七十路徒然なるままに

秋の夕日に 照る山もみじ 濃いも薄いも 数ある中に 松を彩る かえでやつたは 山のふもとの すそもよう

副題は、人生を読む

2016年10月16日 20時06分24秒 | Weblog
27年前に、読んだ本。久しぶりに、本屋さんの棚を眺めて、買ってきたのも、「守屋 洋」著のものだった。過ぎ去ったものを、あれごれと言ってみても、仕方のないこと。これから先のことを、考えようと読みだした。これから先も、なるようにしかならない。何か事があったら、それに対応するための、心構えにしようと、考えて、読みだした。錆びついた脳には、負担がかかる。ちょっとずつ読んで、「そおだょなあー」と、読めばいいと、思っている。たまあーにだが、日本の、「徒然草」も、読んでいる。買っては、「積ん読く」している方が多いですが。
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 緊急地震速報 | トップ | 五年ぶり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。