今日の一貫

大泉一貫のBlog

卸売市場法は必要か?

2017年11月24日 | 政治 行政制度
先日、とある学者さんが、卸売市場の必要性について説明していた。 要旨は、全流通量の過半を占めるほど、卸売流通が多い実態があるので、必要、というものであった。 たしかに、年々比率は下がっているとはいえ、青果や水産物では、5-6割が卸売市場経由である。 だから必要というのだが、はたしてどうか? この学者、農産物流通の専門家で通っているが、名前は伏せておこう。 およそ、卸売市場でのセリは1割程度とい . . . 本文を読む
コメント

事実と思惑が交差するマスコミや国会

2017年07月12日 | 政治 行政制度
加計問題、瓜田に履を納れず、李下に冠を正さずだろう。 ただ、事実関係は素人目にも、マスコミ、野党、前川前文科事務次官に理があるようには思えない。 前川全事務次官は、文書の存在は知ってても、そもそもその文書、文科省が苦し紛れに作った内部文書と知ってるはず。総理のご意向と普通は書かない。 逆に森友、近畿財務局の文書を破棄したと言うのも、チョンボくさい。 ともに文科省と、財務省の自己弁護話のような気がす . . . 本文を読む
コメント

6月15日が実質会期ぎれ 日本はどうなる

2012年06月07日 | 政治 行政制度
消費税関連法案の本国会での採決は絶望的と判断せざるを得ないようだ。 会期末は、21日。 延長する気があるか否か。 今週から、週刊文春で『飯島勲の激辛インテリジェンス』が始まった。 その第1回に、メキシコでG21があると書いてある。 18日から19日が日程。とすると「国会は実質的に15日までだ」という。 これでは確かに15日が会期末とならざるを得ない。 飯島氏は、来週に決めないと、どんなケースも . . . 本文を読む
コメント

国家課題は超党派で考えてほしいもの

2010年12月20日 | 政治 行政制度
国家が漂流する、という。崩壊する日本、という言いぶりもよく使われる様になった。 日本は3年は持つかとか、破綻するのでは、と言った言説もある。 わが国が危機であることは間違いない。 国家として必要な政策はもはや明確だ。 外交・防衛、経済成長、年金などの社会保障、消費税問題を含む財政再建問題等々。 これらに関し、識者の「かくあるべし」とする見解はそう違わない。 マスコミ論調も、およそひとつの方向に収 . . . 本文を読む
コメント (2)

仕分け変質・限界露呈というが、所詮こんなものではなかったのか、、

2010年11月20日 | 政治 行政制度
事業仕分け変質、との記事が朝日新聞に出ている。 政府内部の食い違いが鮮明に、 政権の目指すべき目標の不鮮明さが白日のもとにさらされている。 政権の推進者、中心がどこにあるかもわからない、 百家争鳴状況。 民主党政権のばらばらな状況を、露呈させている。 仕分けで16兆円必要の内9兆円捻出すると豪語していたものの、それも空虚な豪語 誰の目にも民主党のいい加減さの一環と映るようになってきた。 経済成長 . . . 本文を読む
コメント (2)

国家戦略局は店じまい、知恵袋に変身とは

2010年07月19日 | 政治 行政制度
朝日によれば、国家戦略局は、内閣の知恵袋に機能縮小するそうだ。 次から次と民主党ガバナンスの欠点が出てくる。 国家ビジョンを策定し、予算編成を政治主導するというのがそもそもの主旨。 政治主導の1丁目1番地だ。 それが頓挫。 しかも経済財政諮問会議を潰してのこの暴挙だ。 経済財政諮問会議は、政策運営を官邸主導、政治主導に転換する働きをしてきた。 骨太の方針を造り、財務省からイニシアチブを奪い、 . . . 本文を読む
コメント

予想された民主党の敗北 コミュニケーション不全の民主党

2010年07月13日 | 政治 行政制度
民主党が予想通り敗北した。 有権者もこれだけこけにされれば、マー投票はしないだろう。 民主党のコミュニケーションの仕方にはほとほと失望したからである。 一言で言えば、 ①決め方に民主的プロセスがない(政調がないから誰かが独善的に決め、しかも党内議論なしに一夜で決まる不安、誰がどのように決めるのかわからない不安)。 ②それにもかかわらず、決めると誰も反論をしない(鳩山小沢時代)不安。 ③外から反 . . . 本文を読む
コメント

