いきっこのブログ

不定期だけどそれなりにお花や食や山歩を綴れたら・・・
頑張らないで続けたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

忘れてしまいそうな・・・飯道山

2011-07-21 12:02:51 | 山歩き

6月25日に出掛けた飯道山 随分放ったらかしにしていた。
体調を壊していてパソコンに向かえ無い日が随分続いていた・・・。

前日の24日(金曜日)に昼間に自転車で遊んだので
この日はお疲れ・・・
朝起きると外はかんかん照り、梅雨空はどこへ行ったのか
山なんか行く気になれない午前中家でウダウダ・・・
昼ご飯をすませて やっぱり出掛けようと1時頃から出発
名神・第二名神へ信楽ICで降りて10分も走ると大きな看板が有った
オレンジシガCCの横の林道を終点迄上がると立派な避難小屋と
セメントが敷かれた駐車場がある10台くらい停められそう?


2時36分登り始める


真新しい木製階段が付けられている
階段が終わると下からの登山道と出逢う


4丁あたりでお地蔵様が 


飯道山神社 暑い~い


歩き出して25分で本殿到着 近い・・・


本殿裏へ踏み後が有るので登ってみると大きな岩が
幾つも有る 登ると三上山や琵琶湖方面がよく見えそうだが
余りも暑いので登る気にならない


鳥居迄引き返して登って来た右手の林道を
10分程歩くと山頂への土標に出逢う


今年お初の貴重な1輪のササユリと出逢う♪
 


土標から20分程歩くと山頂に到着『3時55分着』
山頂には木製のテーブルと椅子が置かれてる
西方面にはここからも三上山や鶏冠山琵琶湖が見えている
東側の樹間からは鈴鹿の山々が望めた
単独の2人が登って来られる


終わりかけのコアジサイが山頂の片隅に咲いていた


登山道途中で可憐なササユリ1輪
辺りを探すが咲いてなさそうだった


山頂から 鈴鹿方面が見えてました
御在所・鎌ヶ岳・雨乞岳・綿向山・他北方面も・・・



三上山とその向こうには琵琶湖が見えてたけど・・・霞んで




ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ママチャリで走る・・・ | トップ | 雷鳥親子が・・・ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
レポート (もっさん)
2011-07-21 18:20:55
ご苦労様です・・・
さすが、京都からやと近いんですね・・・
午後からでしたか・・・
台風後少し涼しくなりましたが、体調は
いかがですか?
レポート (いきっこ)
2011-07-22 11:19:53
もっさん こんにちは。
ありがとうございます
最近薬が良く効いて楽に成ってますが
それ也に付合いながらの日々でトホホです
でも、山へ出掛けたい意欲は満々です(笑

そうなんですよね信楽迄以外と早く着きました
それに、お気楽登山だったので
神社に寄ったりしなかったら1時間で充分山頂到着出来る
歩行時間でした。

余談ですが1000円割引が無く成って
休日ETC50%O Fを利用すると近距離は
以外と安く乗れます♪
ええーっ! (もっさん)
2011-07-25 09:30:47
そんなとこ行ってたんですか?
コマクサ現役で・・・可愛いですね・・・
ええーっ! (いきっこ)
2011-07-25 18:01:04
もっさん どうもです
お手軽つもりで出掛けました
が、畳平の池ノ上の方の雪渓に先週後半に
小熊が出たらしく愉しみにしてた花畑は禁止区域に
成ってて折角クロユリが見れると思って居たのに残念でした
けど大黒岳で雷鳥の親子(雛5羽)連れに出逢っい
別の場所で独身の雷鳥さんにも(笑)出逢って
大満足でした。
ご無沙汰しています (MORI)
2011-07-25 19:00:56
いきっこさん、ご無沙汰しています。
体調不良ですか?。
ご無理をされないようにして下さいね。

飯道山、懐かしいです。
と言うのは、私の社会人スタートが滋賀県でしたので、同期の女性たちに弁当を作ってもらい、よく飯道山にハイキングに行きました。
もう四十数年前の話ですが。
今その時のアルバムを見ています。
こちらこそご無沙汰しています (いきっこ)
2011-07-26 11:42:30
moriさん こんにちは。
持病と仲良くと思いながら
若く無い事を痛感です
ありがとうございます

飯道山 各所コースが有るようで
お手軽で展望も良くて良い山でした
>社会人スタートが滋賀県
そうだったんですか。
それは懐かしく愉しい思い出が沢山詰まった飯道山ですね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL