一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

3月4日の大野教室(前編)

2017-03-15 00:09:35 | 新・大野教室
4日(土)は、埼玉県川口市にある「大野教室」に行った。よってミスDJはまたRadikoで聴くしかない。
午後1時15分ごろに中に入ると、いつもの土曜日ほど人はいなかった。私は指導料の5,000円を払う。月の2回目以降のぶんも先払いすれば割安になるが、それだと再訪する義務が生じるので一長一短なのだ。
大盤では大野八一雄七段とU君が駒を並べて考えていた。よく見たら駒がごちゃごちゃしっている。40枚の駒をお互いに取られないよう配置するもので、いわゆる「利かずの駒並べ」だった。ちょっとした頭の体操である。
私は答えを知っているが、知らないとけっこう楽しめる。大野七段らはウンウン唸っているが、角の位置が違う。桂の位置もアレで、うち2枚をタテに並べるのがミソだ。
さて、今日は岡井奨励会三段が指導に来てくださっており、私はまずそこに入った。
手合いは角落ち。気分を変えて三間飛車に振ってみた。岡井奨励会三段は簡易な囲いに済ませたあと、△7五歩~△8六歩と攻めてくる。▲同角△8八歩▲7七桂に△7六歩の取り込み。
私は▲6五桂と銀取りに跳ねたが、岡井奨励会三段に冷静に△6二銀と引かれてみると、私に二の矢がない。
私は▲8三金と捨て、△同飛▲7二飛成の非常手段を採ったが、岡井三段に△6三飛と逃げられ、金損が大きすぎて私の敗勢が決まった。
終盤は△1五歩▲同歩△同香▲同香に△6五銀と桂を食いちぎったのが上手の好手段。
これを▲同歩なら△1六桂以下寄り。私は▲1九香と受けたが、岡井奨励会三段にこちらの攻めを受け潰され、投了を余儀なくされた。
感想戦。先の▲6五桂では、ふつうに▲7六同銀と取って、下手十分だったとのこと。ふだんの私ならそう指していたが、岡井奨励会三段の棋力にビビって、常軌を逸していた。
次に岡井奨励会三段に教えていただく時は、もう少しマシな将棋を指したいものだ。
2局目は大野七段に角落ちで教えていただく。このところ大野七段には全然勝てていないが、負け癖がついてしまってどうもいけない。
本局も三間飛車に振ってみた。序盤は私がうまく指したように思ったが、大野七段に中央からジリジリ押され、作戦負けになった
右ではSato氏が対峙していたが、相居飛車で、中盤のむずかしい局面だった。
和田あき女流初段がきた。今日来ることは何となく聞いていたが、今日は対局を望めない感じである。
局面。私は重圧に耐えて▲1八香と穴熊含みにしたら、大野七段が決戦にきた。

第1図で3時休み。土曜日は「級位者の日」だが特に講義もなく、淡々と30分の休みが終わった。
再開後、私は▲5八歩と謝る。しかし以下△5七歩成▲同歩△5八歩▲同金△同銀成▲同飛に△6七金となって誤算に気付いた。
ここで▲8八飛は△5七桂成で下手つぶれ。△6七銀が金に替わっているので、この手が利くのだ。
以下は粘る気力もなく、数手後に投了した。
感想戦。大野七段によると、第1図では▲5三歩△同飛▲4五銀△同銀▲4六歩△5四銀▲4五桂で下手も指せたとのこと。私は▲5三歩以下▲4六歩までは読んだが、銀桂交換の駒損になるので、指し切れなかった。
気が付けばこのところ大野七段には全然勝てていないが、まぁそれも私の実力ということか。
3局目は佐藤氏に教えていただく。私の先手で▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛。私は▲5六歩とし、居飛車にスイッチした。
佐藤氏は△3四飛と浮き、私は位取りに舵を切るが、対石田流には最適でないようにも思えた。
△4四角に▲4六銀。もちろん▲4五銀の飛車角両取りを見たものだが、△3三桂と跳ねられて、▲4六銀が中途半端な位置になってしまった。
すると佐藤氏は△3六歩▲同歩△同飛▲3七歩△2六飛ときた。さすがに佐藤氏、イヤな手を指してくる。私は▲同飛△同角▲3六飛に期待したが、佐藤氏に△2八飛を下ろされると、先手がパッとしなかった。
以下は桂を取られ、△8四桂が厳しい。以下テキパキと指され、私の完敗となった。
4局目はSar君と指す。Sar君がまた強いのだが、中盤までは私も互角以上に渡りあっている。問題は終盤の戦いにあるのだが、これをどう克服していいものか分からない。
私の先手で、三間飛車に振ってみた。以前Hon氏が相振り飛車でSar君に勝ったというのを聞いて、私も真似してみた。いささか志が低いが、ワラにもすがる思いだった。
私は二枚金に組む。▲6七金と上がらされて囲いは薄くなったが、その後角銀交換の駒得になった。
いままで再三経験してきた展開で、並の相手ならこれで先手必勝なのだが、相手はSar君である。また負けそうな気がした。
(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第28期女流王位戦・挑戦者決... | トップ | 3月4日の大野教室(中編) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。