流オープン戦(2)

2017-05-18 00:37:09 | 将棋イベント

第3図以下の指し手。△4八歩▲5九金△8六角▲7七歩△同桂不成▲8七歩△7五角▲5一歩成△5八歩▲4八金△同角成▲同玉△5九歩成▲5七玉△5五歩▲同金△5八飛▲6六玉△7五金▲同玉△5五飛成▲7六玉△8九桂成▲6六金△6四桂▲7七玉(第4図)

渡部愛女流初段は△4八歩と手裏剣を飛ばす。これを▲同金は△5九飛だから里見咲紀女流初段は▲5九金とよろけるが、いい辛抱だ。どちらにも私には指せない手で、さすがにプロは違うと思った。
さればと渡部女流初段は△8六角と出て金取り。中村修九段が「ほぉー」と唸った。
以下▲7七歩△同桂不成▲8七歩の進行に、「ほー、いろんな手を指しますね」とさらに感心した。
ただ▲5一歩成△5八歩に、中村九段は▲4一とと勝負したいふうだった。これを△同金なら▲3二銀で、攻守ところを変える。
しかし里見女流初段は▲4八金。やはり受けの棋風なのだ。
渡部女流初段は△同角成と切る。私見だが、守りの金と角の交換は互角だと思う。
▲4八同玉に間髪入れず△5九歩成。後手ペースになったようだ。
△5五歩▲同金と吊り上げて、△5八飛。▲6六玉に△7五金▲同玉として、△5五飛成と▲5五の金を取った。流れるような攻めである。
里見女流初段は▲6六金と打って上を向く。さっきまで前のめりだった姿勢は、すっと伸びていた。何か緊張感が解けたようだった。

第4図以下の指し手。△7六金▲同金△7九成桂▲8八金△7六桂▲6六角△6五金▲5五角△8八桂成▲同玉△7八金▲9八玉△5五金▲8二角△9七金(投了図)
まで、120手で渡部女流初段の勝ち。

第4図から渡部女流初段は△7六金の犠打で竜取りを外し、△7九成桂と金を取って詰めろ。▲5五金を取りに行った時と同じ手筋を披露した。里見女流初段は▲8八金と受けるが、「根性の一手ですね」と上田初美女流三段が感心した。
しかし渡部女流初段の寄せは的確だ。ここも、相手の受け駒をズラせてから取りに行く、という手法で、△5五金まで先手玉は受けなしとなった。以下▲8二角△9七金まで、里見女流初段の投了となった。

両対局者に盛大な拍手が送られ、大盤の前で感想戦となる。
「(里見さんは)背が高いね」と中村九段があらためて驚く。
里見女流初段「最近は攻め過ぎて攻めが切れてしまうことが多かったので、受けに回ろうと思ったんですけど…。終盤はわるくないと思ったんですけど…」
いい将棋を落とした里見女流初段は残念無念の表情だ。
渡部女流初段「攻め合われたらわるかったです」
どうも里見女流初段が渡部女流初段の攻めを面倒見すぎて、どこかで逆転した感じだ。中村九段の解説どおり、どこかで▲4一とと攻め合うべきだったようだ。
かくして、渡部女流初段の2年連続の決勝進出が決まった。

しばらく休憩した後、準決勝の第2局。飯野愛女流1級VS塚田恵梨花女流2級戦である。
飯野女流1級はこの棋戦の常連だが、いまだに優勝がない。けやきカップの宏美女流二段同様、ファンの期待を裏切り続けている。
両者が登場し、対局前のインタビュー。両者は先の羽生善治三冠VS藤井聡太四段戦の記録係をしていたので、まずそのことに触れる。
塚田女流2級「貴重な体験をさせていただいて、ありがたかったです」
飯野女流1級「いろいろなところで声を掛けていただいたんですが、記録態度がひどくて…。動きすぎだな、と。でも貴重な体験をさせていただきました」
塚田女流2級「昨日から緊張してします。今日は自分らしい将棋が指せればと思います」
飯野女流1級「第1局に続いて熱戦が指せればと思います」
中村アナウンサーによるプロフィール紹介。「飯野女流1級は第2回大会で準優勝。地元ファンも多く、類まれな品格の振り飛車で、初優勝を狙います。
塚田女流2級は、お父様が塚田泰明九段、お母様が高群佐知子女流三段。血統のよさは折り紙付きです。初優勝を目指します」
解説の森下卓九段「飯野さんは昔ながらの正統な振り飛車。塚田さんはご両親のいいところを受け継いでいると思います」
聞き手の中井広恵女流六段「塚田さんの攻めを飯野さんがどう受け止めるか」
12時02分、塚田女流2級の先手で対局が開始された。

初手からの指し手。▲2六歩△3四歩▲7六歩△5四歩▲2五歩△5二飛▲4八銀△5五歩▲6八玉△3三角▲3六歩△6二玉▲3七銀△7二玉▲7八玉△8二玉▲4六銀△7二銀▲6八銀△3二金
▲7七銀△5六歩▲同歩△同飛▲6六銀△5一飛▲3八飛(第1図)

私は席を立って、後方で観戦。このほうが大盤がよく見えるからだ。
塚田女流2級の居飛車明示に、飯野女流1級は中飛車に振った。森下九段「今いちばん流行っているゴキゲン中飛車ですね」
塚田女流2級は▲3七銀から▲4六銀と上がる。いわゆる超速だ。森下九段「この手はねぇ、初めて見た時は指し手の間違いかと思いましたよ」
△3二金には▲7七銀と上がった。森下九段「(次は)▲4五銀や▲6六銀があります」
△5六歩▲同歩△同飛に▲5五歩とフタをするのは、△同飛▲同銀△同角で後手有利、と森下九段。その解説は明快で、言語も明瞭だ。
塚田女流2級は▲3八飛(第1図)と寄ったが、ここで▲3五歩△同歩▲同銀(参考1図)と行くとどうなるか。
「ここでいい手を皆さんに伝授します」
と森下九段が大上段に構えた。


(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第10回世田谷花みず木女流オ... | トップ | 第10回世田谷花みず木女流オ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。