七十路徒然なるままに

夏も近ずく八十八夜 野にも山にも若葉がしげる あれに見えるは 茶つみじゃないか あかねたすきに すげのかさ

目に青葉

2017年04月20日 20時06分48秒 | Weblog

「世の中は、三日見ぬ間の 桜かな」。俳句にあったように、記憶している。ここのところ、風が吹き荒れて、近所で、被害がでている。桜見物と、しゃれていなかったので、近所の神社の桜を見にいった。去年は、穏やかな陽光だったのか、足元に、花弁が、真っ白に積もっていた。今年は風で、吹き飛ばされてしまっていた。枝先をみると、若葉が、緑緑と花を、おしのけていた。当地方、肌寒い日だが、季節は巡ってきている。

ジャンル:
お天気
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四月の法話 | トップ | 八重桜? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。