一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

第27回社団戦の結果

2016-11-02 20:11:09 | 社団戦
去る10月23日に第27回社団戦最終戦が行われ、今日2日にその結果が公表された。
まず6部赤の大野教室は、この対局前まで11勝1敗で、すでに優勝を決めていた。赤は14チーム総当たりなので、23日は残り1回戦を戦い、5-2で勝利。チーム12勝1敗で有終の美を飾った。5部昇級、おめでとうございます!
なお残り2局は交流戦で、6部白の1、2位チーム対局したようだった。戦績は、5-2と2-5。できれば2連勝してもらいたかったが、最後は気が抜けたのだろう。
6部リーグ白の大野教室2は、最終戦に負けて4勝9敗で終えた。大野教室2は、大野教室のメンバーより棋力が劣るが、とはいえもう少し勝ち星を重ねてもらいたかった。
6部赤の(将棋)ペンクラブは、最終戦に勝って、6勝7敗で終了。前半の1勝7敗からよく追い上げた。中でも特筆すべきは大野教室からの勝利で、唯一土を付けたのだから大殊勲だ。逆にいえば、大野教室もだらしなかった。
3部白の星組2008は、最終日1勝2敗で、3勝12敗で終了。16チーム中15位で、4部への降級となった。
星組にはKaz氏が参戦したが、1勝もできなかったらしい。Kaz氏の実力はピカ一で、私も対戦勝率が3割程度しかない。そのKaz氏でさえ、3部では勝てない。まったく、アマ棋界のレヴェルがどれだけ高いんだ、ということだ。
ともあれ星組は、3部の家賃が高かったようだ。
以上を整理すると、最終成績は以下の通り。

3部白 星組2008…3勝12敗(降級)
6部赤 大野教室…12勝1敗(優勝・5部昇級)
6部赤 ペンクラブ…6勝7敗
6部白 大野教室2…4勝9敗

皆様お疲れさまでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鹿野圭生女流二段は、女優の... | トップ | 第6期女流王座戦第2局 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。