一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

4月16日の大野教室(2)「大野七段の教え」

2017-04-20 00:27:11 | 新・大野教室
感想戦。大野八一雄七段が観戦していてくれたので、多くのアドヴァイスが期待された。

まず第1図以下、▲2五歩△5五歩▲2四歩△同銀に▲2五歩の変化で、△5六歩▲2四歩に△7八銀は、「(プロは)打ちません」と大野七段は否定した。が、調べてみると「あり」だった。ただU君は▲2五歩なら△1三銀と引くつもりだったという。
続いて、私の▲6五歩に△6二飛が「破門」の一手。ここはいろいろあるところだが、△6二飛だけは指しちゃいけない手だったという。私にはふつうの手に見えたのだが、プロの見解は恐ろしいものだ。「破門」とは厳しい単語だが、こう叱責されるだけいい。それだけU君が期待されているからだ。

さらに第2図からの▲9五角△7二飛に▲7三角成がもったいなかったとのこと。ここは▲7七桂(教示1図)が明快で、△7六銀なら▲6三飛成。△9四歩も▲8四角で振り飛車十分だったという。

もっとも▲7七桂には△6四歩と我慢され、それはそれで難しいと思うが、私は▲7七桂すら浮かんでいないのだから論外だ。
なお本譜▲7七桂で▲8五飛は、△8四歩▲同飛△8三歩▲8五飛△8九角成の予定だったとU君。となればバッサリと▲7三角成も、まずまずの手だったようだ。
続いて▲6一角も、大野七段によれば▲4四桂があったとのこと。次の狙いは▲6一角で、△7一飛なら、▲4三角成△同金▲3二銀で、本譜より一手早い。
ただこの順なら△7一飛で△6二飛と寄るだろうから、それはそれでやはり難しい。もっとも、高い駒より安い駒を使っていくのが道理で、いきなり▲6一角は芸がなかった。

さらに第3図で▲4三馬がまた急ぎ過ぎで、ここは▲3二桂成△同玉▲5三桂成(教示2図)がよかったとのこと。

私は▲4三馬~▲3二銀で一丁アガリと見ているのだから甘い。変化▲5三桂成などは先月の中座七段戦を彷彿とさせる桂の跳躍だ。なぜあの時の感触が想起できなかったのか。

第4図での▲4三銀成はもちろん▲4三銀不成がよかった。以下△2四角▲3四銀不成!!△4六角▲1四歩△2四玉▲2五銀(教示3図)で勝ち、と大野七段。以下△3三玉▲3二金で詰んでいる(検討では私が▲3四金と打ったため詰まなかった)。羽生三冠ではないが、銀は不成、と決めておくほうがいいかもしれない。

…まったく、中盤以降の私の指し手は悪手のオンパレードで、解説を拝聴していてイヤになった。
Og氏はHomma君とOku君に指導対局を行っていた。私は対局相手がいないので、私もそこに入れてもらった。かくてOg氏の三面指しとなる。
上手(後手)Og氏の三間飛車に、私は例によって▲5七銀左急戦である。

第1図以下の指し手。▲5五歩△同歩▲4五歩△5三銀▲4六銀△5四銀(途中図)

▲5五銀△同銀▲同角△4三金▲8八角△4五歩▲5五銀△4四銀▲同銀△同金▲2四歩△同歩▲2五歩(第2図)

本局も大野七段が観戦している。もう指導対局は終わっているからで、私たちの将棋を見るしかないのだ。
「昭和の将棋だねえ」
と、大野七段がうれしそうにつぶやいた。
左のHomma戦は、Homma君が飛車を振って、善戦している。
私は▲5五歩から仕掛ける。▲4六銀に前局は△5六歩だったが、本局は△5四銀と手を変えてきた。もちろんこれもある手である。
以下は定跡通り進んでいると思うが、▲5五銀に△4四銀と打ち返されたあたりから、よく分からなくなった。
私は再び銀を換え、▲2四歩~▲2五歩。

(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月16日の大野教室(1)「... | トップ | 4月16日の大野教室(3)「O... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。