つれづれなるままに

日々の思いついたことやエッセイを綴る

世界文化遺産登録の「国立西洋美術館」

2016年11月26日 | 芸術
                  クラーナハ展

世界文化遺産登録をされた上野の国立西洋美術館に行きました。
国立西洋美術館の前庭にはロダンの「考える人」「地獄門」「カレーの市民」などの銅像が展示されています。

開催中の「クラーナハ展」を鑑賞しました。
ルカス・クラーナハ(1472-1553年)は、ヴィッテンベルクの宮廷画家として名を馳せたドイツ・ルネサンスを代表する芸術家です。
大型の工房を運営して絵画の大量生産を行うなど、先駆的なビジネス感覚を備えていたクラーナハは、一方でマルティン・ルターにはじまる宗教改革にも、きわめて深く関与しました。
この画家の名を何よりも忘れがたいものにしているのは、ユディトやサロメ、ヴィーナスやルクレティアといった物語上のヒロインたちを、エロティシズムで描きだしたイメージの数々です。
艶っぽくも醒めた、蠱惑的でありながら軽妙なそれらの女性像は、当時の鑑賞者だけでなく、遠く後世の人々をも強く魅了してきました。副題として「500年後の誘惑」と付けられています。

国立西洋美術館は建物も素晴らしいですし、内部の展示スペースもとても観覧者に優しい雰囲気を醸し出しております。来館者の8割は女性の方でした。

(11月26日記)
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鬼子母神の「上川口屋」 | トップ | 神宮外苑いちょう並木の人気度 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。