菅施政方針 大丈夫か? 政治家の力不足を直視すべき

2010年06月12日 | 政治 行政制度
菅直人、スタートダッシュの感。 今日は口蹄疫で宮崎入りとか、、。 これも時宜を得たもの。 久しぶりの政治家らしい政治家首相だ。 はたして、民主党の欠陥を是正できるか? 民主党の欠陥は、マニフェストに現れている。 長期的な課題への対応に欠けていること。 長期を抽象論で語りすぎること。 目先の、受けの良い政策がきらびやかに並ぶこと。 抽象論と目先が直結して語られること。 無駄を省いて207兆の特会 . . . 本文を読む
コメント

レンホウが浮かれるのはしょうがないとしても、幹事長が浮かれてる場合ではない

2010年06月09日 | 政治 行政制度
レンホウさん、行政刷新大臣に就任したのは適材だと思う。 しかし、彼女が何をやったのかに関しては、評価すべきことはないと私は思う。 マスコミが盛んに持ち上げているが、、16兆円の財源を見いだす、、少なくても9兆円の無駄を財源にするはずではなかったのだろうか? 枝野も、「額より、精神が大事、事業仕分けは国民に受け入れられた」などと言っている。 受け入れられたのかもしれないが、約束を果たしてないのはた . . . 本文を読む
コメント

民主党は出直せるか? この党の欠陥

2010年06月06日 | 政治 行政制度
民主党がすべきことは、まず日本の閉塞状況を打破すること以外にないと私は思うのだが、、。 ということは 経済成長戦略を早急に実現することしかないと思う。 実務をきっちりこなし、東アジアへの市場拡大を目指すことか、、 この政党の特徴は、、どうも長期的なビジョンを抽象的にかつ観念的に語りすぎること。 他方で、足下の見方が一面的過ぎる傾向がある。 観念的な理想と足下とを直結させてしまう怖さがある。 つま . . . 本文を読む
コメント

民主党、政策論議なしでさっさと店じまい

2010年06月04日 | 政治 行政制度
昨日1日ニュース。 民主党党首戦。 菅代表。 これ、やはり選挙管理内閣のようだ。 9月党首選まで。 とはいえ、民主党が今必要なのは、政策の束。 昨年のマニフェストはもはや紙くず。 どういう事をやる政党なのかが不明になっている。 管の発言が民主党の主張なのか、前原が言うのがそうなのか、岡田がそうなのか、、わからない。 これ政党として機能してないと言うこと。 政調がないし、 鳩山はこれで失敗した(政調 . . . 本文を読む
コメント

驚いたネー 鳩山がやめちゃったよ

2010年06月02日 | 政治 行政制度
政治主導の民主党鳩山首相が辞めちゃった。 米軍基地問題と自らの金問題が原因だと、、いう。 選挙至上主義の小沢と輿石が引導を渡したとしか思えないが、、。 辞任会見は、鳩山が小沢にやめるように迫ったという。 鳩山にそれだけの決断力があったとはとても思えないが、、 本人がそう言うのだから、信じるしかないが、、しかし鳩山さんをこの期に及んで信じれるかとなれば、、?だろう。 でもまーどちらが引導を渡したに . . . 本文を読む
コメント

政治主導とは選挙主導を言うのか?

2010年04月18日 | 政治 行政制度
政治主導。 民主党のマニフェストで今もまともに残っているのは、戸別所得補償と政治主導ぐらいか。 政治主導、期待したが、何のためかがはっきりしない。 選挙対策ばかりが目立つ。 自民党時代の政治システムの課題は、 政官業のトライアングル構造、族議員の跋扈、官僚制の縦割りと官僚の独走。 こうしたことを見直し、新たな政治システムを構築するために政治主導が言われたのではなかったのか? 大胆な国の戦略を実 . . . 本文を読む
コメント

与謝野氏離党、新党立ち上げ

2010年04月03日 | 政治 行政制度
与謝野氏、新党立ち上げに動き始めた。 展望のない離党だとか、新党などという批判が待ってるだろうが、政治の閉塞状況を打破するのはこうした行動だ。 大いに評価したいところ。 こうした動きがやがてはうねりになる。 最初から1+1が2だとわかってから動き出す政治家が多くなりすぎた。 1の動きを2や5にするためには、離党した方がやりやすい。 大きな津波になるのか、そうでないのか、結果はどちらでも良い。 . . . 本文を読む
コメント

健全な自民党が戻ってきたのか?

2010年03月16日 | 政治 行政制度
自民党、百家争鳴。 ばらばら。 しかし最後はまとまる。 これがこれまでの自民党。 最後にまとまるのは政権についてるからと言われてきた。 鳩山邦夫氏離党。 与謝野さん執行部批判、桝添さん勉強会立ち上げ、執行部批判。 いずれも新党構想。 非常に健全なことと思う。 自民党が今のままだったら、失望感だけが広がるだろう。 このままでは良くないと考えている人がいるというメッセージが良い。 谷垣執行部 . . . 本文を読む
コメント