八十路徒然なるままに

春よこい早くこい 歩きはじめたみいちゃんが 赤いはなおのじよじよはいて おんもにでたいと 待っている

目に青葉

2017年04月20日 20時06分48秒 | Weblog

「世の中は、三日見ぬ間の 桜かな」。俳句にあったように、記憶している。ここのところ、風が吹き荒れて、近所で、被害がでている。桜見物と、しゃれていなかったので、近所の神社の桜を見にいった。去年は、穏やかな陽光だったのか、足元に、花弁が、真っ白に積もっていた。今年は風で、吹き飛ばされてしまっていた。枝先をみると、若葉が、緑緑と花を、おしのけていた。当地方、肌寒い日だが、季節は巡ってきている。

ジャンル:
お天気
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四月の法話 | トップ | 八重桜? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事