一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

第10回世田谷花みず木女流オープン戦(3)

2017-05-19 00:54:23 | 将棋イベント

参考1図から△5七飛成!(参考2図)が強手。以下▲5七同銀△8八角成▲同玉△5五角▲7七角△2八角成となれば、陣形の差で後手有利、が森下卓九段説だった。


第1図以下の指し手。△6四歩▲3五歩△同歩▲同飛△6三銀▲3七桂△7二金▲3六飛△6五歩▲7七銀△7四歩▲5八金右△7三桂▲4五桂△4四角▲5五歩△3三歩▲6八金寄△6二角(第2図)

▲3五同飛に、森下九段は中座飛車の話を始めた。「昔▲2五飛を見た時は、下がる場所を間違えたのかと思いました」
さらに現代将棋の感覚へと進む。
「もう、5年前と将棋が全然違うんですね」
「(私は)昭和の将棋なので」
と中井広恵女流六段が応じる。
「昔は、午前中はのんびりしていました。21世紀は気が付いたら斬られているという将棋です。序盤の重要性が年々増しています」
▲3七桂△7二金。
中井女流六段「塚田さんは、人に(将棋を)見られていると燃えるタイプらしいです」
森下九段「それはプロ向きです」
話はアマプロ角落ち戦の話に変わる。森下九段は2003年にアマと指すことになり、相手の将棋を調べたという。
そこから今の若手の話に転じる。「昔はちょっと睨むとビビった後輩がいましたが、今は(将棋においても)恐がらないんですね」
と森下九段。
△6五歩▲7七銀。後手は銀を引かせて気持ちがいいが「伸び過ぎになる可能性もある」と森下九段。再びこぼれ話に戻る。
「米長先生が名人戦に挑戦していた時です。師匠の佐瀬勇次先生が検討をしていた。でも米長は大丈夫かとハラハラしどうしなんですね。
それを見ていた芹沢先生が、『大丈夫だよ佐瀬さん、アンタが指してるんじゃないんだから』。昔の先輩はおもしろい人が多かった」
塚田恵梨花女流2級は思い切って▲4五桂と跳んだ。飯野女流1級は△4四角。
森下九段「女流棋士はよく勉強しています。室谷さん(由紀女流二段)の知識にはビックリしました」
▲5五歩に、飯野女流1級は秒読みに入った。そして△3三歩。角が2二にいる場合は問題だが、この場合はいい、と森下九段。硬軟織り交ぜて、実に分かりやすい解説だ。
▲6八金寄に△6二角と引いて、次の狙いは△4四歩からの桂取り。それが実現する前に、塚田女流2級は動く必要に迫られた。

第2図以下の指し手。▲6六歩△同歩▲同銀△4四歩▲7七桂△4五歩▲同銀△8四桂▲6七金△4二銀▲9六歩△4三銀▲8六歩△6五歩▲同桂△同桂▲同銀△6四歩▲5四銀左(途中図)

△同銀左▲同歩△6五銀▲5五桂△5四銀引▲6三桂成△同銀(第3図)

▲6六歩に、森下九段が「なるほど」と唸った。ただし森下九段は「なるほど」を大安売りするので、話半分で聞かなければならない。
▲7七桂には、「ハァー!! 昔の塚田先生を思わせる一着です」。
△4五歩から戦いが始まったが、塚田女流2級はその最中に▲9六歩。
森下九段「ほー▲9六歩。これはお母さんゆずりですね」
中井女流六段「お父さんとお母さんのいいところを譲り受けましたね」
さらに▲8六歩! 今度は塚田女流2級が桂を取りに行った。飯野女流1級はグズグズできない。△6五歩と決戦だ。
△6四歩の銀取りに、引くようではオンナではない。塚田女流2級は強く▲5四銀左(途中図)と出た。中央で銀4枚がぶつかって、ガシャンと音が鳴った。
森下九段「塚田流ですね」
飯野女流1級の△6五銀には、「いかにも振り飛車党の手」と評する。
▲5五桂△5四銀引の応酬に中井女流六段は
「昭和の将棋、ねじり合いです」
と言った。

第3図以下の指し手。▲8五歩△5五桂▲6八金引△4一飛▲8四歩△4五飛▲8三歩成△同金▲5六銀△2五飛▲2六歩△2四飛▲5五銀△8六歩▲6六角△5四歩▲9五桂△5五歩▲8三桂成△同玉▲8四歩△7二玉▲5五角△4五銀▲6六飛△5四飛▲5六歩(第4図)

塚田女流2級、ついに▲8五歩。森下九段「前に指した手を活かす手です」
今度は飯野女流1級が△5五桂と打ち、△4一飛と活用した。以下駒を取り合い▲8三歩成。森下九段「ここはお父さんで行きました」。これは後手から△8六歩の反撃もあるので、微妙なところだ。ちなみに「お母さん」なら穏やかに▲4六歩か。
数手進んで△5四歩の銀取りに、構わず▲9五桂。森下九段「これがうるさい攻めです」。
両対局者は再び駒を取り合い、▲5六歩。

第4図以下の指し手。△8四角▲7五桂△同歩▲8五銀△7四桂▲6七飛△5六銀▲8四銀△5五飛▲8八歩△6七銀成▲同金(第5図)

ここで飯野女流1級は△8四角と飛びだした。
「なるほど!」
と森下九段が感嘆する。「この歩が取れたんですね。忘れてました」
塚田女流2級は▲7五桂の犠打で一手凌ぐが、その桂で再び飛車取りに打たれてしまった。
塚田女流2級は▲6七飛と辛抱するが△5五飛と角を取られ、飛車取りが残っているうえ、今度は△8七角が生じている。
塚田女流2級は根性の▲8八歩だが、森下九段は「ベテランはこの気力がないんですよ」と感心した。
△6七銀成▲同金と飛車を入手して、飯野女流1級の次の一手は。

(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第10回世田谷花みず木女流オ... | トップ | 第10回世田谷花みず木女流オ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。