生き生き箕面通信

大阪の箕面から政治、経済、環境など「慎ましやかな地球の暮らし」をテーマに、なんとかしましょうと、発信しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

161025 ・TPPはいよいよ28日に”強行採決”する方針です。低所得者は”ジ・エンド”

2016-10-25 09:35:04 | 政治

おはようございます。生き生き箕面通信161025(2791)をお届けします。

・TPPはいよいよ28日に“強行採決”する方針です。低所得者は“ジ・エンド”

 「黒塗りのペーパーを持ち込み、これで審議しろ」とは、恐れ入ったものです。TPP(環太平洋経済連携協定)の審議はどれも黒塗りペーパーです。これでは審議のしようもない。それでも自民党はごり押しにし、10月28日に「強行採決」する方針です。

 安倍政権は、アメリカのTPP審議が「大統領選挙」で伸びているため、今のうちに日本が先を越してケリをつけておこうという態度です。アメリカは、新政権が発足するまで、どうしても批准が遅れてしまいます。

 日本はそのかわり「先を越して」批准し、アメリカに先手を取って橋を渡り、たとえばロシアとでは「例えば、2島返還」で譲ってもらう。つまり、「2島返還は、アメリカの猛反対があったから流れた」という経緯の上に立った推論です。しかしそんなにうまくいくものですかね。

 TPPは、日米の富裕層の上に立った仕掛けです。低所得者には全然関係がありません。それどころか、害あって益なし。米(こめ)はアメリカから入ってくるは、医療費や教育費はアメリカ並みにされてしまうはで、得するものはなし。

 TPPは、結局、市場原理主義に基ずくもので、裕福な層がさらに持ち分を増やすだけです。低所得者はその持ち分を増やすだけです。なんとしても潰さなければなりません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 161024 ・東京10区と福岡6区... | トップ | 161026 ・高橋みどりさんの... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雑感 (武者龍男)
2016-10-26 19:25:30
二島返還はありえないでしょう。1956年の日ソ平和条約締結が前提です。精々、平和条約締結の目途がいいところと考えます。まあ、マスゴミは画期的なる成果と国民受けを狙うでしょう。「いよいよ四島返還近し」。まあ茹で蛙の国民は鵜呑みにして拍手喝采。衆院解散、自公大勝利。シナリオが視えます。
ドゥテルテ比大統領がポチに。 (まともさ)
2016-10-28 11:36:51
ドゥテルテ比大統領
. 「犬のように扱われている」 米への嫌悪感、安倍首相に伝える

(友情ある)強烈な皮肉、black-joke です。ポチは気が付かないのでしょうか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL