いきっこのブログ

不定期だけどそれなりにお花や食や山歩を綴れたら・・・
頑張らないで続けたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

轆轤山

2012-06-06 23:04:04 | 山歩き

<<2012・6/03轆轤山>>
相方の長~い療養休暇が今日で終わりです
明日は抜糸をして仕事が始まります
休み中に4回も山歩きに出掛けたことになる
(記録が2つ残ってる!!!ふぅ~)
最後だから今日は軽く歩ける山を選んで
以前から気になっていた林道終点を前に1度偵察してはいたけど
どこかが違う?手持ちの資料の地図では終点までが近すぎる?
で、振り出しに戻って・・・ゴルフ場へ新しい道が出来ていて
以前の地図での林道入口がブツ切れになっている感じがするので
入れる林道を片っ端から入ろうと言いながら最初に入った林道が
ドンピシャだったが途中何ヶ所か荒れていて大変だったが
無事に終点に到着。林道終点でお昼をすませて
私は空身で出発です



林道途中ではコアジサイがポコポコと小さなかたまりで
今年お初に咲いてます




真新しい石碑と鳥居に祠が祀られている


天龍神社を過ぎると湿原らしき場所がその1段上には
石組みの大地集落が有ったであろう空間が広がっていた

林道終点から12時50分出発です
植林の杉林の中の急登を5分程登ると倉見峠近くからの林道からの登山道と出会う


杉林も終わり尾根の中心にしっかり踏まれた登山道
には赤テープ等多くのテープが付いている。


30分も歩かないうちに頭上が一気に開けて若狭方面の大展望が飛び込んでくる



右側には湖北武奈ガ岳、三重岳が大きくそこに見えて来た






山頂まで後少し その奥には三十三間山も見えている



山頂到着です林道終点から40分程です
山頂には若い男女4人グループがお昼休憩中です




写真を撮って風があたらない場所へ移動して
コーヒー休憩です


予報ではにわか雨があるらしい予報が出ていたのに下山の頃には
青空が広がって来た
もう少し早く出掛けて来たら33迄行けたのに次回は行くことにしよう
歩き出して杉林の中へ入る寸前に猿の軍団が・・・
数匹は走って逃げたが2ヶ所で数匹ずつがこちらの動きを睨んでる
カメラを構えて待っていたが動く様子が無いので下山です
30分弱でP着。


サワフタギ


ヤマツツジ 
豪雪に耐えて幹から直ぐに花をつけている・・・
良く頑張ったねとつい話しかけてしまう(笑


ヤブテマリ?かな?


タニウツギ 梅雨に入るのも間もなくですね





今年お初のピンクのヤマボウシ


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菜園 | トップ | 伊吹山 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱり・・・ (もっさん)
2012-06-07 12:58:06
江若の轆轤でしたよね・・・
背景なども間違いないと思いながら、露地が
やや多い気がして・・・
それにしても数良く登りましたね・・・
お天気回りも良かったのもありますが・・・
元気やね! 若さやね!
やっぱり・・・? (いきっこ)
2012-06-08 00:37:11
こんばんは。
はい 三十三間山の隣の轆轤山です
山頂には木々が育つのは難しそうです
少しだけ低木がありますが三角点の廻りは小岩がゴロゴロで
砂地状態です

飛騨に行かなければもっと予定してたんですが
4座で終わりました(笑
多田にも偵察に行きたかったんですが
行けなくて来年の宿題です

元気なこと無いです!
先が無いので焦ってますぅ(アハ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL