八王子ICそば村内ファニチャーアクセス内の健康いきいき館 地域最安値で水素吸入&ラドン温浴

温泉治療で有名な、玉川温泉・三朝温泉と同様の環境が体感できるホルミシスルームで、健康効果を実感してみませんか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

誰もが知ってるあの有名な草津温泉へ。

2016年10月28日 | 日記

今回行く草津温泉は、八王子の駅前よりこのバスに乗って行きます。


あきる野ICから圏央道に乗るみたいです。


鶴ヶ島JCTで関越に乗り換えます。


渋川伊香保ICで降ります。

伊香保温泉ではありません・・・。伊香保もいい温泉なんだけど・・・。


一般道を進みます。遠くに見える尖がった山は榛名山?


途中のここ田吾作で休憩。


そばを一杯、所望します。
おじさんは、そばを食べるときは、かけそばが一番だと思います。


お腹も満たされ、今宵のお宿「ホテルニュー七星」に到着。



外観はこんな感じです。ぶらぁ~りさんぽにでかけます。
まずは、草津名物、湯畑の方へ行ってみたいと思います。



足下の案内看板。湯畑⇒です。この看板散歩には、大変便利です。


途中で見つけた、「本家ちちやのおんせんまんじゅう」聞いたことがある・・・。
カーラジオから流れてくるCMにあったような?
「本家ちちやのおんせんまんじゅう・本家ちちやのおんせんまんじゅうが11時をお知らせします。」だったような・・・。頭の中にすりこまれているおじさんでした。
ここが、本家かい?・・・分家はどこ?


本家ちちやを曲がり、坂を下ると。


湯路広場が現れます。浴衣姿でそぞろ歩きができる回廊だそうです。
今日は、普段着ですが・・・。


夜は、浴衣でもう一度来てもいいかな~。


左に行く回廊の先にはトイレがあります。
ここ湯路広場トイレは「日本トイレ大賞」(空間部門)を受賞したそうです。
おじさんは、まだ行きたくなかったのでパス。
奥様は行ってきたので、どうだったと聞くと?
綺麗だったわよ。の一言。
おじさん曰く。ふ~うんそう・・・。


その脇をレトロなバスが来ました。ここを通るんかい?


結構、こんなところをデッカイのが走るんだ。


さっきのレトロなバスこの辺を巡回しているようです。
1回の乗車料金は100円だそうです。


レトロな建物の奥に階段を上がった所に朱塗りの門が・・・光泉寺です。
隣の暖簾がかかった建物は、御座之湯だそうです。


おじさんには、このレトロな建物が気になります。
湯畑温泉 源泉閣 
ここは、食事処みたいです。お好み焼き・もんじゃ焼きが美味しいお店のようです。
木造3階建以上の建物がすごい!中どうなってるのだろう?
おじさん曰く。もんじゃ焼き食べない?
奥様曰く。お腹すいてない。


このブルーシートの前の建物が日本一のトイレ・・・。


この上が光泉寺です。今日は行かない。


こっちの建物は・・・。


御座之湯。温浴施設なので温泉を楽しめます。


こっちの建物は・・・。


白旗の湯です。


白旗の湯。無料の共同浴場だそうです。ただですよ!ただ!
おじさん曰く。入って行こうよ。
奥様曰く。あとでね~。
(この人、ホテルに帰って一風呂浴びて一杯飲んだらすぐ寝ちゃうんだから・・・今日は、来れないょ!)
(でも朝起きるのが早いから、明日一人で起きて来なさい。5:00からやってるみたいだから・・・。)


由緒ある温泉みたいですよ~。


この先で、大勢の人が列をなしています。


熱乃湯です。
表に立てかけてあるサーフボードの小さい板みたいの・・・。
これって、草津温泉で有名な「湯もみ板」でねえかい?
って言うことは、ここで並んでいるのは、あの有名な
「草津良いとこ、一度はお出で~。はぁ、どっこいしょ!」
「お湯の中で~も花が咲くよちょいなちょいな。」・・・♪


♪・・・「長生きしたけりゃちょっとおいで、ちょちょんのぱ!ちょちょんのぱ!」
「湯気がゆらゆら、大きなお風呂。手―足のーばせーばあ、命ものーびぃる。ちょんぱ!」
ン・ン・・・なんか違うような?

・・・この曲なんだっけ~。
奥様曰く。「船橋ヘルスセンターよ!」「歌、ごっちゃになってる!・・・違うし!」

お湯の歌っていいよね~。おじさんは好きです。


ここで行われる「湯もみしょ~」は、高温な草津の湯を水で薄めずに冷ます為に、熱い湯の中に六尺板の「湯もみ板」でかき混ぜ湯の温度を下げます。また、湯の温度が下がるだけでなく、湯を柔らかくする効果もあるそうです。


映画テルマエ・ロマエでルシウス(阿部 寛)がこの源泉から現れるシーンがありますが、熱かったでしょうね。
源泉の湯は場所によってですが、約51℃から、熱いところでは95℃以上の温度があるそうです。
茹でダコ、どころではないですよ!死んじゃいますよ!
奥様曰く、茹でダコって生きてるの?


チケットをここで買います。


ということで、入ってみます。


ありました。ここで湯もみするのですね。わくわく。


湯もみと踊りシょー


わくわく


湯もみ娘?・・・登場です。


待ってました!


熱そう。ここまで、しぶきが上がって来る・・・?
「湯もみ」とは…
ここ草津温泉の源泉の温度は、とても熱いのでそのまでは湯に入ることができません。
そこで温度を下げるためにお湯をかき混ぜます。
その際に、サーフボードのような6尺の板でかき混ぜます。
この湯もみをすることで湯が柔らかくなる効果もえられるそうです。
でも風呂に入る前に一汗かきそうです。


素人さんも湯もみに参加・・・。もっと力をいれて!
おじさんは、上から応援!


湯畑です。


湯もみしょ~から出ると。目の前は、湯畑。硫黄の匂いが鼻につきます。


この湯畑は、1分間約4600リットル湧き出るとの事。その60度位のお湯を、
7本の木樋 (もくひ)「草津では湯樋(ゆどい)ともいう」に湯を流します。
ここに湯を流すことにより温度を調節したり、堆積する温泉成分の沈殿物、
名物の湯の花を採取したりします。


7本の湯樋が騒然と並んでいます。


湯樋を湯が流れていきます。


湯樋に沈殿した湯の花。


7本の湯桶が一つになり・・・


湯滝に送られます。


湯滝から一気に落ちる湯。


岩の周りの緑のモノは、温泉を好物にして生育するイデユコゴメという藻だそうです。
おじさんも温泉は好きなので、好感がわきます。おじさんは藻かい・・・?


誰もいなければ、この露天風呂に入りたいと思うおじさんでした。
イデユコゴメがうらやましい・・・。


あの石にくっいているのもイデユコゴメかしら?
いいな~。


湯畑の脇にある、湯けむり亭という足湯です。


ここにもお湯が引かれています。


湯畑を後に、温泉街をぶ~らぶら。


映画、テルマエロマエⅡで、
真美(上戸彩)に草津を案内してもらったルシウス(阿部寛)は、
平たい顔族の百人隊長(竹内力)といっしょに入った白木みのるが店主のラーメン屋。
ってこんな感じだったような・・・。

白木みのるのおやじさん、いるかなあ~。


笑うお地蔵さんトリオ・・・。スヌーピーがでてきそう。ところで何屋さん?


誰か座っています。


温泉まんじゅうを持った、頭の大きなおねーさんです。
おたべのおねーさんかと思った・・・。


手焼きせんべいのお店。


和小物のお店?


