七十路徒然なるままに

秋の夕日に 照る山もみじ 濃いも薄いも 数ある中に 松を彩る かえでやつたは 山のふもとの すそもよう

駄筆の披露

2016年10月12日 20時13分14秒 | Weblog
新明解より。あんかんてんせいと読む。意味は、「ゆったりしして静かで安らかなさま」。日々、ばたばたとしている。ちょっと立ち止まって、考える。そんな時は、心、静かにしなければ駄目のようだ。この歳になると、良いことは、考えない。良くないことでも、逃げ出すことはできない。きちんと、始末をする。思い出して、掲げてみた。仕事をしていた時は、なにかかにかと、考え、判断が必要だった。仕事から離れても、家族のことは、考えなくてはならない。ゆったりとした気分で、物事を考える。「下手の考え休むに似たり」と言うこともある。またまた、一言多いと、自嘲をしている。画像は、以前に書いたもの。
ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 磐城平城 | トップ | ほうき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。