七十路徒然なるままに

秋涼し 手毎にむけや 瓜茄子 芭蕉

門松

2016年12月31日 22時31分58秒 | Weblog

ほんのお印の門松と、自嘲をしている。門松は、松と竹を一緒に飾るのが、正式のようだ。一休禅師の狂歌と云われている、「門松は 冥途の旅の 一理塚」と、大樹林で読んだ。門松は、死に一歩ずつ近ずくしるしとみるべきであるとある。下の句は、「めでたくもあり、めでたくもなし」とも記載してある。在宅のばあちゃんは、これにあてはまる。小生だって、よわい八十二歳になる。先々のことなどに、苦悩をしていても、仕方のないこと。野暮なことをかんがえるより、今を精一杯生きるのが、前向きの考えだと思う。新年はめでたい、めでたいと、祝う。それで、新年を迎える。

『介護』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ばあちゃんの正月飾り | トップ | 煩悩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。