色々な、がま口がいっぱい。


御饅頭屋さん。


入口でお饅頭を蒸かしてます。


何屋さん?
クローズ?
レトロなポスターから、おじさんの好きなお店みたいだけど・・・。


マタギ番屋だそうです。
マタギ焼き・地鶏塩焼き・タン塩焼き・焼きおにぎり・とうもろこし等の焼き物専門店のようです。


隣は、店先にいろりみたいのがあって、魚焼いている。
あ~。喉が渇いた。ここの串を食べな~、冷たい茶色い水飲みたい!
奥様曰く。ガマン!ガンバ!あと少しだから、がんばって!
おじさん曰く。
どこへ行くの・・・?
いつまで、ガマンするの?


花豆しょうゆ餅・・・?


こっちは、草津ガラス蔵の前のポストのトリオ。八咫烏(やたがらす)はいない!


今度は、地蔵の湯にいってみます。


道路看板は便利です。大きい病院の廊下案内みたいだけど・・・。


温泉街の路地を抜けて・・・。おじさんは、こういう路地がすきです。とくに夜の温泉街の路地!
奥様曰く。なんか如何わしいこと考えてない。・・・ギク!


ほんとうにこっちですか?・・・お稲荷さん。


いきなり出たらバイカーがいっぱい。みんな揃って足湯してます。


あれがそうみたいです。


ここ、ここ。


地蔵の湯。とうちゃく~。


この看板を見て、お湯に入ることにしました。


おじさんはこっち。


時間湯とは、草津温泉の伝統的な入浴方法。
江戸~明治の時代にかけて始められたとする草津温泉伝統の入浴法だそうで、
湯もみ・かけ湯・入湯を約3分間かけて入浴するものだそうです。


おじさんが入った時は「時間湯」はやってない時間だったので、一人で時間をきにせず、
普通にはいりました。
そう言えば、昔親戚の家でお風呂に入る時「お風呂いただきます。って言って入たような」
きっとここのお風呂は美味しいのだろうなと思って入った覚えのあるおじさんでした。


そんなこと思いながら湯からでると、隣に地蔵様がいらっしゃったので、思わず
「いいお湯ごちそうさまでした」と手をあわせているおじさんでした。


ちょっと気になる看板が目にはいりました。


当店自慢の温泉たまご!
おじさんは、温泉も好きですが、温泉たまごも大好きです。

もう一つは、黄色い看板!


もちろん、冷えた麦酒!


で中身はこんなの。
湯上りには、やっぱり麦酒だよね~。


また気になる看板が・・・。どっちだ!と言われちゃ・・・こっちだ!って言うきゃないよね。


温泉と言えば射的!でもって、入ります。


射的本舗!なんかすごそうな射的ができそう・・・。
バズーカ砲とか機関砲とかでバリバリバリ・・・できるとか。


普通・・・でした。
射的をやるときいつも思います。もう少し手が長ければ・・・。


懐かしい、スマートボールもあります。


射的で散財したので、ホテルに早々引き上げてきました。


夕食の時間です。豚肉の陶板焼き。


鴨鍋。・・・肉づくしです。


今日は、麦酒の他に葡萄酒もあります。それも紅白で!


豆腐料理もあります。


天婦羅もあります。


肉が煮えてきました。


こっちの肉は、焼けてきました。
お腹いっぱいです。
御馳走様でした。

もう一度、ホテルのお風呂に入って寝まーす。
おやすみなさ~い。

草津2日目


お早うございます。朝食です。


オムレツとウインナ。おじさんの好物です。


美味しいごはんに・・・。


納豆。


御御御付け。これだけでも、朝食は満足です。


食後は、草津をまた散策。今日は、西の河原に行ってみます。


草津温泉 西の河原公園
ここは、草津の温泉街の西側にあるので「西の河原」というそうです。


最初に目に付くのが、鬼の茶釜の碑です。


沸騰するような音を立てて吹き出していた茶釜のような源泉だったことから、
鬼の茶釜といわれているそうです。


赤い鳥居が並んでいます。


登って行きます。


草津穴守稲荷神社様です。


招福の砂?


