いきっこのブログ

不定期だけどそれなりにお花や食や山歩を綴れたら・・・
頑張らないで続けたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

御嶽山

2012-09-06 19:24:31 | 山歩き


2012年の夏も終わり・・・
7月末頃から15年一緒に暮らした愛犬の調子が悪い
それに8月に入ってから私の体調が毎年夏になると免疫が落ちて
今年は?も、かな?体調が・・・山歩きが随分出来てない
犬のこともあるのでのんびり過ごしていたが8/10に犬が逝ってしまた
今年はアルプスなど高山は諦めていたが
9月1日~2日に行けることになった。
まずは行き先を色々思案するが中々決まらない
10年前に登った御嶽山山頂の写真を見ると真っ白で
山頂土俵横にたってる姿だけの写真を見ると
リベンジをしに行こうと相方が言い出す。
と言う訳で1~2日に行ってきました

まずは、御岳ロープウェイで飯森高原駅へ上がって
7合目~女人堂8合目~9合目手前の石室山荘へ
8合目迄は時々青空も覗いていたがそれ以降は
真っ白の世界に突入・・・

15時過ぎに山小屋に着く頃は視界10メーター?も無い状態です
予約をしてあったので暖かく迎えていただき
シーズンオフと天候のせいかは解らないが今日の宿泊客は13人とか


小屋に着いて暫くするとお風呂どうぞ・・・と、
冷えた体を温める・・・新しくて奇麗なお風呂で最高♪
それこそ、10年程前に初めて山小屋泊まりのときお風呂どうぞと
言われて浴場へ行くと入れたものではなかった・・・山だから仕方が無いけど
洗面器で2~3杯掛かって・・・行水で
それと比べたら御嶽山の山腹で夢のような時間だった。


翌朝5時過ぎに窓の外を見ると真っ白・・・
建物の様子しか見えない・・・風が強そう・・・

 
朝食をすませて、さんざん迷って、お池めぐりがしたかったが
ザックを小屋に置いて山頂までピストン・・・
10年前よりひどい状況だった


小屋に戻って8時半には下山路についていた
途中で青空が見えてくる


小鳥と遊びながら・・・

 
ブルベリーがなっているのを見つけては、
さっさと帰りたくないと良いながら・・・
この時期見る花も少なく・・・


飯森高原駅上の高山植物園迄帰って小屋でつくってもらった
おにぎりを食べて終わりかけの花と遊んでロプウェーイで駐車場へ向かう








ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 品谷山 | トップ | 御嶽の帰りに・・・ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ガス (もっさん)
2012-09-06 22:50:59
こんばんは。
トップの写真を見て少し悪かったかな? とは
思いましたが、想像以上に濃いガスだったよう
で・・・
でも、行けないものもおりますから・・・それから
較べたら・・・
良かった! 良かった!
ですよね・・・
ガス (いきっこ)
2012-09-07 20:59:50
こんばんは。
見てもらうのは月末頃かしらと思ってたら
隔離は当分先のようですね
気分は今すぐと思ってはったんでは?
先送りされると・・・凹みますよね
お大事に。

いくらガスがひどくても・・・
そらぁ行けない人のこと思えば・・・
そんな優しく人のことを思いやる気力は
へこんだ気持ちを立て直すのに精一杯で
無かったです(笑
何をおっしゃる! (チー)
2012-09-07 21:12:12
えっ へこんでるんですか?
シモツケソウも、ワレモコウも、笑ってますやん。(笑)

ほんま、行けないものの身にもなって下さいネ。(笑)

思い出も増えたし、宿題もできたし、ブルーベリーも食べれた?し、青空だって覗いてる。
私の今年のアルプスは、行きも帰りも雨ぇ~だったぁ~~~~♪ そんなことグチってどうする! ってか。(^^ゞ
何をおっしゃる!ウサギさん (いきっこ)
2012-09-08 20:31:08
なんでウサギやろう?(笑

チーさん こんばんは。
うん?はい・・・凹んでますぅ(笑
山の天気もそうやけど・・・色々、書かれへんけど
あ~あやわ アハハ
ほんまにそのワレモコウに笑われて壊れそう(笑

チーさんは行きも帰りも雨をお供にその体験
してるやんね クックッ!
グチってもええよ (*^・^*)

ほんまは、チーさん達の濡れ鼠・・・ごめんネズミやなかった(ここの突っ込みが甘いアハ)
その二の舞になるとこやってん・・・アハハ
双六とか考えてたんやけど行かんで良かった(笑

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL