一公の将棋雑記

将棋に関する雑記です。

佐藤天彦九段、叡王戦を制す

2016-12-12 22:14:33 | 男性棋戦
昨日は第2期叡王戦決勝三番勝負があった。対局者は佐藤天彦九段(名人。なぜ叡王戦は、タイトル保持者も段位表記なのだろう)と千田翔太五段。佐藤九段先勝を受けての第2局である。
叡王戦はその優勝者がコンピューターNo.1ソフトと電王戦二番勝負を行うので、それがあるから叡王戦は電王戦の前哨戦に見える。が日本将棋連盟のサイトには、叡王戦が七大タイトルの次に位置している。つまりれっきとした公式棋戦なのである。
叡王戦のもうひとつの特色はエントリー制だ。出場したくない棋士は拒否できる。
しかし将棋を指すことが棋士の本分だから、エントリー制などあってなきがごとし、当然全員が参戦すると私は思っていた。
ところがフタを開けてみると、第1期、2期とも不参加棋士が現れて、私は呆れた。
どんなに多忙でも、公式戦が用意されればそれを消化するのが棋士。日程をやりくりしてスケジュールを開けるのが本筋だと思ったのだが、どうだろう。
さて本三番勝負だが、これはどちらが優勝してもおもしろい。すなわち佐藤九段なら、名人対ソフトという夢の対決が実現する。また千田五段はソフトに心酔しており、「もし優勝したら、事前貸し出しのソフトと対決できるのが楽しみ」と抱負を述べていた。彼の対ソフト戦も見てみたい。
ただ、千田五段のソフトへののめりこみは尋常でなく、私には理解できないところもある。強い将棋ソフトと指したかったら、個人的に入手を図ればいいだけの話だからだ。
というわけで、三番勝負に関しては、私は佐藤九段を応援していた。

昨日は対局があったのを失念しており、最初に盤面を確認したのは夜であった。千田五段△6六角成までの局面で、正しく勝てば佐藤九段が勝つと思われた。
しばらくして盤面を見ると、すでに将棋は終わっていた。やはり佐藤九段が勝っていた。
早速再生したが、驚いたのは45手目だ。佐藤九段が8筋を明け渡し、▲6六角と上がったのだ。

ここ、私ならとりあえず▲8七歩と受けておく。逆に△8六歩と打たれたらつらいからで、少なくとも▲6六角は、私なら永久に思いつかない。
ところがこの角、解説の屋敷伸之九段も予想していたから二度驚いた。
プロは▲8七歩などという軟弱な手は眼中にないのである。
千田五段は△8六歩。まあそうだろう。そこでも私はまだ、うっかりしたと、▲7八玉と上がるだろう。
しかるに佐藤九段は▲4四銀!!
もう頭がクラクラした。
△4四同銀▲同角△3三銀▲6六角△8七歩成ぐらいで先手敗勢ではないか?
まあこれは▲9六銀があるが、いずれにしても8筋にこんな傷があっては、先手は強い戦いができない。少なくとも私ならそう考える。それを▲4四銀とは…。
結局、私と棋士とでは、大駒1枚も2枚も実力が違うということだ。とにかくこの数手の折衝は、本当に驚いた。
以下は佐藤九段が優位を保ち、逃げ切った。
ちなみに89手目の▲4五桂ハネもとっさには理解不能で、名人の強さばかりが際立った。
あらためて、佐藤九段がこんな奔放な将棋を指すとは思わなかった。これじゃ山崎隆之八段顔負けである。
電王戦二番勝負は、来春行われる。私は、すでにコンピューターソフトの実力が棋士のそれを上回っていると見ているが、佐藤九段のギリギリまで研ぎ澄まされた指し手を見ていると、ソフトに対しても互角の戦いをするように思える。電王戦が楽しみになった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加藤奨励会1級の危機 | トップ | 第29期竜王戦第6局(2日目) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
▲6六角の意味 (T)
2016-12-13 12:16:15
▲6六角は確かにすぐには意味不明でした。

でも、これが実は盤上この1手というべき手と解かるまで
しばらく時間がかかりました。

▲8七歩なら△6五桂▲6六角△5七桂成で速効負けです。
▲8六歩も△同角があり、角交換は後手が望むところ。

つまりこの局面で、もう8筋を受けてる展開ではなかったとは恐ろしい。
それは、左銀で攻め、左桂を交換するという先手の超積極作戦の反動とも言えます。

ちなみに、▲6六角をせずに▲4四銀は△6五桂が厳しい。
次に△7七桂不成を狙っているので▲6六角と逃げるしかなく、
0手で△6五桂が入り後手が得します。

△6五桂の当たりを避けつつ、
相手の飛車の働きを緩和する構想含みな▲6六角でした。

本譜は後手の△4三金右が成立しない時点で
もう普通の常識が通用する将棋ではないのでしょう。

△8六歩が、決め手にならないという非常識がそれを表しています。

本譜は一番積極的な▲4四銀でしたが、▲7七桂もあったようです。
以下、△8一飛なら▲8三歩で8筋を緩和させつつ、▲4四銀を狙います。

但し、この順は後の▲4四桂の筋が消えるので名人は不満だったのかもしれません。

仮に、45手目の局面で先手玉が7筋にいたら、
当たりが強く先手が悪いと思います。

▲9六銀が効きません。

△8六歩に▲7八玉では、銀を渡せないので速効負けになります。

6九玉の絶妙な位置と飛角の効きで
8筋を受けなくても指せるという異次元感覚が勉強になる1局でした。

序盤から終盤まで、積極的で正確な名人の指し手が印象に残りました。
指せない (一公)
2016-12-13 21:56:37
>Tさん
▲8七歩は△6五桂~△5七桂成がありましたか。
しかし8筋を明け渡す指し方は、アマには真似できませんね。もはや黙って鑑賞するしかありません。
電王戦が楽しみです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。