持ち帰って色々な場所に蒔くとご利益があるらしいです。


おじさんもお稲荷様のご利益を授かりたく砂をもらっていきます。


恒例の狛犬ならぬ狛狐チェックです。


ここのお稲荷様は、羽田の穴守稲荷から分霊された神社だそうです。


鬼・神様と続いて今度はお地蔵様です。
縁結地蔵尊だそうです。


こちらのお地蔵様方々は・・・・?


先に進むと大勢の人がいます。


ここが露天風呂でしょうか?


みんな洋服を着ています。露天風呂ではないようです。足湯をしているようです。


ここにも大きなお地蔵様がいます。
延命子育て地蔵尊だそうです。


これも湯桶?お湯流れていない・・・。今日はお休み?


ここ西の河原は、鬼がいたり、お蔵様がいたり湯気が上がっていたりして
三途川の河原の 賽の河原(さいのかわら)を思いうかべますが、西(にし)の河原とよぶそうです。


河原の色々な場所から湯が湧き出しているようで、地中から湯気が上がっています。熱そう!


それが湯の川となって流れているそうです。


その湯の川にはエメラルドグリーンの川底がつづきます。


この緑色のは、チャツボミゴケという珍しいコケだそうです。


茶屋を見つけました。冷えた麦酒が飲めるみたいです。
奥様曰く「却下!」。
おじさん心で曰く「まだ何も言ってないよ!」


露天風呂にやっと着きました。


この先がそうみたいです。


塀の向こうが湯気でもやっています。
今日は、入りません。あしからず・・・。


西の河原の帰り道に見つけたお店。


近所の野良猫、集まってこないのかな~。
にゃ~ご~。


ここにも温泉たまご!たべた~い!
昨日食べたでしょ!
お昼は~。おなかすいた~。にゃご~にゃご~。猫かい!


ということでうどん屋さんにはいることにしました。


打ち立て茹でたてゆけむりうどん・・・。


でもって、うどんを注文しました・・。
おじさん曰く:麦酒は無し~?。
奥様曰く:もう帰るんだから我慢!
おじさん心で曰く:えぇ~。ちょっとだけならいいじゃん・・・。
奥様、顔で曰く:だめ~。
最近は奥様との会話なくても意思疎通ができます。
お~恐!


さ~温泉をたっぷり堪能したのでお家に帰ります。


来るときに寄った田吾作に帰りも寄ります。
お土産を買います。


バスをおりたら出来立てのお饅頭をもらいました。


おじさんはお饅頭より、看板の「群馬の地酒」を買って帰ります。


反対側の道の駅「おのこ」にもよってみました。


そばやうどんがいろいろあります。


釜揚げうどんに昔ながらの田舎風なまそば!


さっきうどんを食べたばかりなので、そばを買って帰ります。


さぁ。東京へ帰ります。


八王子に到着~。お疲れさまでした~。
八王子からこのバスで宿泊代金にプラス1,000円で行って帰ってこれました。
自家用車ではこうはいかない。

と言うことで、草津温泉は本当にいいお湯でした。
ぜひ皆様も行ってみてはいかがでしょう。
今回泊まったのは おおるりグループ ホテルニュー七星

   

  寒い日ほど、健康いきいき館のラドン浴!!


 ここ何日かでどっと寒くなりました。
つい先日までは、10月なのに夏日で暑かったりしたのに・・・
 身体が気温についていきませんょね!
でもって、今日も朝からホルミシスルームのラドン浴に来られるお客様が大勢いらっしゃいました。
寒くなるこれからの季節、ラドン浴は身体が温まるので人気があります。
また、服を着たままラドン浴が気軽にできるのがよいようです。
是非、皆さまも健康いきいき館のホルミシスルームでラドン浴をしてみませんか。
特に身体が冷めたい冷え性の方にはお勧めです。
まずは、「お試し体験、3回無料」をご利用下さい。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土肥の2日目以降・・・。 | トップ | 復興割りで熊本へ行きました... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。