一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

第28回将棋ペンクラブ大賞贈呈式(2)

2016-09-19 23:22:57 | 将棋ペンクラブ
続いて表彰式。木村晋介会長が恒例の一言を添える。副賞のプレゼンターは、年齢不詳のかがさやかさんが務める。
では、木村会長のミニ講評を以下に記す。
佐藤圭司氏「行方さんが単独行動をしたことを巧みに書いています。(指し手の記述も巧妙で)ああいう書き方をされると選考委員は弱い」
先崎学九段「先崎さんの観戦記をホメるのは僭越ですが…。(実戦には現れなかった)▲5三桂成のあたりをうまく書かれました」
佐藤康光九段「康光流の新しい格言が散りばめられている。ふつうは『敗局に学べ』とか言いますが、本書では『勝局に学べ』って書いてあるんですね」
白鳥士郎氏「これはライトノベルです。でも老人が読んでもおもしろい。(作者が文章を)書くことが楽しいと伝わってきます」
鈴木大介八段「四間飛車が勝ちまくるのがいいですね」
大平武洋六段「早指しについての本はいままでなかった。私も最近は将棋大会でチェスクロックを使うことがあるので、この本が役に立つことになればいいと思います」
表彰状はお馴染みの、色紙状のもの。将棋ペンクラブにはおカネがないから、切り詰めるところは切り詰めるのである。ただこの色紙にも、「直筆」という温かみがある。
賞金は、大賞が5万円、優秀賞が3万円。協賛は株式会社コーセー、アカシヤ書店。賞金がやや少ないが、受賞者は気にもとめていないだろう。大賞受賞の事実こそが、かけがえのない勲章なのだ。

続いて受賞者の言葉。これは先に会報で発表されていて、会員は全員読んでいる。よって、会報にはない切り口でもう一本述べなければならない。
佐藤氏「こちらに来る前に、奈良県の唐招提寺にお参りをしてきました。ここは米長邦雄永世棋聖が大事にされていた寺です。また谷川会長もお付き合いがあります。今回は受賞を報告してまいりました」
今回、盟友の木村一基八段が、出先の大阪からわざわざ戻ってきたという。持つべきものはよき友、ということだ。
先崎九段「私もいろいろ文章を書かせてもらってますが、観戦記を書くのは一番苦手なんです。だって対局者は真剣に指しているから、こっちもそれなりに書かなくちゃいけないしねぇ…」
ここだけの話、ということで話してくれたが、まぁ先崎九段一流の諧謔であろう。
佐藤九段「この話をもらったのは4年半くらい前なんですね。その時は半年くらいでサラサラと書ければよかったんだけれども…途中で1年のブランクがあったりして…とにかく無事に出版できてよかったです。
文章を書いていて感じたのは、日本語の難しさです。できた本を見ても、何か所か、直した方がいいかな、と思うところがあります」
これはブロガーの私としても大いに共感できるところで、ブログ記事はもちろん、将棋ペン倶楽部に掲載された投稿でも、いくつも修正したい点がある。
「あとこの『長考力』というタイトルなんですけれども、これは当初『先を読む力』というタイトルを予定していたんです」
ところが昨年10月に明治記念館で日経フォーラムがあり、それが「先を読む力」というタイトルだった。フォーラムには羽生善治王座や井山裕太囲碁七冠が出席し、ためにこのタイトルが使いづらくなってしまったという。
「こっちが先に考えたのに…」
と、佐藤九段がグチるが、私たちは苦笑を抑えきれない。
そこで編集者と新たに考えたタイトルが「長考力」というわけだった。内容とはかけ離れてしまったが、このタイトルのほうが佐藤九段らしくて、ピッタリ決まっていると私は思う。
白鳥氏「『りゅうおうのおしごと』は、ライトノベルとマンガ版があります。それぞれGA文庫とヤングガンガンから出ていて、皆様今日はこのGA文庫とヤングガンガンだけ憶えて帰ってください」
白鳥氏は弁舌軽やかで漫談家のようだ。会場内は笑いに包まれ、なごやかな雰囲気。ところがこのあと、それが一変する。
「実は昨年祖父が亡くなりまして…」
ご祖父様は白鳥氏の仕事を認めてなかったらしいが、白鳥氏が遺品を整理していると、氏の作品のスクラップが出てきたという。
テレビや映画によくあるシーンだが、現実の世界で本当にあるとは…。
白鳥氏は嗚咽を漏らし、場が急にしんみりした。
鈴木八段「今回は美馬(和夫)さんに校正(構成?)を手伝っていただきました。美馬さんの尽力がすべてだったと思います」
この本は大変な労作だったようで、ふだんの著書の10倍くらいの労力を必要としたという。そして上記にあるとおり、美馬氏のアシストが大きかったようだ。「朝10時から夕方5時まで、私がしゃべりまくるんですね。それを美馬さんが文章に起こしてくれる。こんな局面、ちぎって角を捨てて寄りですよ、という漠然とした言い方でも、美馬さんはしっかり指し手に直してくれる…」
よき作家にはよき編集者がつきものだが、今回の著書も、その関係に近かったようだ。
「これはシリーズもので、石川陽生七段による『三間飛車名局集』もあるんですが、これも大変な名著です。これがなんで候補に挙がらなかったのか。出版の時期もあったんでしょうけど…。この10年で最高の本、私が棋士になって三指に入る名著です」
大賞受賞者がヒトの作品を褒めまくるなんて、前代未聞。しかし同業者がこれだけホメるのだから、振り飛車ファンは「四間飛車名局集」とともに、「三間飛車名局集」も座右の書とすべきであろう。
大平六段「私は子供ころから考えるのが苦手で、見えた手をすぐ指してしまいます。考えても分からないんです」
佐藤九段とは逆の方向を行っているが、それにしたって何も考えないで四段にはなれないだろう。大平六段も先崎九段と同じクチのようだ。
「駒得は裏切らない、と言った先生がいますが、この本では駒得はするな、と言っています」
私はこの本を読んでいないが、こうまで言われると、逆に読みたくなってしまう。
ともあれ六者六様のスピーチで、今年はとくにおもしろかった。
さて、西上心太氏による乾杯である。
(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第28回将棋ペンクラブ大賞贈... | トップ | 第28回将棋ペンクラブ大賞贈... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。